bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



寒いですね
当地は昨日から雪混じりの冷たい雨です。日曜日迄、雪が降るそうです。

今日まで有給休暇を取ったので、せめて本日はひたすら休養したいのですが、そうも行かず。

食事の支度をしてやらねばなりません。昨日、土曜日は何もしないから、と、宣言したのですが、そうすると、妻は食パンやら、具も入れないインスタントラーメンやら、で腹をふさぎます。

ふさげば良い方で、食パンを袋から出す、インスタントラーメンを鍋に入れて、煮立てる、が出来ずに、空腹で気分が悪くなったり、気分が落ち込んだり、してくれます。

まあ、多少良いんですがね。親父さんは海に落ちる、本人は疲れてる、天気は最悪、ですから。

帰宅してから、風呂に入れませんし。具合の悪い時程、自分でやる、自分で出来る、と言うのは、精神障害の為で、妻の心掛けが悪い訳ではないんです。


私もかなり疲弊しているので、惣菜の類いを買い込んでくる、と、車で出て来ましたが、何とか温かいものを、簡単で良いから食わせてやりたい、と思うじゃありませんか。

惣菜は買いませんでした。我が家には、私の一つ覚えの、その場しのぎ料理があります。

鍋物の様な、ごった煮です。一鍋作れば、二回くらい食べられますから。中身はその時により、色々です。寄せ鍋もどき?スープ?要するに、出汁を取って、材料を切って放り込み、火を通して、適当に味付けするだけです。


仕事だと、きちんと作りますが、紺屋の白袴で、我が家で迄は無理ですね。

と言う訳で、惣菜一つも買わずに、材料買っちゃいました。私はブランチで、外食です。妻が車に乗れる状態なら、外食で済ませますが、今の妻には、それは無理。

数日、肌着を換える元気もないので、風呂も無理ですし、明らかに、しばらく風呂に入っていないのが、見て判ります。その状態では、本人も外には出ないので。出られても困りますし。風呂から入らせないと、外出は無理なんです。

風呂に入るのに、もう4日出来ずにいますから、入ったら、疲労困憊で、動けません。


私が作るしかないでしょ?

我が家は、自立支援法を使い倒しています。ヘルパーさんも、制度で取れるだけの時関数を取り、足りない分は、同じヘルパー事業所さんに、自費でお願いしています。制度では、家事援助と通院介助は、どちらか片方しか選べません。半々と言うのがダメなんです。ですから、妻は、家事援助を月に10時間貰っているだけです。週に二回、一回60分。五週目がある時があるから、10時間です。


一般的な精神障害のある方、当自治体では、週に一回、一回60分が当たり前。妻も、私が心臓切った直後は、週に二回、一回90分支給になりましたが、3ヶ月で、週に一回、一回90分、に切られそうになりまして。
一回は60分で良いから、週に二回にしてくれ、と、介護屋の亭主が交渉して、やっと二回確保しました。


今は、一回は90分使っています。足りない30分は自費です。その他に、自費で一回60分、月二回、通院の付き添いも使っています。通院先は、整形外科の赤外線療法で、実は我が家から30秒。本人が具合の良い時に行けば済みそうに思えますよね?

そうじゃないんです。

動けない→身体が固くなる→循環が悪い→ますます動けない→ますます循環が悪くなる→体調、気分がどんどん落ちていく→以下エンドレス

と言う事になるのです。妻の場合は。予約で理学療法に行くのは、負担で無理。本当は散歩が良いのでしょうが、動けない為、極端に疲れます。今は、赤外線療法がギリギリですね。


こんなに使い倒していても、やはり私に負担は来ます。



おかしな話ですがね。



私と妻は、法律上の夫婦ではありません。え?と言う様な法律に引っ掛かり、婚姻届けが受理されないんです。稀にしか起こらない事ですが、同じ状態で婚姻届けが受理されないご夫婦は、間違いなくおいでになります。改善運動もありますから、いつか婚姻届けが出せる日がくるかも知れませんけれどね。


夫婦の権利義務が保証されていない訳ですが、住民票上の世帯は同一にしておかないと、市役所の範疇で、何かと厄介が起こります。

だから、住民票上は同じ世帯にしてあります。と、どうなるか、と言うと。同一世帯に介護人あり、になりまして、本来は妻は制度のヘルパーさんは使えないんです。



他の自治体は知りませんが、当自治体はそうです。自治体裁量なんですね。


我が家が使えたのは、ひとえに、心臓病の私が、仕事と妻の介護の重責で、遂に、心臓がだめになり、最重度の身体障害者になったから。

健康だったら、妻はヘルパーさんを制度で使えません。障害年金がかなり出ていても。家族と認められていなくても、法律ってそういうものなんです。

私にヘルパーさんは?と言うと、労働しているのでダメです。妻と私の年金合わせても、普通の生活出来ませんから。

私が労働をやめて、生活保護を受給すれば使えます。生活保護にすると、生活制約が山ほど出て、かつ、就労するように指導が来ます。



税金を喰っていますから、やむ無いですが、妻はともかく、私は税金納めておりますが。



健康が一番と言う事ですね〜。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック