bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



MRI
のんびりさんが、腰を痛めています。専門病院にかかったところ、脊椎柱狭窄症と判りました。

レントゲンの段階では、かなり重症と思われたのですが、先日、より正確な情報を得る為に、MRI検査を受けましたら、意外に軽症と判明し、ほっとしています。状態によっては、脊椎に造映液を入れて、検査せねばならぬところでしたから、本当にほっとしました。
造映液検査となると、入院ですし、全身麻酔と、脊椎にも麻酔が必要な気がします。

全身麻酔はかなり体に負担が掛かります。脊椎触るのって、専門病院ですから何事ないかとは思いますが、一抹の不安もありました。

MRIの検査室には、被験者しか入れません。CTもそうだと記憶しています。電磁波が凄いですから、技術者の方も、防備された部屋に入りますし。

専門病院は一般病院ですから、障害への配慮は薄いです。動いたら検査出来ないので、すぐ出て貰います、なんて、どうせ出来る訳がない、みたいな事を、技師に言われたりしたそうな。
我々支援者も、ご家族も、トンネル、暗い、うるさい、でも痛くない、眠って良い、動かない、等と、散々ご本人に話しました。

1人での検査室、30分動かずに頑張りました。正確なデータが取れて、様子観察で良い、無理をしない、痛い時は休む、と言う方針で定期検査をする事になりました。

障害者専門病院はありますが、高度な技術を必要とする、厄介な病気の対応迄は出来ません。

一般の専門病院に紹介になります。

10数年前、心臓の手術を受けた、施設でアルバイトしていた頃の利用者さんがありました。

今は判りませんが、当時は行動障害激しく、病院さんに断られたのですが、親御さんが、別の施設の施設長で、ごり押しして、手術させた例がありました。

何を検査するにも、全力で抵抗しますから、押さえつけて麻酔をして、とエライ騒動だったようです。

手術後3日、全身麻酔かけっぱなしで、その後は、利用者さんのお姉さんと結婚している職員が、業務内で、付きっきり。

勿論、別の施設の施設長が親ですから、その分の人件費等払う訳もなく。

無理やり手術せねばならぬ状態ではなかった様に、アルバイトの私も記憶しています。


受け入れない専門病院も、医療をきちんと受けられる教育が出来ずに、自分の施設で面倒を見ず、面会も来ない、権利だけ主張する親、も、どっちもどっちですがね。

生活支援の役割を、こういう時に感じます。

なんとか算段を医師として、1年でも長く、悪化させない工夫を。これからしないといけませんが。

すぐ手術!の状態でなくて、安心致しました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック