bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



昨夜の夜勤
K3340007.JPG11時頃自宅を出て、お昼あたりに利用者さんを自宅に迎えに行きます。利用者さんは、還暦間近。今まで、まともな生活支援が入って居なかった方です。

言い換えれば、判らない、出来ない事だらけなのに、適切な支援を受ける事が出来なかった訳です。

手帳で言うと、3度。
今の若者の3度と、白痴だの、精薄と言う言葉が、堂々と法律に書かれていた時代の3度では、違うのです。

判らない、出来ない事を、適切に支援者に支援を求める事を知りません。支援がなかったから、です。

大規模施設はありました。福祉名目で、無理やり放り込まれて、一生そのまま、の方も、沢山おられました。

彼も放り込まれた1人ですが、運良く自宅に帰れたのです。しかし、お母さんは他界され、現在、お父さんは、一時癌の悪化で長期入院、今はご自宅ですが、歩くのが不自由で、かつ、認知症を発症されています。

で、8ヶ月、緊急枠のショートステイ枠を、彼がずっと埋めていました。定住型の新設のグループホームが、3月にスタートします。彼の為に、従来の計画を急遽変更して、とにかく開設するんです。

実は専任世話人も、生活支援員も、1人も決まっていません。今いる職員や登録ヘルパーさんが、決まる迄は繋ぐ事になるでしょう。


還暦間近迄、誰も支援をしてくれなかったので、ご本人は、自己流で、生き抜いて来ました。当然、人としての常識から外れた事を身に付いてしまっていますし、自分は何でも出来る!と、確信しておいでですから、健康、清潔保持等は、滅茶苦茶です。形は出来ますが、効果的には出来ていません。

中度、軽度の方の支援は、本当に難しいです。月に数回、自宅にお迎えから夜勤、で、お付き合いしましたが、言葉が悪いですけれど、ご自分が原因で、又は、例えば私のせいではなく、不慮の事で、ご自分が理解出来ない困った事が起こりますと。

矛先は私に向きます。
オレは何でも出来る、お前が悪い、と言う、支援慣れしていない為の、事故防衛ですね。プライドと言っても良いかも知れません。


これに困っている、判らない、直して、と、私には言えない、言いたくないプライドがある訳で。

様々試されますが、理屈が判らないから、自力でなんとかはならないのです。

苛々しますね。
憤懣やる方なくなりますね。
そんな時、自分を守るやり方として、他人、今なら支援者が、自分を他害した、と決めつける事で、自己防衛する事が、ご本人の中で、染み付いているんです。

ですから、新人の学生さんのアルバイトヘルパーさんの時の方が、ご本人はゴキゲンで、学生さんのアルバイトヘルパーさんも、この利用者さんは簡単だ、と確信していたりします。


写真は昨夜の夕食です。野菜キライかも?私は普段仕事をしているホームでは、利用者さんの健康面の観点から、ほとんど菜食に近い献立を出します。

どーん!と肉料理に、形だけのサラダ、みたいなのは出しません。

好みの問題もあるでしょうしね。

3月に出来るのは、当団体で初めての、単独のグループホームです。今までのは、ユニットでグループホーム扱いの方はいますが、ケアホームへのユニットです。


もう少し若くて、重度の身体障害者でなかったら。グループホームの専任世話人、やってみたかったですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック