bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



東京渋谷の、高齢者傷害事件
しばらく前迄、マスコミが、わーわーやっていましたが、いきなり、報道が消えましたね。


こんな事件だったかと思います。

東京の渋谷駅は広いらしく、地下街に商店街が広がっているそうで。

その中の商店街の1つの、目立つところに、手洗いがあるそうです。女性の手洗いに入った方が、血を流して倒れている、60代の女性を発見なさったとか。


緊急配備をすると、商店街か、手洗いのごく近くに、茫然自失になっている、女性高齢者がいたそうですね。

警察官の方が、おかしいな、と思ったのでしょうか?調べてみたら、血だらけの包丁を持っていて、奇妙な供述をした、と。


福島の病院に入院中。外泊許可を得て、東京の友人に会いに来た。
手洗いで、不審な女性がじろじろと見るので、刺した。
包丁は、戦う為に持っていた。



お決まりに、精神科通院歴があり?云々。


拘束された時点で、どこの誰だか、判っていたんだろうか?

精神科通院歴があり は、ちょっとおかしな犯罪があると、マスコミが大好きな言葉ですね。

こうして、一般市民に、精神科に通院した事がある人は、何かあると、人殺しをする、精神鑑定で、責任能力無しになって、無罪放免。


なんて言う風潮が広まる訳ですかね。



素人のゲスの勘繰りですが。

刺した高齢者女性ですが。病は何なんだろう?
お婆さんの年齢で、急性期症状が出るって何だろう?
急性期症状?

まあ、幻覚、幻視、妄想、幻聴、等が出る病はありますね。特に高齢者の方には。

認知症です。

事件が起こったのは、丁度。初期の認知症の方が、黄昏症候群、帰りたい症候群を起こし、不安、不安定、不穏な状態で、徘徊する時間帯でもありますね。


でも。でもなんです。
認知症の方は、認知が障害されている訳ですから、不安定、不安、不穏になっても、敵に狙われている、嫁に殺される、等の妄想に取り付かれても、系統立って、包丁を用意出来るか、信じかねるのですよ。


こんな事も考えてみました。真実かどうかは、プライバシーですから、判りませんけれど。


何らかの病で、どこかの病院に入院経験はある人かも知れません。今、入院中だったかも知れない。

大震災で、首都圏に移り住む事になった人では?と感じます。福島に心のふるさとがある人ではないか、と。

黄昏症候群、帰りたい症候群って、認知症の人は、今を理解する事が難しい為に。自分にとって、一番印象深い場所を帰る場所と確信していまうのですって。

今はもう存在しない。子供時代の家や、環境等に帰そうしてしまう。


精神科範疇で、ほぼ間違いなく、攻撃的な妄想になるのは、違法薬物依存症でしょう。

統合失調症の激しい急性期症状を起こす方、ありますけど、その場で、攻撃的行動が出ますので、福島から東京の渋谷迄、包丁持って無事?に大人しく出ては来られません。

急性化した時に、手元に刃物があれば、自意識なく、振り回しますけどね。



と言う事で、被疑者女性の話が、ピタリと消えた、と言う事は、と、私は邪推しています。

確かに傷害罪ですし、殺人未遂かも知れないのですが。どこの誰だか判明し、法的な保護者が、被害者の方に、説明陳謝されて、示談にされたんじゃないかな、と。

示談になり、しかも本人さんは、運悪く、不穏な状態で、となれば、刑事事件にならなくなったのではないか、って思うんです。



精神科通院歴がある
認知症がある

何をしでかしてもおかしくない、危険人物

と言う図式を作ったのは、間違いなくマスコミです。


本当に危ないのは。
何かのおかしな事柄に固執して、社会が悪い!等と責任転嫁している、健常者じゃないかなあ。


勿論真相は判りませんが。精神科の範疇で、急性期症状を起こした人、とも、認知症のゆえとも、どうにも説明がつかぬ気がしています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック