bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



夜中の引っ越し!?
昨夜は、普段のホームとは別のところで夜勤でした。

どうも、昨年秋くらいから、厄介が多発します。男は8の倍数で体調崩す、とCMが言いますが、私は年男でして、8の倍数に誕生日でなる事はなります。


還暦ではございませんよ!

昨夜の方は、3月から新設のグループホームに入居が決まっている方です。ケアホームじゃありません。グループホームです。つまり軽度さんなのです。制度上は中度。

還暦も間近の方。


我々、知的障害者の方の支援者の常識では、軽い方程難しいです。彼も同様。

私は彼と二人で日曜日に泊まるのは、かなり恒例になって来ましたが、最初の頃に、私もちとやりそこなったみたいで、鷹山はキライ!と、ご本人は決めているようです。

とは言え、私も多少は学びましたから、最近は、口は余り聞きませんけれど、まあ、普通です。


彼氏、自宅に忘れ物をして、それはタイミング良く出くわしたので、伝えてくれました。勿論自宅迄取りに行きました。


騒動はこの後21時頃、勃発。

リネン交換してなかったかな?と、ノックして入り、交換していると、何やら難しい顔をしています。そのうち、どこかに行ってしまいました。中を探していないので、靴やら鍵やら見ても、中にいる筈です。

誰も居なくて暗い二階をもう一度探すと、ある部屋においでになりました。怒っておいでです。扉を閉めてしまわれました。

???

何やらさっぱり判りません。しばらく様子を真下の部屋で聞いていると、歩く音、ガタガタ言う音。


???

で、一階でご自分が使っている部屋から、ゲルマン民族大移動が始まりまして。
なんだろう?
声を掛けると、うるさい!来るな!とヒートアップ。
やっと気づきました。契約アンペアが低いので、一度ブレーカーが落ちたのです。エアコンはつけ直しましたが、DVDを見なかったんです。

で、多分DVDが見られなくて、私に伝える程は信頼を持っておられないので、DVDのある部屋に、勢いに任せて、お引っ越し。

多分。

気づいて、説明して、彼が使っている部屋のDVDは立て直しましたが、大量の荷物がある方で、また引っ越しするのは面倒だったのかな、と思います。又、沽券に関わるのかも知れません。

移動先の部屋のDVDも、リモコンの電池の接触?映りませんで、触らせて、と断って、映る様にしましたが、その間、又、居なくなる。

DVDが映らない、と言っていないので、映る様に直すところにいるのは、出来ないと言われている様に感じ、プライドが傷つくのかも知れません。

1人で怒って二時間。23時頃、ようやく説明を聞いてくれました。昨夜は彼1人ですから、そのまま引っ越し先で寝て貰いました。

ブレーカーが落ちた為、私が意地悪をしたのではない、と伝えまして、今朝はまあまあ普通の様子。

軽度の方も大変ですが、中度くらいの、既に年輩になっている方は、誰も助けてくれない中、ずっと自己流で生きてきたんです。猜疑心も強いですし、出来ない事が沢山ありますが、形だけは出来る為、自尊心がえらく高いです。でも、自力で解決出来ないので、誰かのせいにしたりします。それが今は私に向いているのでしょう。


笑い話のようですが、ホントです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック