bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



措置入院の方に面会
当地の警察は何をやっているんでしょう?当地からは、距離はそれほど遠くないのですが、電車の便の悪いところに、措置先の精神病院があります。

面会に行って来ました。

ホームページで見てみると、まあまあまともな病院さんかな?と言う印象を持ちましたが、こればかりは、自分が入院してみないと、判らないものです。

ただ依存症病棟等もあるので、比較的、先進的かも知れないと考えつつ、行きました。

1駅乗っては乗り換え、でして、4回乗り換えました。

病棟を探すと、見つかりましたから、入り口はどこ?と思いながら、しばしうろうろ。暗い自動ドアがあり、前に立ってみると、開きます。

開いたは良いですが、受付が見当たりません。階段も見当たりません。



と悩んでいると、丁度、看護師さんが、同じ自動ドアから入って来ました。

伺うと、どなたにご面会でしょうか?とて、誰々さんです、と伝えると、ああ!(あの、措置入院になった方!と言う感じ)と言われました。失礼ですが、ご関係は?との事でしたから(これは当然、看護師は聞かねばいけません)、支援団体の職員です、と答えて、エレベーターで案内して頂きました。

上がると、施錠された入り口みたいな所があります。面会票を書いて、インターフォンを押すと、解錠して、職員控え室みたいな所に、入れてくれました。

入ると、ナースステーションへの施錠を開けて下さいます。

ナースステーションに入ると、病棟への施錠を開けて下さいます。


閉鎖病棟ですね。


看護師さんの様子を見たのですが、それほど旧態然とした様子ではありませんでした。

ご本人は、心理学ビデオ?で、皆さんと勉強中。彼には、文字は無理ですが、ちゃんと着席していました。
看護師さんから声が掛かると、振り向いて、面会室に歩いて行きます。何度も面会が来て、慣れたのでしょうか。

しばし世間話をして、ご本人から、勉強に戻って行かれました。


さて。閉鎖病棟は判りましたが、病室は?

どうも差額のない普通の病室の様な気がします。暴れたりしている訳ではないからか、隔離室ではないようです。

病院さんの対応でしょうか。


旧態然とした病院だと、どんなものか、判りませんけど。

認知症病棟もあるようです。


ご本人は、入院だと言う事は、理解なさっていました。勉強をしている、大変だ、とも話しています。

団体の理事長に報告したら。


間違った措置入院なので、早く退院出来る筈との事。
ご本人は勉強に来た、終わったら帰る、の様な事も口にしています。

勘違い警察、謝罪だけでも早くしと、すぐ退院させて欲しいです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック