bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



嘘みたいな話 第2弾
目玉に、蠅(はえ ですが、私の育った地域では、はい と呼びます)がどうして留まれるのか理解に苦しみますが、眼球の話がもう一つ妻には有るんです。

蠅が留まったのは、右目の眼球です。

左目にも事件があったそうな。
若いころだと思いますが、仕事中に、左目がごろごろし始めたそうです。仕事中だし、外注先だし、と我慢していたそうでして。妻は、若いころは、プログラマー、障害で仕事を止める頃には、プログラムを作る人ではなくて、統括する仕事をしていました。SE=システムエンジニアって、どういう仕事だか良く判らないのですが、人さまに説明する時は、私は、『元SEで、作る方じゃなくて、マネージメントをする方です』と説明したりしています。

要するにパソコンとにらめっこで仕事中、お客様の会社で と言う事だった様子です。

手洗いくらい、行かなかったのか?鏡くらい見なかったのか?と、話を聞いた私は、笑うより先に呆れてしまったのですが。

そんなこんなで、深夜、終電あたりで帰宅して、改めてじーっと自分の眼球を見てみたそうです。
髪の毛が入っていた。これは良くありそうな事ですよね。まつ毛とか入ったりしますね。
その髪の毛の長さが、見える範囲全体に及んでいて、つまりかなり長かったとか。

とにかく除去しようと、試みると、眼球に張り付いていて、先端がつまめない。どうも先端は、見える範囲にあったのかな と思うけど。
眼薬もさし、眼球も洗い、格闘する事、40分ほどだとか。
やっと先端がほんの少し抓めたそうで、引っ張って除去したら。


本当の話らしいので、信用してやって下さいね。

鼻、格好よく言えば、鼻孔に違和感があったそうです。引っ張られる感覚があった。
そうです。ご想像の通り、最初は目玉に髪の毛の先端が入っただけだったのでしょうが、丸一日我慢していた為に、瞼がポンプの役目をしてしまい、鼻孔の中まで入りこんだんです。
まさか と思うでしょう?私、思いましたもの。

で、引っ張ってみたら、全長30センチくらいの(妻は今もロングですが、その時も、ロングヘアだったそうです。)髪の毛が、出てきた!

本人いわく、まっすぐに入っていたから、何とか取れたけれども、絡まっていたり、先端が奥に入り込んで、ループ状の部分が眼球にあったりしたら、病院に行かなくては取れなかった、とても大変だったとの事。

蠅が留まり、髪の毛が、鼻孔迄入る眼球って、どんな構造をしているんでしょうか???
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック