bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



採血の話
血液検査で、注射器で血を採りますね。血管の中に、弁がある と言う方あるんです。私も弁があります。一番採りやすい浅くて、太い血管の丁度採血ポイントに。

血液検査って、しょっちゅうですから、残念ながら、痛くもかゆくもありません。毎月1度以上は抜いてますから。

と、採血室で、『いつもどちらの手で採りますか?』と聞かれる事もありますし、患者さんが、自らどちらかの手を指定する事もあります。私は、左腕に厳密に言うと、1か所、そこは弁があるんで、その上下も含めると、まあ2か所、3か所?ポイントがあります。浅くて、太くて、採りやすいところらしく、たまに弁に刺さります。針が。右腕は、血管が見た目よりも深く、かつ、細いそうです。新人さんが、ポイント間違えて、採血量が少なすぎて、採り直しと言う事もごく稀に有ります。

弁に注射針が刺さったからと言って、何が起こる訳ではないのですが、内出血してしまうので、半日くらい経つと、『何が起こりましたか?』と言う様な、かなり目立つ痣になりますね。半そでの季節は、周囲の方がぎょっとするので、なるべく弁には刺さないで欲しいなぁ と思いますが、看護師さん、医師の方、臨床検査技師の方、どなたが見ても、見た目は判らないそうです。どこに弁があるか。この辺だろうな は判るそうです。理屈から言うと、ここなら刺さらない筈と計算して針を指すそうですが、時々運悪くど真ん中に当たったりする訳です。

右腕は、深くて細いんですが、明確に判る採血ポイントが、3~4か所あります。

どちらが良いですか?と言われても、私は採決に苦労された事はあまりありませんから、『左は太くて、浅く、採りやすいと言われますが、弁があるそうです。右側は、このあたりに3~4か所採れる場所があるそうですが、意外に深くて細くて採りにくいと言われます。どこでも構いません。』と両方見せます。

担当の方に寄って、それぞれですね。痛い と言う話がありますが、採血室の臨床検査技師さんか、医師の方が多いので、(たまに新人の臨床検査技師さんと言う時も、運悪く失敗と言う時もあります。)採血慣れしてしまっていて、大して痛みは感じません。

内分泌が少々おかしいので、筋肉注射を受ける事が年に数回ありますが、それも大して痛いとは思わない。



健康な人は痛いんです。
病気のデパートだと、しょっちゅうなので、痛くも痒くもないという悲しい事が起こります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック