bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



腰椎狭窄症
のんびりさんの腰痛の原因が、やっと特定されました。この辺りでは、脊椎、頸椎、腰椎の病のトップの病院で、腰椎狭窄症の専門医に診察をして頂く事が出来、昨日、やっと判明しました。

椎間板ヘルニア、と言うのは、椎間板が変形して、中身が飛び出す為に、周囲の神経をつつく事になり、痛みが生じるもの、との事です。

突起しているものを、手術で取り除けば、痛みは治まるそうです。今は自費扱いですが、局所麻酔で、小さな穴を開ける内視鏡での、日帰り手術もあります。
立って歩いて帰れます。


腰椎狭窄症は、どうも、ものが違うそうです。

腰椎が潰れているのは、潰れていますが、腰椎の中を通っている、神経全体が圧迫されているんだそうです。

腰椎自体が潰れた為に、との事。

どうなるか、と言うと、神経そのものが侵害されているので、その神経が司っている役割が阻害されるとの事。

椎間板ヘルニアでは、神経そのものには、影響がないのだそうです。

腰椎狭窄症の症状で、好発するのは、司る神経の阻害による、痛み、痺れ、麻痺、硬縮、等とか。

これから検査が始まります。MRIが23日、そのご、造映剤を入れての、画像診断で、どの程度の状態で、どんな治療が相応しいか、判断が出る様子です。

造映剤入れるには、麻酔が必要ですし、入院も必要です。

私は、のんびりさんに1ヶ月に一度しか会えません。私が明らかにおかしい、と気付いたのは、11月の、たった1日会えた日の事でした。


毎日、利用者に接している世話人だから気付く事もありますし、毎日だと、慣れきってしまい、危機感を保てない事もあります。

ここ迄悪化してしまったものは、とやかく言っても始まりませんから。

老齢のご両親に任せきり、では困ります。今が急性期ですから、度々、遠い専門病院に行かねばなりません。

自分の心臓がイカれた時、頼れる人は居ませんでしたから、今思えば、かなり大変でしたし、危険でした。
私も重度の障害者ぬりましたけれど、理解と判断は自分で出来ました。

のんびりさんは、治療に暴れる等はしませんが、全快と言うか、保存療法と言うか、薬で何とかしようとしても、生活制限は理解出来ません。

脊椎。腰椎ですから、麻酔はどうするのでしょう?凄く痛そうです。

保存療法が効果をみるかどうか、私はかなり不安があります。切らずに済めば、それが一番助かりますが、根治しないと、症状を繰り返しながら、徐々に悪化。遂には、補強材を入れるやら、車椅子なるやら、を、ついつい想像してしまいます。

若い常勤さん。もう少ししっかりして欲しいなあ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック