bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



避難訓練
毎月ホームでは必ず実施しています。昨夜は私が夜勤で、全員の利用者さんが泊まりましたので、私がやりました。

障害者の方は、実に避難訓練慣れしています。ハイハイ、いつもの訓練ね、と言う感じです。

たまたま、ある研修会で、火事の現場で、軽い知的障害を伴う自閉症の方、在宅の方が、折角救助されたのに、儚くなられた話を聞きました。

非日常で、わさわさ落ち着かない訳です。救助した消防士の方も、消火に加わられ、『ここで待っていて下さい』と、ご本人に念を押し、『はい』と返答を得て、消火活動に戻ったところ。

1人放置される形になったご本人は、一番落ち着く場所に戻ってしまったそうです。
一番落ち着く場所は、火元の自宅の自分の部屋ですね。燃えているのに、そんな訳ない、と、我々は思いますが、実際に起こった悲劇です。

大抵災害時、急病で生命が危うい方が出た、等と言う時は、1人で4人を何とかしなくてはなりません。かなり前ですが、深夜にある利用者さんが、具合が悪くなり、提携先の医師がいる入所施設に駆け込んだ事がありました。当時は利用者さん3人でしたから、二人も起こして、私は車通勤なので、車で連れていきましたっけ。

少しでも、逼迫して貰うにはどうするか、災害時等の非常時の利用者さんの様子を、何とか推し測れないか、と色々考えました。

早朝、皆さんが床に入っている時にやろう、は、思い付いたんですが、ネタが思い付かなくて。普段の避難訓練は、普段ので良いのですよ。京都じゃありませんから、京都地検やら、科捜研や、京都日報ではありませんから、そうそう厄介は起こりません。普段は、避難場所に毎回ちゃんと行く、等をきちんとする事が大切でしょう。
これから避難訓練を始めます、と言うのは、とっくに止めました。いつもいきなり、です。しかし、全員がいる時間、と言うと限られて来ますよね。

ホーム長は考えて、20時頃にやったりしています。そういう事、必要だと思います。早朝、皆さんが床に入っている時にやろうと言うネタは、深夜と言うか、早朝に近い時間に、やっと思い付きました。

『隣の家に泥棒』です。

何でも良かったんですが、ホームは燃えていませんし、地面は揺れていません。泥棒が入りましても、ホームは何事ない筈ですが、それを言ってはおしまいなので。説明も何も無しです。『お隣に泥棒!』と叫びまして、起こして回り、寝間着のまま、外に出しました。

ネタだと言う事は伝えませんでした。パトカーがいるか、お巡りさんがいるか、を皆さんに聞き、当然居ませんので、『居ないね?居ないね?』と騒ぎ、居ないなら、悪い人は捕まって、もう居ないから大丈夫、と言う事にしました。

何故、隣に泥棒が入ったのがわかったかを聞いてはダメですよ。終始、危ないね、びっくりしたね、もう大丈夫、で通してみました。


少しだけ判った事がありました。自閉症のある方は、反射的に動けます。ある方は、避難訓練と同様の行動を、指示していないに取りました。もう1人の自閉症のある方は、玄関には一番に行きましたが、外には出ずに居ました。外に出なさい!と怒鳴る前に、最初の方が外に出て、安心したのか、怒鳴ると同時に外に出ました。

身体が覚えているんでしょうか。

最初に出た方は、本当の災害時に、1人でずんずん行ってしまう可能性がある様に思いました。

ダウン症候群の方二人は。1人の方は、ハイハイ訓練ね、と少し思った様子でしたが、私も寝間着、宿直室も、布団をはね除けたまま、私は逼迫している、で、半分何かが起こったらしい、と感じた様子がありました。もう1人の方は、何が起こったやら見当もつかぬ様子で、二階から玄関に連れて来ても、他の方が靴を慌てて履いている間に、自分の部屋に何回か戻りました。


研修会の時の儚くなられた方と同じですね。


終わって戻って、1人ずつに、もう大丈夫、と説明して回り、楽しく朝食にして、和やかになってきた辺りで、大分ほぐれてきましたけれど。

これが避難生活になった時は、又、違う難しさが、別の方に出るでしょう。

自閉症のある方等は、騒がしさが一発でダメですし、知的障害のある方だけでなく、一般の方でも、避難生活が楽しい方はありませんからね。


災害は来ないに越した事はありませんが。いつ来るかは誰にも解りません。

備蓄食料、水等は、3日分くらいは、確保してあります。入れ替えもしています。それでもすっかり安心、と言う訳にはいかないものですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック