bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



腰椎が潰れる
しばらく前に、のんびりさんの腰痛の話を書いたかも、知れません。

ダウン症候群の方で、様々な成人病を抱えています。代謝が著しく悪いのでしょうか?ごく若い頃に、痛風を発症。以来、時に連れて、病気の数と、薬の数が増えています。

ごく若い頃に、かなり太っていたそうです。今でも立派な肥満ですが、今よりもかなり太っていたとの事ですから、成人病を作りやすい身体になっていたのでしょうね。

支援が入った10年くらい前からは、食事のコントロールをしていますから、一時は、5キロくらい、減らせた時期もありました。

私が倒れている頃、45歳を越えて、身体の衰えに拍車が掛かる年齢になられて。
殿様もそうですが、ダウン症候群の方は、身体の衰えは、今は+20歳、と言われています。40歳を過ぎた辺りから、加速度が掛かるとも言われます。お二人の場合は、45歳と同時に、ガタッときた感じがします。

鶏と卵ではありませんが、何が先かはともかく、ダウン症候群、代謝が著しく悪い、成人病リスク、心臓病リスク、それぞれが高いのです。


肥満体の方は、腰や膝を悪くする方がありますね。筋肉の部分が弱くて支えられない、のうちは、まあ何とかなります。骨に影響してくると、厄介な事になります。

殿様も、姿勢が固まっていて、稼働域がかなり狭いです。ばんざい、が出来ませんから。床に落ちた物を拾うのも怪しいです。胡座は、昔の習慣で出来ますが、正座の仕方は、忘れています。椅子に座る時は、片側に傾いた、おかしなバランスで座ります。身体が凝り固まって当然です。

しかし、殿様は、肥満体ではなく、骨の心配は無さそうです。だから、日常生活で、至れり尽くせりにしない、とか、制度でマッサージさんを使うとか、その域で今はやっています。

のんびりさんは、骨に来てるんです。

普段、ホームで勤務していないので、気づいたのは、11月の第二週の金曜日でした。普段は四名さん、全員泊まります。月に一度、休みの前の日に、お楽しみで泊まって貰ってます。

これにも課題がありますが、それはさておき。

11月は、のんびりさん、殿様、登録ヘルパーさん、私、の四人でしたので、外食に出掛けたんです。その時に、明らかに、のんびりさんがおかしくて、それで私が騒いだ事でした。

通院、検査等を経て、昨日、途中経過が出ました。椎間板ヘルニアの状態ではない、薬物療法で、改善が期待出来る、と判断され、1ヶ月服薬しましたが。昨日の診察では、服薬の効果は全く無かった、1ヶ月前と比べて、著しく悪化している骨がある、それらは、1ヶ月で潰れるにしては、凄いスピードで潰れている、と言う判断だったそうです。


その病院は、障害者の特性に理解深い、専門病院です。その中の整形外科でした。その病院では対応不能とて、更に別の病院さんに紹介になったそうです。

11月に私が騒いでから、3つ目の病院なります。本人さんは、痛みや不快感を適切に伝えられませんし、リハビリ1つするにも、本人が意味や内容を理解する事が出来ません。
元々、走り回る様なタイプの方ではありませんが、腰を悪化させない為に、と、自衛も出来ません。

そもそも本人が、腰が痛いと自覚があるかどうか、が怪しい。痛いところを聞くと、膝を示します。


ダウン症候群の方は、割合としては、男性の方が多いらしいですね。出生率も、少しだけ、男性の方が多いと聞きます。女性は、月経で出血されるのと、閉経で、女性ホルモン分泌が著しく下がる為に、貧血の方が割合として多く、閉経後は、骨粗鬆症なる方が非常に多いですが。

私の拙い経験では、ダウン症候群の男性は、多血気味の方が多いです。
多血は多血で困りますが、性ホルモンが、骨の健康担う事が大きいので、骨粗鬆症とは、余り関係ないようです。多血により、循環異常、血栓リスク、動脈硬化のリスクは高いですが、骨は余りやられない筈。


のんびりさんの人生の歴史考えると、腰に来てもおかしくない、とは思いますけれど、骨密度は、もしも測れば、正常な気もします。



色々思いは乱れる、のですが、私は医療職ではないですし、のんびりさんの家庭は、親離れ、子離れが全く出来ていないので、健康管理も、ホームが主導権を握れていませんし。




非常勤ですしね。私は。日常生活を見ているのは、若い常勤職員です。


潰れた骨は戻りませんが、寝た切りへの第一歩ですので、何とかならんのかな、と、ジリジリ思います。
それは常勤職員も、事務方の事務所の職員さんも、理事長サイドも同じでしょう。

健康保険は効きませんが、日帰り手術で、朝行って、夕方には、痛みが消えて、元気に帰れる、と言う、最新技術もありますが。

この先、他の骨もどんどん潰れる、では、意味がないですし。




どう支援していけば良いか、かなり考えています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック