bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



伊勢 追加(だぶりあります)
(昨日書いて、うっかり非公開になってました。事は、一日後ろにずれています。)



妻の出身地は、伊勢です。伊勢神宮のあるところですね。


15日日曜日のブランチタイムに、妻のお姉さんから、電話が入りました。

『お父さんが、海に落ちて、意識混濁、低体温、救急搬送』という内容でした。

妻と父上は、様々な事情があり、もう20年近く会っていません。
が、お互い、親子で心配し合っています。

特に、大正13年生まれの87歳の妻の父には、思う事が何かあるのでしょうね。そのあたりは妻の家族の話なので、私は知らないんです。

情報は断片的にしか入ってこないので、16日は夜勤明けでしたけれど、とにかく万難排して、伊勢まで二人で行きました。わたしが引っ張って行ったのですけど。着いたのが、22時前でしたかね。


で、『とりあえず、ホテルに入って休んで、明日面会に行きたいか、このまま病院に直行したいか』聞くと、『病院に行きたい。』

これはね。会わせないといけません。こういう緊急時みたいな時ほど、話は早いんです。

一般病棟にいる と聞いていたのですが、救急病棟にいました。本日もまだ、います。

『○○さん、どこどこから、ご家族さ…』と、看護師さんが声を掛けて下さったところで、お父さんの大音声がしました。

『ヤスか!』 (どこの香具師の姐さん?=私の妻)


(^^;;


引退した親分のところに、昔の若い衆が久しぶりに訪ねて行った訳ではないのですが、任侠もののセリフの様でした。

妻の名前の2文字が、「やす」と言う音なのです。
やすこ じゃないんですけど。引退した姐御さんですか?いや、私の妻は、姐御ではないと思います。オバちゃんですね。さすがに「ヤス」が本名で、「おヤスちゃん」ではないですよ。時代劇ではないですから。

お兄さんは、「まさ」と呼ばれますが、(代貸し?=やくざ一家の、あー、二番手と言いますかね。)「まさひろ」の様な名前です。「まさが何とかかんとか」と、お父さんが、妻に話をされていましたけれど、『まさ の兄貴』『おあにいさん』ではないので、出来れば、ご家族だけで通用する呼び名は、エーと…(^^;;(びっくりしました。

どういう訳か、御兄さんは、「まさ」、妻は「やす」と呼ばれて育って、そのまま のようです。

「ひょっとこの まさ」とかさ。
「地蔵堂の やす」とかね。

岡っ引きか、やくざですよねぇ…


何故、正月終わったばっかりで、伊勢湾にお父さんが落ちたか と言うと。
釣りが趣味だそうですが、所有している釣り船を、人さまに譲る事になり、修理をして貰ったのですって。造船所に。
で、修理が終わったので、出来あがりを見に行ったんですよ。
自分で自動車運転して。
87歳の爺さんが。

その朝、伊勢湾は、寒くて、いつもお父さんの釣り船が係留してあるところのあたりは、薄く、凍っていたそうな。
桟橋が浮き桟橋。

薄く凍っていますから、乗った途端に、浮き桟橋がくるり!とひっくり返り、御父さんの弁を借りますと、『そのまま、俺も、どぼーん!』

上方漫才じゃありませんから。『冷たい、冷たい!』=そりゃ極寒の海に落ちたら、冷たいでしょう。


運良く、漁協の方が、見ておられまして、どなたが引き揚げて下さったのかは判りませんが、とにかく陸の上にあげていただき、救急搬送で、日赤病院に運ばれたのだとか。

その少し後当りに、『海に落ちて、意識混濁、低体温、救急処置中』等と言う情報が入ってきたようです。


翌日、月曜日の深夜に駆け付けてみると、お父さん、救急病室のベッドの上で、胡坐をかいて座っておられます。で、「やす、か!?」と。

どこに来たのか と思いましたもん。

で、それから、どうして落ちたか反省の様子があるか と言えば、そんなもんはありません。
妻は20年ぶりに会って、いきなり説教喰らいました。
(説教の内容は、わたしは知りませんけど。ご挨拶して、消えましたから。)

落ちた本人は、反省の色がないのが、申し訳ないのですけれど、もう、おかしくて、おかしくて。なかなか波乱万丈な生きたい様に生きてきた人らしいです。

何十年も使っている伊勢湾の、いつもの係留場所で、普通、落ちますかね?


大正13年の頑固爺、見事なご様子で有りました。
妻が、翌日も面会に行ったところ。
前の日の深夜に、大音声で、説教なんぞするもので、病人ですから(病名は低体温症)、正体なく眠っておられたとか。

18日、本日、妻は、精神病院の通院の日なので、朝、伊勢を発って、午後には我が家につきました。
妻は通院に。
私は、あちこちの支援機関やら、病院やら、障害者福祉課やら、お姉さん(妻の ですよ)に連絡。

さすがに疲れた。

これから、ちょっと家の中、片付けます。妻はもう、正体なく眠っています。ちょっと和解できたなら、良かったかな と思います♪

伊勢神宮は、屋根もみませんでした。

こんなに障害者手帳を使ったのは、初めてでしたっけ。
妻の手帳には、電車の割引は有りません。
私のには、『介護人同伴の場合』2名とも半額 と言う割引があります。(乗車券部分だけ。新幹線代金、特急券には効きません。)
タクシーの一割引きは、これは妻の手帳でも使えますけど。タクシーがなかったら、妻は病院まで歩けない。

伊勢は良いところでしたよ。
物価も安いです。

ほとほと閉口したのは、救急病棟ですから、皆様、ご家族等は、気取っていられる状態ではありませんので…
観光地なら、やや標準語っぽく店員さんはお話しされるでしょうけれど、出入りするご家族の方々が、皆様、伊勢弁でして…

これが慣れていない私には、非常にやかましかったです。(伊勢弁自体は客観的には、うるさい言葉じゃないと思います。こちらが慣れないので…伊勢伊勢した感じで、困りましたです。)


あとは、夜勤明けの朝、『連れて行こう!』をいきなり決めたので。
慌ただしかったのと、小銭が一山消えた(どん!と現金まとめてがさっと卸して、すっ飛んで行ったんです。)ね…


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック