bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



まだまだ当分掛かりそうです。
肝機能の値そのものは、かなり下がっていて、実は、このくらいのデータなら、気付かずに働いている方も沢山おいでだそうです。苦肉の策で、データが正常でないので、労働はしない方が良い と言う診断書をリレーで頂いて、休ませて貰っています。


昨日は、月曜日、火曜日と、それぞれ、3か所ずつ病院に行ったので、丸一日ベッドの中でした。動けません。今、ちょっと怖くて、自動車も運転できないでいます。必要があれば、何とか出来ますが、かなり怖いですね。反射神経が鈍っていますから、とっさの事に、対応できない不安が強いです。

今日は、目標があって、不調の為に、眼をつぶっていた掃除をしたいと思っていました。
掃除をしたら、家計簿を付けて、床屋さんに行きたい と思っていました。

掃除は済ませました。
洗濯を昨日して、エアコンを掛けて乾かしたので、それも畳んで、収納しました。
22時頃寝て、5時に覚めて、血圧測って、又寝て、8時半頃起きました。10時間半眠っている訳です。

で、10時半には妻のヘルパーさんがおいでになりました。
妻のヘルパーさんとは、無駄話は少々しますが、妻が指示すべきヘルパーさんですから、何を頼みたいか、は、妻に全部任せます。でないと、妻、ヘルパーさんを上手に使って、日常生活に不具合が無くなる様に、将来的には、社会生活が出来る様になりませんからね。

まだ、家計簿は付けていないんです。
床屋さんはどうしようか、かなり迷っています。
掃除、洗濯ものの片づけだけで、息苦しくなっちゃったんです。
今、もう、疲れてます。


肝機能障害と言うか、軽い肝炎と言うか、起こしたのは、犯人は、交感神経の高ぶりなのですが、上手に疲れない様に働けなかった私、も居るんでしょうね。

ルーランは禁忌になってしまいましたけど、その他、交感神経を下げる為に、つまり、とことんまで気になって、何かをえいや!でやり過ぎない様に(それで、15年前に大きな病気をしました。)精神科の医師の管理を受けているのですが、うまく行っている時は、自分で薬の量を減らして調節する事が出来て、秋口くらいまで?年末くらいかな?は、結構うまく行っていたんです。


やっぱり、義父が海に落ちたあたりから、怪しいですね。
火事場の馬鹿力は駄目だ と判っていますが、疲れを引きずってしまった為に、仕事に支障が出て、そのタイミングで、大抵、トップとの面談がありますから、うまく行っていた事よりも、直近のうまく出来なくて、使いにくかった時の事が、話題になってしまいます。


その面談が、精神科の医師が、『交感神経を下げないと、とりあえず、元に戻らないから』と、ルーラン(ご存じの方、4ミリ、8ミリ、16ミリ とありますが、私が使う時は、4ミリです。かなり効果があり、今まではこんなに疲れきっていなかったので、アレルギーも起こしませんでした。)を処方していただいたのが、2月14日火曜日の話。

15日が面談。一番様子の良くない時に、面談。
運の悪い時は、運が悪い物です。
大抵、冬場は、やや不調です。その時に、大抵面談が来るので、毎年、駄目職員になってしまうんですね。まあ、疲れを抱えてしまう事が多く、その為に、心臓がもたなくなったので、仕方ないと言えば、仕方ない。普通の職員さんよりも、ひ弱なのは事実でしょうし。
当団体の勤務環境は、かなり過酷です。
過酷ですけれど、職員の為に出来る事は、精一杯事務所はやってくれています。
だから、その勤務に耐えられる人でないと、いけないのだろう とは思います。

入った時に、当団体の勤務状況で、数年後に心臓がが爆発する とは全然思わなかったのですよね。
私も誤算、事務所も誤算でしょう。


週に1度は、私が立ち上げたホームで、平日(4人の利用者が居ます。朝がべらぼうに早いです。送迎バスの関係で。)に夜勤が出来る事を条件に、と、今の非常勤勤務になったのですが、事務所の判断は、其条件は、鷹山は出来ない という判断になっておりました。
うーん…
どうでしょう?
私は週末にドン!とまとめて、ロングの夜勤が来るよりも、4人の時に週に一度夜勤をする方が、ましな気がしますが、やっていないので、判りませんね。

で、もっと勤務時間の短い非常勤職員と言うのがありまして、それにするか、能力不足と言う事で、今の非常勤の身分は有るが、大幅に給与を下げるか、のどちらかにするから で、面談は終わりました。


其面談している15日、肝機能が悪化し始めたところだったと思います。
翌日の16日、異常な様子に自分で気づきました。
17日、循環器の定期検査でしたが、危ないな と思い、普段なら、掛かり付けの内科には、循環器の後に報告に回るのですが、先に血液を取って貰って、症状を訴えてから、循環器に行ったんです。

こういう時って、掛かり付けは有りがたい。先生も『おかしいな』と思って、翌日の土曜日の朝、至急で、検査会社から、出ているだけのデータをファックスで取り寄せてくれました。その結果は、かなり肝機能の値が悪くて、個人医院では、限界がある となり、私を探しまわってくれました。


結局、勤務先の電話にかけてくれたところ、たまたま、(土曜日は事務所は閉まっています。)年下の先輩が出てくれて、私に電話をくれました。『すぐ掛かり付け医院に電話をするように』って。
運転中で、妻が出たのですけれど。
掛け直してみると、『午前中、今からすぐ来られませんか?』
ぶっ飛んで行くと、エライ事になっていた訳で有りまして。


今はややと言うか、かなり強引に、休職させて貰ってます。
最初の頃は、かなり頻繁にトップにも連絡を入れましたが、そもそも、ひ弱で、使い物にならぬ と言う印象がずっとついて回っていますので、『3月は診断書が出るなら、休職扱いにする。傷病手当金の請求が出来るようにしよう。4月からは、職員の勤務はダメ。登録ヘルパーでしか契約しない。』ってな返事がきましたから。

今、不調な時に、ガタガタ言うても、始まりません。
『長時間の非常勤は諦めます。短時間の非常勤を希望します。様子を見ながら、いつかは登録ヘルパーになる時もあるでしょうけれど、長時間に戻れる時もあるかもしれませんし、短時間でずっとと言う事もあると思う』等と一度返事をしただけで、墓穴を山程掘るのもイヤですから、そのままにしてあります。


私の母(既に他界しています。)が若い頃、父親(私の)を称して、こんな事を言う事が良くありました。
『お父さんみたいな人は、ヒクヒクしながら、いつまでも生きてる』

今、私は、父、兄弟姉妹と全く絶縁状態なので、(こんな家庭は幾らでもあります)父親の状態を知りませんが、息子はどうも、父親の血を引いた様ですね。
父親と違うのは、父親は大病はしませんでした。(多分まだ、生きていると思います。死んだら幾らなんでも、骨になった頃には連絡が来るでしょう。)私は中年を過ぎて、大病をするようになっています。
犯人は、先天性の大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄(二尖弁)ですけれど、何事なくほぼ健康に過ごしている方も沢山いるんです。


まあ、妻を抱えていますから、色々あるはあるんだけど。



てな訳で、今日は家計簿は何とか付けたい と思いますが、床屋さんは無理かもしれません。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック