bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



心房中隔欠損症 その2(2つありましたので)
意外に、検索ワードで多いので。

素人で、ベテランの心臓病患者が、判る範囲でかいてみましょう。

心房中隔欠損症は、先天性の心臓疾患です。具体的には、心房中隔が完全にないか、穴が空いている、パーツ不全。何が起こるかと言うと、肺動脈から右心房に戻ってきた動脈血が、欠損部分から、肺静脈に流れ込み、再び、肺に戻ってしまいます。その為、体内に回る動脈血が少なくなり、酸素濃度も低くなります。逆に、肺には本来流れない筈の動脈血がエンドレスで流れ込むので、肺高血圧になりがちです。

似た様な名前の先天性心臓疾患に、心室中隔欠損症がありますが、これは、心房中隔には異常がなく、心室中隔が同様の状態になっています。

心室中隔欠損症は、命に関わる事がほとんどの様で、欠損部分を縫い縮めるか、ダメなら、留置パッチを入れるかします。

両方とも治療は手術しかありません。

どちらにも、ごく軽症から酷い重症迄、程度は様々です。

ごく幼少の時に根治手術で、縫い縮めるか、留置パッチを入れていれば、検査では判りますが、普通に生活が送れます。ワーファリンの様な、副作用の強い薬も必要ありません。

先天性心臓疾患の半数が、心房中隔欠損症です。


殿様の時代は、出生時に判らない時もあり、殿様に判明したのは、15歳の時。軽症だったのと、障害者である事から、手術は推奨されませんでした。


本来、ダウン症候群の方は、循環器リスクが高いので、中年を過ぎて今、やや症状めいた事が見え、ホームでは様子観察と、週に一度程度、血圧の測定と、息切れが出た時の血圧の測定を行っています。


手帳が取れるか?サービスが豊潤に使えるか?を知りたい方が多い様子ですね。

状態に寄るようですが、手帳は欲しければ、取れる事が多い様です。

現在、殿様は身体障害者手帳はありません。15歳当時は、4級を取ったようです。取った記録があります。

身体障害者手帳は、6級迄ありますが、4級くらいだと、軽度か中度と思われますから、交通機関の割引程度かな?とは思います。

症状の軽い方は、50歳くらい迄は、定期検診で済む方も多くおいでになります。息切れ、苦しい、動悸等が頻発する年齢になったら、主治医と、綿密な相談が必要でしょう。


心電図は、心房中隔欠損症特有の形になります。右足不完全ブロック、と、必ず出ますが、これは心房中隔欠損症には必ず付随してくるもので、病的なものとは、余り言わない様です。

足ブロック、とは、心臓からの電気信号が、何らかの理由で、伝わらない事ですが、足ブロック単独、と言う事はありません。心臓疾患のおまけで付いてきます。

なので、右足不完全ブロック自体は、気にする必要は無いようですよ。



関係ないですが、ペースメーカーありますね?不整脈が病的な方、心房完全ブロックした方、等が利用されます。心臓の拍動を一定に保つ為です。

心臓の中に、電気信号中継所みたいなところがあるのです。

私はペースメーカー入れていませんが、心房の電気信号中継所は、大動脈弁のすぐ横にあります。

私は、大動脈弁だけでなく、心臓の弁が付いている部分=穴の部分、の縁迄、石灰化していました。穴の部分を弁輪と呼びます。
弁輪も石灰化した部分は、完全に切り取っています。

最初の外科医の説明で、電気信号中継所は、切らずに済む筈、と言われていたので、本人はビックリしませんが、術後説明を受けた妻は、大層驚いたようでした。

電気信号中継所が機能しなくなると、ペースメーカーが必要です。他に不整脈が激しい方等も。


電車の中で、携帯電話の微弱電波がどうのこうの、とうるさいですね。

実際、携帯電話の微弱電波で亡くなった、ペースメーカー利用者の方は無いようですよ。

それより断然怖いのは。
パソコンの無線LANです。もっともっと身近に怖いのは、ワイヤレスマウスや、ワイヤレスキーボード。

携帯電話とは比べ物ぬらない強力な電磁波が出ています。ワイヤレスキーボード等の箱には、必ず、身体障害への影響の文章か、映像がついています。

携帯電話が一番ペースメーカーに悪い、と風聞を広めたのは、鉄道会社かな。

心房中隔欠損症の方は、ペースメーカー関係ないので、リスクはありません。私にも無いです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック