bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



住民税の申告
シーズンなので、ついでに。

私の妻は、精神障害者で、精神保健福祉手帳(なんで精神障害者手帳って言わないんだろうね?差別があるから と言う事ですが、名前変えれば差別が無くなるのかな?)2級、障害程度区分2 障害年金2級です。

殿様は、知的障害者で、療育手帳2度(知的障害者手帳は、級じゃなくて、度数で表します。これもなんで療育手帳なんだろうね?昔、白痴とか、精薄とか差別用語を法律に堂々と使っていたからだろうと思うけど)、障害程度区分5 移動支援 身体介護あり、移動支援 行動援護あり 障害基礎年金1級です。(他に、国、都道府県、市区町村から、それぞれ加算金を貰っています。)

要するに、住民税がかかる収入はゼロです。

が、確定申告と言うか、収入の申告は必要なんですよ。
前の年に非課税だった人には、2月の初めころ~大抵、自治体(市区町村の課税課)から、『一昨年年度は、あなたは収入がなかったと申告があったので、住民税は非課税でした。昨年度はきっと収入が有ったと思うから、申告して、住民税を払ってね』みたいな書類が必ず送られてきます。

非課税だった方、どなたでも送られてきます。障害者でも私の様に給与収入があって、確定申告している者には、知らせは来ません。


で。

本来、本人が申告に行くんでしょうが。
行ける訳がないんで。物理的には行けますが、自力で申告が出来たら、障害年金だけで生活している筈がない。

と言う事で、今日は会議があったので、その帰り道に妻の書類と、殿様の書類を持って、税務部個人税課に申告に行きました。
『住民税の申告です!』
係員がすっ飛んできました。
『二人分。こちらは私の妻です。書類上は世帯は一緒、税法上は別世帯。障害年金2級のみ。こちらは、職場の利用者さんです。障害基礎年金1級。申告する収入、二人ともゼロ。』

一応、利用者さんの分は、委任状を出せだの、あなたの立場は何かだの、しつこい係員がときどきいるんで、療育手帳と、三文判(書類には既に押してあります)を持っていきました。妻のは、市役所内部では同一世帯、都道府県、国レベル、税法上は、別世帯 と言うややこしい関係ですが、市役所内ですので、妻の委任状も手帳も持参しません。その為に、わざわざ同一世帯にしてあります。住民票上も別世帯に世帯分離しておくと、税金などは格段に安くなるのですが、様々な手続きには妻は行けませんので、毎回委任状が必要 になっちゃうんです。
そのうち、妻は実印登録をした実印を押した委任状でないとだめ とか言われるのは面倒なので、金銭的な得よりも、生活の利便を採っています。

利用者さんのは、四の五の言うかな?と思ったんですよ。ヘルパーさんと利用者さんが何か市役所で発行する書類が必要で、本人同伴、手帳持参 で取りに行くと、ヘルパーさんに『あなたの立場はなんだ?本人が来ているなら、本人がサイン捺印しろ』等と無理無体を言う職員が必ず居るんです。
知的障害者本人が(しかも重度)サイン、捺印の意味が分かる訳ないし、形だけ本人に無理やり書かせて、事故が有った時は、責任逃れしたいのは見え見えなので、強行突破しますけど。

今日は、税務部だった為か、はたまた、私の態度がいかにも介護屋の様に、慣れて見えたのか知りませんが、それこそ2人分3秒で済んでしまいました。
その場で受付印を押して、その場で控えをカットして、私にくれまして、『ご苦労様でした』

大丈夫かいな。

役所がお客様たる国民に、『ご苦労さん』と上から目線で物申すのは、これは慣習で、多分新人研修の時に、帰る時は、『ご苦労様でした』と挨拶しろ と教育しているんでしょうなぁ。

『何番でお待ちの鷹山さま~。何番の窓口までおいで下さい~』と、機械が喋って、取りに行くと、『ご苦労様でした。』


ありがとうございましたとか、普通の言葉で良いんじゃないの?っていつも思います。
お疲れさまでした なら、判るけどね。


てな訳で、確定申告は、翌年の住民税を決める為に国民に義務付けられている物ですが、収入ゼロの人、給与所得者で、源泉徴収票がある人で、還付申告のみの人、は、2月15日を待つ必要ないんですよ。

又、何かの控除を受けられるのに、面倒だったり、時間がなかったりして、3月15日ですか?を過ぎちゃっても。申告用紙の名前が変わるだけで、還付申告できます。物に寄りますが、良くある医療費などは、遡及5年までありますので、4月になったから諦める のではなくて、堂々と、税務署に山程領収書を持ちこんで下さいね。(あ、計算はある程度しておいた方が楽です。)

インターネット申告(オンラインでネット経由で、直接社会保険庁?税務署?税務署ですね、のマザーコンピューターに書きこむ方法)もありますが、私はお勧めしません。
日本の役所は、個人情報管理がなっていないから。
HPに行くと、申告書を自動的に計算してくれるソフトがアップされています。
で、国民が控えを取る為に、印刷できます。
その後、『送信』ボタンを押すと、直接、税務署のマザーに送信される訳ですが。
それ、送信しないんです。
印刷したら、封筒に入れて、管轄の税務署に郵送します。
受付した と言う案内が欲しい方は、返信用封筒に、住所氏名を書いて、80円切手を貼って、『返信希望』とか書いておけば、受け付けた と言う案内は戻ってきます。(内容が正しいか じゃなくて、届いたよ と言う事ですって。)

SEと言うか、SEマネージャーをしていた妻が、『インターネット送信しちゃダメ!どこで漏れるか判らない』と言いますので、私本人の確定申告は郵送しています。


そうそう。

役所の窓口、重度知的障害者が、付き添い人と直接交付を受けに行くと、ガタガタ言いますが、郵送で請求すれば、黙って送ってきます。


こういうのを、盾と矛と言いますね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック