bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



騒動は続く
肝機能障害の再検査の為に、本日も拠点病院に予約で行きました。


医学的な見地からは、ほぼ正常なのですが、一応、まだ基準値をオーバーしています。私の体調は、一進一退。半日は動けますが、丸1日はもちません。

激症的な時期は収束した、との事で、掛かり付け医に戻る事になりました。

原因らしきものも、特定されつつあります。ウィルス感染か、薬剤性しか考えられないそうで、濃厚なのは、ウィルス感染の方だそうです。

何に感染した可能性が高いか、と言うと、EBウィルスとの事。
何かに感染すると、抗体が出来ますね。EBウィルスに抗体反応があるんです。陽性と言う事です。

感染して、しばらくすると、遅れて抗体値が急上昇するそうで、ウィルス感染ならば、あと1週間くらいで、値が、がーっと4倍、5倍になるそうです。それが出たら、EBウィルス感染による、急性肝炎と言うか、肝機能障害と言うか、の確定が出来るとの事。


EBウィルスって何か、と言うと、エライショボいウィルスなんです。耐性ブドウ球菌、とか言うと、かなり酷いな、と言えますが、EBウィルスは、要するに、ヘルペス菌です。単純ヘルペス菌は、口腔ヘルペス、帯状疱疹なんかを作りますね。私も左の口端に感染していて、たまに出ます。

EBウィルスは、亜種だそうで、アフリカ大陸では、悪性リンパ種の元凶で、中国大陸では、名前を忘れましたが、特定のガンを起こす元凶なんだそうですが。

単純な細菌、ウィルスは、そこら中に、うじゃうじゃ居ますでしょう?健康なら感染したりしません。高齢者病棟やら、施設やら、療養病院なんかでは、集団感染が起こる事があり、患者さんの基礎体力や、抗生物質の使い方で、運悪く耐性化すると、厄介な事になりますね。

耐性黄色ブドウ球菌やら、MRSAやら、耐性病原性大腸菌やら。

EBウィルスに対する抗体は、日本人の9割の人が持っていて、症状化していないケースがほとんどなのだそうです。

私にも抗体化がありますが、一般的な抗体値より、かなり高いそうです。

そこら中に、うじゃうじゃいる、どうでも良い簡単なウィルスに感染しちゃった、と言う事になりますから、どれ程体力が落ちていたんだ?になっちゃいます。


使い物にならんですよね?

薬剤性の方だとすると、ややましで、以前投与されていて、一度中止していた物を再投与した場合、アレルギー反応が起こり、抗体化する事があるそうです。

これは疲労とは関係なく起こる事になっています。私はIgEと言いますが、アレルギーっぽさの値が、基準値を遥かに越えていて、花粉反応も強く、立派なアレルギー体質です。だから、抗体化が起こってもおかしくないのですが。

抗体化が起こった、と考えられる薬が、マズイのですよ。精神薬です。汎用では、統合失調症の薬、と出ます。私は統合失調症は病んだ事がありません。効果として、交感神経の感度を下げます。

どうやら、元々交感神経の感度が通常の方より高いらしく、それが元で、15年程前ですが、当時はかなり酷い状態の精神疾患になり、数年、社会からドロップアウトしてました。

精神科医師の良い方に廻り合い、治して頂き、今は落ち着いていて、再発防止に月に二回ずつ通院し、少量の薬を飲んでいます。


職員に、精神疾患経験者が居ると、トップは不安になるようです。だから、今は、精神科は行っていないか、たまに不定期に顔を出す程度、と言う印象にしてあります。

ルーランと言う薬が、抗体化して、アレルギー反応を起こした可能性も否めないので、ルーランは禁忌になりました。

ちょっと調べれば、精神科で、統合失調症に使う薬、とわかってしまうのに、正直にトップへの連絡に書いてしまいました。


ばいきんまんが、腹膜炎を起こした、みたいな話か、精神的に病の状態にあり、その為に、勤務に著しい困難を生じている、みたいな話になってしまいます。


案の定、新年度は、一番短い非常勤職員でも、職員としての雇用は難しいと考える、と、トップから返事が来ちゃいました。


心臓切っていて、すぐ疲れて、ばいきんまんに感染したり、精神的に病の状態にある職員は、確かに使い物になりません。


誤解を解こうとすると、山程墓穴を掘ると言う状態。

精神科は出さずに、肝臓を見てくれた二人の医師の見解では、私の身体に不具合がある可能性があり、それは生活訓練で、克服出来るので、掛かり付けの医師が指導をしてくれる、としましたが、又、穴を掘った様な気がします。


職員に拘るのは、責任を持つ権利と義務が欲しいのと、生活の為の2つですね。責任を持ちたい、支援計画を立て、実施する義務と権利が欲しいのです。

重度の障害者になったのは、ひとえに、団体の勤務形態がキツすぎる為でした。言えませんけれど。

当団体の様な過酷な勤務形態の団体は、当自治体にはありません。だから、うちで少し使える様になった登録さんは、他の団体で、正規職員になります。

誰かがうちの役割を果たさないと、地域の障害者の方は困るでしょう。
と言って、勤務が楽そうな団体に移る気は、私にはないんです。

寝た切りの妻を抱えて、どうしたものか、話がややこしくなってしまい、困っています。

トップとは、元々の個人的な感性が違うので、拗れやすいのは、前からなんだけど。

さて。どうなりますかね。


今回の騒動の発端は、1月に、義父が海に転落したことから、です。交感神経上がりっぱなしになってしまい、へとへとに疲れはて、肝臓やられてしまった、と言う単純な事なんですよ。
交感神経下げる為に、ルーランを使いはじめて、数日で、肝機能が悪化。今に至る、でしょうか。


本当に困りましたね〜
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック