bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



まだやってます。いつから仕事出来るかな?
EBウィルス感染していたかどうか は、来週の本日あたり、判ります。特殊検査なので、時間がかかるんです。今は、ERのある拠点病院ではなく、掛かり付けの内科の先生に診ていただいているので、検査会社に出しますから。

どうも、こんな案配じゃないか と言うのは、少し判明しつつありますが、確定しませんので、勤務先との交渉が出来る状態になく、困ったなぁ と言うところですね。

心臓そのものは、元気いっぱいです。と言いますか、心臓そのものまでやられたら、エライ事になります。
今、肝機能の値は、ほぼ正常だろうと察せられます。ところが、身体は全く言う事を聞きません。
としますとね。
雇用側としては、いつ、体調不良で休まれるか判らないヤツは、職員として、宛てに出来ない訳でしょう。私でも、宛てにしないと思う。本人が真面目に一生懸命病気と仕事を両立させようと、努力していたとしても。

で、私の方は、元々特別障害者で(住民税、所得税の換算の際に、計算方法や、控除額が一般の方より有利になっています。)平成23年度は、非課税になりました。なので、24年度の住民税は来ません。その他、非課税世帯(妻は元々非課税です)になった事で、様々なものを支払わなくて良くなりますが…
暮らしていけるほどの負担減にはならないです。
有る程度、仕事で労働報酬を得ないと、生活が出来ません。


丁度、職員でいられるか、登録ヘルパーに下げられてしまうか のせめぎ合いになると思います。

登録ヘルパーですと、実入りが少ないに加えて、責任を持てない(もつ権利がない)し、社会保険に加入できません。基本給がないので、手当も付きません。今の収入よりも、かなり落ちるのは、両方とも同じですが、ぎりぎりで良いから、職員でいないと、私どもの生活は立たないです。
職場は、私の生活が立つかどうかも、気にはしてくれますが、ネコの手も借りたいほど忙しく、過酷な労働環境で、職員さんたちが頑張っているのは、職場は熟知していますし、私も知っています。
其中で、鷹山の生活が立つように、を最優先に考える訳には行きません。

常識としてね。
それは私にもよく判ります。


要するにオーバーワークだったのでしょう。
あとは、私は交感神経が上がりやすい体質の様で、それを下げる為に、精神科で管理して貰っていますが、どうにもならない時の奥の手だった薬が禁忌になってしまいまして、使える薬が無くなってしまいました。
今、候補に挙がっている薬は、βブロッカーですが、これは、心拍数を下げるので、結果、交感神経も下がるのですが、ついでに心臓の機能も弱めてしまいます。
精神科医は使いたいのですが、循環器に絡むので、循環器の主治医を受診出来るまで、どうにもなりません。


障害者福祉課の妻のヘルパーさん担当の方に報告に行ったところ。
『鷹山さんの枠で、ヘルパーつけたらどうかな と考えたりするんだけど』と言っていただきました。
有りがたいのですが、当自治体では、労働収入のある身体障害者には、障害程度区分は付きません。ヘルパーさんは使えない決まりです。同じ病状でも、労働をやめたら、ヘルパーさんが使えますが、止めたら、生活できないから、やっぱり使えません。


障害年金が上がってくれればなぁ とも思いますが、心臓そのものが壊れた訳ではないので(壊れていたら、こんなのんきな事は書いていられません。それこそ循環器専門病院に入院しています。)慣例から考えて、障害年金の度数は上がらないでしょう。循環器の主治医に相談だけはしてみますが。


何もかも が、答えが出ていない状態なので、勤務先に下手に連絡しても、『理屈は良いから、おまえはいつから働けるのだ?今までと同じ勤務で、倒れたりしないと、掻く薬出来るのか』と言われてしまいますよね。


皆様も、どうかご健康には十分、ご留意下さい。
30代の頃は、様々掛け持ちして、仕事が終わってから、次の仕事先へ高速を使って、ぶっ飛んでいく なんて事は、平気で出来ました。
疲れも感じませんでした。精神科には掛かっていたし、睡眠などは怪しかったですけれど。

ここ10年で、3回大きな手術をしています。最後が心臓。
丁度、私の介護屋歴と重なります。

若い働き盛りの介護のお仕事をされている方々は、目的を持って、仕事をされていると思います。
ご自分は、お若くてお元気なので、一生懸命お仕事されている事でしょう。
私は運悪く、先天性の心臓疾患でしたから、一般の健康な方よりも、ガタがくるのが早かった と言う事もありましょうけれど、何らかの形で、お身体、ご健康には十分、ご留意下さるようにお願いしたく主ます。

勤務先は、業界では、かなりまともな待遇の団体です。
常勤ならば、施設勤務者の方を凌ぐほどの収入を保証してくれます。
休みなども、ルール通りに申請すれば、100%取れますし。

そんな恵まれた中でも、病気持ちが中年を過ぎると、なかなかこの商売は難しい物があるのですね。


身体を壊さない様に、職場に迷惑を掛けない様に、何とか生活出来るくらいの収入を と言う感じに、軟着陸できると良いのですが。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック