bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



確定申告のシーズンですね
給与所得者で、源泉徴収票のある方で、還付申告だけの方は、1月〜申告出来ますから、早い方が空いてますよ。

税務署のホームページから、入力キットを使って、印刷して、郵送するのも、手軽に済みます。


で。厄介な関係の我が家夫婦。

ちょっと不思議に思う事があって、国民健康保険課に聞いてみました。管轄は、税務部との事で、電話を回して貰い、税務部に教えて貰いました。


我が家は、夫婦共に医療費が凄いです。100000円を越えない年はありません。二人だと、200000円を越えない事は無いんです。


私の分は確定申告で、還付申告をします。幾らも還付金は戻りませんが、翌年の住民税算定の元になるのは、前年度の控除後の所得ですから。


それで、妻の分の医療費ですがね。判りにくい話になるんです。


法律上は、義務と権利は大抵セットです。

我が家は、市区町村レベルでは、生計を一にする同一世帯です。私が世帯主、妻は同居人。住民票を一緒にする事で、市役所で私が妻の色々を手続きする時に、委任状だ、なんだ、と面倒が頻発するのを防止しています。

国民健康保険税は、市役所レベルで、同一世帯の場合、世帯主に支払い義務があります。決まりだから、仕方無いですね。


確定申告等は、税務署レベルですから、国のレベルです。次元がずれているのです。

妻の国民健康保険税の支払い義務は私にある。
住民票の世帯は同一。
義務がある訳だから、権利もある訳?
でも、都道府県レベル、国レベルでは、私たちは別世帯です。

妻の医療費を私が自分の分と、まとめて控除申請する権利はどこ?


次元がずれているので、厄介です。都道府県レベル、国レベルでは、私たちは別世帯だから、妻は非課税です。私と収入合算されません。権利ですね。

逆に、私は妻を扶養家族に出来ませんし、自分の社会保険に家族としと入れられません。私本人が特別障害者だ、と言う控除は受けられますが、特別障害者が、一般障害者を扶養している控除はダメです。


あ。特別障害者とは、税法上、重度認定の障害者を言います。

精神障害者=1級
知的障害者=1度、2度
身体障害者=1級、2級

の手帳保持者が、特別障害者。だから、私は特別障害者で、その控除は300000円です。ちなみに一般障害者は260000円。大して変わりませんけどね。


税務部の方の説明が大変判りやすかったので、以下、記しましょう。


税法上、世帯主等が控除を受けられるのは、婚姻届けを出した配偶者と、親族に限られるそうです。

事実婚ありますね?
事実婚でも、どちらかの方が、片方の方を扶養控除を受けたり、世帯が一緒なら、医療費の控除、寄付金控除等は、一人が全員分まとめて受けても、一人一人が受けても良いのですが、事実婚でも、それはダメ。

社会保険は民間ですから、その社会保険組合が良いとすれば、事実婚でも、家族として入れられます。

要するに、事実婚では、税法上の権利は享受出来ないそうです。


これが相続になると、管轄が法務省ですから、又、違う。最近は最高裁で、事実婚やら、書類上の配偶者と破綻していて、婚姻届けの出せない夫婦等には、判例が出ています。


我が家は事実婚とは見なせないので。税法上は全部ダメ、と言う事ですね。


破綻した書類上の配偶者、が、どちらかに居る訳じゃないんだけど、どーしても婚姻届けは出せません。


義務と権利の次元がずれると。我が家の様な、国レベルで夫婦でない夫婦、は、何かと厄介ですね。

仕方無いです。妻も私も悪くない。引っ掛かる法律の細則も、私たちの様な夫婦は想定外と思いますから。誰も悪くないです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック