bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



社会資源活用
介護屋が何やってるんだ!と言うのは、さておきまして。

現在、我が家には、身体は全く健康だけど、脳の伝達がうまくいかない状態が固定してしまった為に、何もできない寝た切りと、脳の伝達経路は正常だけど、身体の障害が有ったうえに、オーバーワークで、身体そのものが壊れているのと、2人しかいません。

病人が、精神障害者の介護をしている訳です。
捗捗しく行く訳がないですね。
で、いつ、仕事に戻れるか、見当もつかない と言う状態になっています。

社会資源の活用 って、介護屋さんをしている方なら、どなたでも、ご存じと思います。
我が家、今、食事を社会資源に頼っています。
精神障害者の方の作業所で、食事の宅配サービスをやっているところがあります。
そこから、昼食と、夕食のおかずを取っています。
少し高いのですが、その分、いい加減なもので、腹を満たさなくなりますから、かえって良いんじゃないか と私は思っています。

その作業所的な宅配サービスのところは、別に、障害者でないと利用できない訳ではなくて、普通の宅配サービスです。誰が頼んでも構いません。工房が余り目立たない所に有るのと、ちと見た目が豪華?な店でない事と、特に『ここは精神障害者の肩が、自立の為に作業をしている、障害者だけの宅配さーニスです』と銘打っている訳でもないのですが、精神障害者の方が作業したり、宅配したりする事に、『大きな不安』を持つ方もあります。

玄関まで来て、手渡してくれるサービスなのですが(宅配代金は特にありません。食事の代金に含まれているようです。)『我が家の玄関に精神障害者の人が入ってくるのは、危険』と言う方さえ有る様で。
実際は、一般の宅配の様々なサービスはみんなそうですが、玄関の中に入り込まない様にされています。宅配に出る方は、かなり学習や、治療が進んだ方なのでしょうね。
『お弁当です!』とチャイムを鳴らしてくれます。
我が家はオートロック(外の階段から、幾らでも入れるので、偽オートロックですが。)なので、玄関ブースで、我が家の部屋の番号を押し、我が家のチャイムが鳴りますから、応答し、解錠ボタンを押して、エレベーターブースに入って貰います。
エレベーターで、我が家の階まで上がって貰って、我が家の玄関のチャイムを鳴らしていただきます。
で、受け取り。

どうしても玄関チャイムに反応できない時もありますので、その場合のどうおいて貰うかも、決めてあります。

ここから取るのは、市販の宅配サービス品よりも、健康的なメニューで有る事と、宅配で、玄関まで持ってきてくれる事によります。
勿論、お互い様の気持もあって、利用者がいなければ、どんな作業も工房も、利益を生みません。
就労支援もしているでしょうし、気軽に利用する事が、引いては、誰もが暮らしやすい地域になっていくきっかけだろう と思っているから もありますね。

うちの団体も、定食屋を、どう考えても、一般の方はおいでにならないでしょう と言う様な場所に、しばらく前にオープンしましたが。
一般の方が利用する事が念頭に入っていないのと、開店2ヶ月と言う事で、内輪のお客さんしか来ません。内輪のお客さんばかり であると、一般のお客さんは入りにくくなります。更に、あちこちの福祉団体に、『障害者が気軽に入れる店を作りました。』と宣伝しちゃっています。


あーあ。何を考えているんだろう と、私などは思いますが、こちらは休職中。
滅多な事は言えませんので、利用者さんを連れていく事は有りますけれど、自分では行きません。
まして、今は、サボっている印象なので、『店に来られるなら、仕事しろ』になっても困ります。
プライベートでは、絶対に行かないと思っています。

『障害者が気軽に入れる店です』と謳ったところで、一般のお客さんは来なくなります。
と、内輪の障害者の方が、自炊しないで済ませる口実にしかならなくなっちゃいますし。
理事の方等が、良く行かれているようですが、それでは落語と同じですし。
(題名忘れました。居酒屋の亭主が、5文を自分の懐から出して、お客と亭主になって、5文を出したり引っ込めたりしてね。酒が全部なくなって、手元には5文しか残っていない と言う話)

社会資源活用って、お題目の様に言われますが、実は、社会資源が必要な人と、当の社会資源が結びつく機会、きっかけが本当にないんです。

妻も、20年来、鬱病で何もできない様な状態で、一人で孤立して暮らしていましたが、社会資源が活用できるとか、自分が、支援の手を求めて良い とか、一度も考えた事もなかったそうです。
自分がサボっているのだから、とにかくどんなに具合が悪くても、必死に働いて、お金を溜めて、アパートの家賃を滞納しないようにしないといけない と考えて、十分に休養する事もなく、精神障害者になるまで悪化のみを続けておりました。

社会資源は、何でも良いのです。
隣のおばさんに、ちょっと声を掛けて手伝って貰うなんて言うのも、立派な社会資源です。
電車で座席を、具合の悪そうな方にお譲りするのも、社会資源です。


そんな大げさな話じゃないんですけどね。

ヒトは誰にも頼らず、一人で何でもこなして、生きていく なんて出来ません。



昔。

介護保険が始まったばかりの頃。

ヘルパーさんに『事業所のロゴ入りの自転車や、車で来て貰っては困る』と言う話が良くありました。世間体の話です。

訪問看護ステーションや、訪問入浴車にも、『離れたところに停めて下さい。』『ロゴの入った車はダメ。』『訪問入浴者は困る。本人は寝たきりで動く事が出来ず、認知症もあるので、家庭で風呂に入れるのは無理。判らない様な車で迎えに来て、入浴が終わったら、送ってきて欲しい。』

等と言う話が山ほどありました。

今はずいぶん減りましたが、まだまだ地方に行くと、世間体で、社会資源利用をかたくなに拒んでいる方もない訳ではない様です。
又、行政側で、サービスの用意が全然ないところもあり、そういうところには、阪神大震災や、東日本大震災があって、民間から、支援サービスが入るようにはなってきています。民間サービスが普及してきているのは、喜ばしい事ですが、行政がやらないしりぬぐいをしている様な状態だと、企業利益を生みませんので、頓挫します。


私は高負担高福祉を希望するので、今の中途半端な状態は好きでないのですが、こればかりは政治と国民の総意ですから、仕方ないですね。

障害者団体のやっている事だから で利用していただいている と言うレベルだと、民間に勝てません。サービスが良いから、民間にはないサービスで、非常に便利だから、美味しいから 等の当たり前の価値観が充足されないと、障害者商売は成り立ちません。

と言って、行政は不十分なサービスしか用意できませんし、民間サービスは不安定ですね。

ともあれ。我が家は、配食サービスで、大いに助かっております。
いい加減なものを詰め込みがちになる妻にも、健康面から、良いかもしれません。
しばらく御厄介になろうと思っています。

美味しいか、まずいか ですか?
コンビニエンスストアの決まり切ったお弁当よりは、ずっと良いと思います。
御馳走メニューではなく、一般的な家庭料理。高齢者の利用者の方が多いのと、健康面から、野菜が多く、揚げ物などはほとんど入っていません。食べざかりの高校生なんかでは、3つ食べないと足りないでしょうね。
そういう食べざかりの人を対象にしていませんから、ニーズに合わせて と言う事で、良いんじゃないかな と思っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック