bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



伊勢から帰宅しました。
義父が、伊勢湾に転落したのは、15日日曜日の早朝です。私たち夫婦がその連絡を受けたのは、15日の昼前で、丁度、近所でブランチをしていました。余程、そのまま、何とか、夜勤を交代してくれる人がいないか考えたのですが、どう考えても無理なので、そのまま夜勤に行き、月曜日16日に明けで、『このまま連れて行こう』と(妻を です)思い立ちました。

別条ないのは判っていましたが、妻の憔悴ぶりが尋常ではなかったのと、家族にはその家族ごとの歴史がありますね。妻と義父とはお互いに心配し合っているのに、もう20年は国交断絶。ただ、時に便りをくださったり、妻が短い返事を出したり はしておりました。

私と私の家族とは、完全に縁が切れており、今回の様に、事故があっても、私に連絡は来ないと思います。来れば行きますが、来なかったからと言って、何を思う訳でもない私もいますし。

で、妻と義父とは、何とか国交回復出来ると思ったのですよ。
こんな時でもないと、改まっては、なかなか会いにはいけないものです。



と言う事で、万難排して、がさっと現金をまとめて卸して、かばんに突っ込んで、夜勤明けに妻に『ちょっと仮眠させて貰うが、本日伊勢に向けて出発するから』と知らせ、すっ飛んで帰りました。

その間に、精神病院さん、ヘルパー事業所さん、地域生活支援センターさん(こちらは、連絡付かなかったんですが。)障害者福祉課のワーカーさん、と連絡まわして、最後に私の勤務先に、『火曜日から土曜日まで有給を取っていますが、妻の父がこういう事なので、伊勢に行きます。臨時の仕事は出来ないので、お願いします。』と知らせました。


妻が『支度と準備をしなくてはいけない』なぞと言うので、『肌着の替えと、精神保健福祉手帳、保険証、処方させている薬数日分、あとは持たなくても良いが、気になるなら、財布』と伝えて、とにかく私は仮眠しちゃいました。前日夜勤ですから、寝てませんので…

とは言うものの、宿だけは厄介ですから、妻が『ここにしようと思う。』と言うところにしました。
予約して行ったんです。
今はインターネット予約だと安いし、早いですね。
でも、その予約を見るのは、人なので、間違いが起こる事は、実はよくあります。
私たちは、深夜につくつもりなので、来ないなぁ~で、キャンセルされると、路頭に迷います。
ですから、電話で予約をして(私が。妻はインターネットなら、得意ですが、交渉は苦手です。精神症状が凄く出ている状態でしたし。)『深夜になる、目安は何時くらい。目的は何病院への面会。当方は、何地方なので、その時間出ないと辿りつけない。』と説明して、電話を取った人の名前を聞きました。

最初は1泊の予定でしたけど、行ってみましたら、(私は伊勢は初めてです)とても、妻の状態では、1泊では無理だ と判り、チェックインの時に、急きょ2泊に変更しました。

面会はその前に行ってしまって、『今、到着したが、病院に回るので、0時を過ぎるかもしれない』と一方入れてから、病院に回りました。


妻の家族内の事ですから、判りませんが、結局、行って良かったと思います。
妻と義父は深夜に何やら、色々話をしたようです。私は挨拶だけして、廊下で待っていました。


妻の変化にも驚きました。
何かをする と言うと、支度にとにかく時間がかかる。
しかも、不要なものまで、念には念を入れて、詰め込んで行く人です。
普段の生活もそうかな。

が、『観光に行くのではないので、肌着の替えだけあれば済む。』と私が言ったのですけれども、本当に、肌着の替えと、必要最低限のもの(薬、保険証、手帳、財布くらいでしょうか)だけで、(パソコンは持っていましたけど。小さいノートパソコンです。)かばん一つで出てくれた事でした。
精神障害者の妻にとって、短い時間で選んで決めて、と言うのは、とても大変な事なのです。


私は夜勤の仕事ですから、トートバッグの様な物に、2回分の肌着と上に着るシャツ、トレーナーみたいなのと、寝巻 が常に入っています。それを持って、手持ちかばんを持って(様々なものが放り込んであります。このかばんさえあれば、何とかなる と言うかばんです。仕事かばんですね。)、あとは現金を卸して終わり な訳ですね。
商売柄、普段の生活がらそうなのですが、妻がそれに近い事が出来たのには結構驚きました。

明けの月曜日は、ヘルパーさんが来て下さる曜日でして、お願いしてみたら、いつもの時間よりも、だいぶ早く来て下さり、『帰って来た時に、疲れておいでになると思いますから、食事は今日はなさらないでしょう?掃除と洗濯ものの仕上がったものを室内に干すようにしましょうか?』と提案して下さったそうです。ベテランのヘルパーさんです。現場のベテランの方は違います。
事業所さんの担当さんも違います。

朝10時に連絡して、午前中は他のお宅で仕事をされている、月曜日のヘルパーさんが、(いつもは14時半です。)13時には来て下さる事になり、その旨、妻あてに連絡も有ったそうです。

私の事業所も、利用者の方に必要が生じた時は、可能な限り対応させて貰っていますが、自分たちが利用者の立場だと、本当にありがたく思いました。

現地では、もう目の回る様な忙しさでしたけれど、17日の午後は、部屋にいて、余りに妻が疲れ切っていたので、按摩さん(昔ながらの白杖の方でした。女性の方を、とお願いしたんです)を呼んで貰って、少し神経を緩めて貰いました。

本日は帰るだけ にしないと、妻は精神病院の予約をすっぽかす事になりますので、昨夜、やっと、ホテルの中のレストラン(松坂牛の松坂市は、伊勢市の隣だそうです。牛は三重県の特産品だとか)で、三重県産の牛のしゃぶしゃぶ と言うのを、コースで食べました。久しぶりに食事をした と言う感じでした。

松坂牛はさすがに私には手が出ませず、食べさせてやりたかったですけれど、次に観光にでも来た時に、妻におごらせようと思っています。
二度と伊勢に行く事はない と言っていた妻が、今回、騒動の為に、20年ぶりに父親に会い、何やら話等して、良かったかな と思います。

妻は長くても1週間寝こめば戻ると思います。
父親を心配していた何も判らない時とは、今は身体はきつそうですけれど、大丈夫 と言う感じは見えるので、半月は寝込まないでしょう。

私は今日、帰宅して、とにかく風呂を浴びて、適当なものを食べて、仮眠して、今は洗濯機を回しながらこれを書いていますから、明日くらい寝こめば、どうにかなるかもしれません。


私の循環器の検査は金曜日。
『何かした?』って主治医に言われるかもしれませんね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック