bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



こんな感じ?
K3340002.JPG他のホームの利用者の方と、夕方の散歩に行きました。

利用者さんが何をしているか、と言えば、ご覧の通りで、冷たいコンクリートの上に、うつ伏せで、寝転んでいます。

実に見事に、一瞬で。

珈琲がお好きな方なので、喫茶店、しかも、専門店に行きました。際限なく飲む訳ではないのですが、ご自分で、うっかり半分以上こぼしてしまわれまして。

もっと飲ませろ!の、ジェスチャーですね。ホームに入られる前は、梃子でも動かない、等、日常茶飯事でしたが、ホームで暮らす様になられると、それなりに、ご本人が生活を学ばれます。

実は、別のハンバーガーショップの前でも、同様になりました。入り口に突進→一回ですよ→くねる様に、同じ状態に。

無理に引っ張ったりはしません。一回ですよ、と伝えて待ってます。ご本人のお気持ちは測りかねますが、言う事を聞く支援者なら、何度も珈琲を飲もう、と思っているのかな?

いまずら、お茶目かも知れませんね。もしくは、儀式とか?

そちらのホームは、障害程度区分、5の方が1人、6の方が二人、4の方が1人。全員の方に、行動援護がついているので。

夜勤は二名体制です。

ホーム付きの世話人さんが多いので、専任さんは、結構大変だと思いますが、利用者さんの生活の質は、かなり良くなったんじゃないかな、と思います。


拘り行動、等と、良く話題になりますが。

拘り行動をしている本人さん、拘り行動をしている時が、充実して、幸せかどうか、かな、と思う事があります。

精神疾患の方にもあると思いますが、拘らずには居られないが、拘りにより、生活の質、幅が、極端に制限されている事に、ご本人が気付けないとか。

不潔な方もあります。介助しようとすると、安い自尊心で、拒否なさる方。

清潔の快適さを知らないからかな、と思ったり。清潔保持に抵抗なさる方には、怒りっぽい方、ある割合で、おいでの様に思います。

どんなに重い障害があっても、地域で当たり前の生活を、なんて、私どもの団体はやっておりますが。


妻は別の団体さんの利用者ですが、劇的に変わりました。私がどれだけ出来ているか、は、判りませんが、生活支援って、家事をこなす事じゃない、とは思います。

家事雑用が出来ない職員さんに、生活支援はまともには出来ないのですが、最近は、家事雑用を嫌がる、するつもりがないプロもいますね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック