bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



嘘みたいな話
2つあるんですが、とりあえず1つだけ。

今日、明日は公休ですが、休める時は、余り無いのです。用事もありますし、何より医者の予約が目白押しです。

今日は、午前中が会議、市役所で住民税の申告をして、昼食を摂り、15時45分〜理学療法の予約でした。

帰宅したのは、17時半頃。火曜日辺りが疲労のピークです。

てな訳で、さっさと寝るつもりが、妻とくだらない話をさっき迄してました。妻には手料理を食べさせてやりたいですが、二人して不調なので、惣菜や弁当になる事がどうしても多くなります。今夜は理学療法の帰りに少し高級なスーパーみたいな店で、桜えびを沢山使った弁当を買いました。
食べながら無駄話をしていたら、妻が中学生くらいの時に、あり得ない様な体験をしていた話をしてくれて、ビックリ!

蝿って居ますよね。私たちが子供の頃は、蝿叩きだの、蝿取り紙等、が日常的に使われていました。蝿が肩に留まるなんて事は、日常茶飯事茶飯事でした。

今は蝿は余り居ませんね。
ろくでもない話をしていて、妻が、蝿に留まられた事がある、と話をしました。蝿が留まるなんぞは、当たり前なので、?と思い、どこに留まったのか、聞いてみました。

眼鏡の右側を指差します。


眼鏡には物理的に、蝿、留まれないだろう、と考え、眼鏡に留まったのか、人体に留まったのか、聞いてみると、人体に留まったと言います。

瞼?目の下?眼球?

まさか眼球に留まるバカな蝿は居ませんから、頬の上辺りに留まったのだろう、と思ったら。


眼球に留まったそうです。ツルツル滑るんじゃないでしょうか?

良く聞くと、急に目がもぞもぞして、手をやったら、一瞬でもぞもぞ感が消え、蝿が飛んで行くのが見えたそうな。

もぞもぞの犯人は蝿しか居ないでしょうなあ。何で、眼球に留まったんですかね?

痛みや病院騒動はなかったそうです。40数年前の実話ですよ。

蝿に馬鹿にされた感じがしたそうです。


もう1つも、あり得ない話なのですが、機会があったら又書きます。


かなり疲れているので、今夜は寝てしまいましょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック