bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



腰椎続き
話はちょとまずいんです。

のんびりさんの腰椎です。あちこち調べてみると、この辺り一帯で、整形外科に特化した、専門病院への紹介でした。

私が通院している循環器単科の病院は、全国から患者さんが来ます。

同様に、市区町村レベルではなく、都道府県越えた範囲での、リウマチ、脊椎等の専門病院だったのです。

不勉強で知りませんでしたが、ダウン症候群の方で、中年を過ぎた方は、老化の一種で、頸椎がやられる方、かなりおいでだそうです。

どうやられるのか、はっきりはまだ良く調べて居ないので曖昧ですが、一般人が椎間板ヘルニア等になる時とは、少し赴きが違うようです。

当事者のご家族に、ご家族様ご本人が、若い頃から、腰痛に悩まされている方がおられました。

その方は、ご自分のお子さん=大人、中年です、は、障害が違うので、お子さんは症状の心配がないのですが、知り合いのお子さんがダウン症候群で、頸椎がやられ、大手術をされた事を話して下さいました。

当地方から、別の方向にかなり行った場所に、頸椎の手術に特化された病院があります。かなり遠いですが、身体障害のある方への訪問介護をしていた時期に、ご利用者のご希望で、車てお連れした事があります。主に脳性麻痺の方が利用されていました。

脳性麻痺の方にとって、頸椎は最大のネックなのだそうです。


同様に、ダウン症候群の方も、頸椎をやられてしまう方が多いそうです。

理屈は良く知りませんが、一般人が無理な力等が長年続いて、健康な骨に圧力が掛かり、遂には、腰椎が変形して、神経が飛び出すのより、厄介そうです。

イメージで言うと、頸椎、腰椎の骨が砕け散ると言うか、ぐずぐずになってしまう様子なのです。

のんびりさんも、腰椎の二番目、三番目が、この一月で、砕けた様な、潰れた様な感じになっているらしい。

骨が骨としての機能を果たさなくなっている?

五番目が、1ヶ月前は悪くて、内服薬で改善を求めたのですが、効果がなく、その時、それほどでもなかった、二番目、三番目が、今は形がはっきりしない程潰れている?砕けている?状態の様子。

今が急性期ですから、効果のある治療を探す迄に、しばらく頻繁な通院が続きます。ご家族は、かなり高齢ですから、ご家族が心身共に、疲弊してしまいそう。
何の為に、ケアホームに住んでるのか、判らなくなってしまいます。

困りました。私も骨のリスクが高い事は知らなくて。
のんびりさんと、ご家族様が、疲弊し切らない様にしなくてはならないです。


困りました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック