bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



心臓の手術
天皇陛下が、冠動脈のバイパス手術をなさいましたので、注目が集まっている様ですね。

どこともリンクもせず、検索エンジンにも登録していない、辺境のブログにも、心臓病の検索ワードで来て下さる方が、毎日おいでになります。

大抵の方は、私の勤務先の利用者さんの、殿様(匿名にする為の愛称を利用者さんに、私が勝手につけています)が、先天性に持っている、心房中隔欠損症、の検索ワードで来られます。

心房中隔欠損症は、先天性心臓疾患では、6割程を占める、ポピュラーな疾患です。

余程酷い方は、幼少時に手術をしますが、軽い方は、中年くらい迄、経過観察で済む方も多くおられるそうです。

治療は手術しかありませんので、患者の方は、定期検査を欠かさぬ様にされて、主治医の指示に従われるのが宜しいかと、思います。
殿様は46歳になり、やや症状があるので、心臓が爆発?した私としては、少し心配ですが、若い常勤さんが、定期通院をしてくれていますので、大丈夫だろうと思いたいです。

オペが必要な方は、大体3週間くらいは、リハビリも含めて、入院されるそうです。

オペの必要の無い方も、ご自分がお困りなら、主治医と相談されますと、手帳は取れるケースもあるようです。

身体障害者手帳は、6級迄ありますが、3級、4級程度の方が多い様に感じます。
勿論ケースバイケースですよ。


天皇陛下のご病気は、狭心症?と感じますが、冠動脈に狭窄がおありだったと、聞きますね。

成人病としての病かな、と感じます。


先天性と、成人病では、趣を異にしますので、同じ手法が良い訳ではないのです。

オフポンプ手術が注目を集めていますが、ご高齢と言う事も選択の1つだったかも。

天皇陛下は、すぐにどうこうと言うご病状ではなかった、と聞きますが、ご高齢の為、合併症に苦労されておいでになります。


私の病は、成人病としても起こりますが、私は先天性です。瀬戸際で判り、バタバタと手術でしたか。

合併症は出ませんでしたが、身体全体が乞われてしまった感じで、現在のは過労による、肝機能障害をきっかけに、働ける情態で無くなり、3月いっぱい、無理やり休職してもいます。

30代ゼンハンくらい迄は、大抵の事は出来ました。40代半ばで、急激に悪化して、瀬戸際迄行ってしまったんです。

先天性心臓疾患としては、ごく僅かなので、又軽症でしたから、働けなくなるかも、の現在、ちょっと困りますけれど、動けないものは、動けません。

動ける様になったら、事務所と働き方について、相談ですね。

あちこちの主治医から、アドバイスを頂いています。

あーあ、と思う事、しばしばですが、なっちゃったものは、仕方無いです。

心臓迄悪化したのでは困りますから、のんびりやろうと思っています。

4月は、仕事させて貰えないだろうなあ。

患者の皆様、大事にいたしましょうね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック