bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お出掛けしました。
K3340006.JPGK3340007.JPG新年早々、妻は、調子が良くありません。まあ、いつも具合は良くないんですけれど。

今日は、精神病院の通院の日です。このところ、かなり不調な様子だったので、昼食に連れ出しました。

不調な時に、なんで連れ出すか?ですか?

時に応じて、ですが、鬱病から悪化した、躁極性障害ですから、不調な時は、大抵、鬱状態が酷く、動けない、と言う事になります。
ここ最近も、然りです。

余りに動けないので、身体の筋肉が固まってしまい、吐き気を催す程になっています。

一つの解決方法は、物理的に動かす事ですね。

動けない→循環しない→更に動けない→更に循環しない→以下エンドレス、に、なりがちです。

なので、昼食がてら、動かしてみたんです。

普段は、車で移動します。本日は、今日は病院に車で送るから、と、伝えて、電車で一駅乗りました。

昼食先は特に決めずに、駅前の、初めての、洋食屋に入りました。

ヨーロッパ風の洋食屋さんでした。昼食セットと、ケーキをそれぞれ頼みました。

写真は、私が頼んだ方です。


で。

食べている間に、妻の様子が怪しくなって来ました。
昼食を食べて、デパートでも冷やかし、本屋でも見て、夕飯の惣菜と、明日、ヘルパーさんが見えるので、食材を買って、等のつもりでいたのですが。

ふらつき、呂律が回らない、等が激しくなり、とりあえず、夕飯の惣菜だけ買って、すぐ自宅に戻りました。

家を出てから、玄関を開けて、帰る迄、全行程で、たった二時間です。そのうち一時間は、食事をしていただけ、ですね。

今にも倒れそう、つまづきそうですが、下手に手を取ってもダメなんです。

重心が崩れていますし、座り込んでしまうか、棒のように倒れます。気の毒ですが、自分で歩いて貰うしかありません。


それで、すぐ自宅に帰りまして、今は精神病院です。一時間くらい、妻は横になりました。


今はどうか、と言うと、今にも倒れそう、ではありません。不調ながら、普段と同じ状態です。

約束していますから、精神病院には、私が運転して、一緒に来ました。妻は今、診察室です。私は同行も滅多にしませんが、診察室には入りませんので、待合室にいます。

なんで、動かしたら、どうにもならない状態になったか、と、推察しますとね。
多分、電車で動かしたのと、行き先が明確に決まっていなかったから、だと思います。

半分承知で動かしたので。
あら。やっぱり電車で、かつ、目的の店が、普段行く店でないから、喰らったのか。と言う事の様子です。
私が車で送る=安心出来る、なのでしょう。本人の深層心理の中で。

本人は意識していません。

それが証拠には、自宅で横になれる時間は、一時間しかなかったのに、本人、それなりに、普段の様子に戻っていますから。



時に私は、百も承知で、妻に、負荷を掛ける事があります。後始末が出来る時に、です。

本日は、後始末も出来ますし、余りに循環していない状態は、何とかしてやりたいと思って、わざわざ電車にしたんです。

実際は、車の方が歩きます。店の掛け持ちもします。時間も長くなります。

私が車を出すと、本人は安心なのかも知れませんね。

昼食に出かける、とて、昼過ぎに風呂にも入れましたから、そんなのも影響しているのかも知れません。

どんな障害でも、障害故に、出来ない事、暮らしにくい事があるものです。




と言う事で、今は薬局です。抗鬱剤が増えたらしいですが、中身も何も聞きません。

本人が医師とやり取りするしかないからです。今の妻には、そのくらいは自分でやる力があります。

明日はヘルパーさんが見えます。普段は、洗濯物を干して頂き、食事の支度をして頂いています。

明日は洗濯物がないので、事業所さんに、電話を一本入れてあります。

明日は、洗濯物はありません、本人は、洗濯物を干して頂く代わりに、自室の掃除をして欲しいようすです、明日、本人とヘルパーさんで、適当宜しくお願い致します、と。

余程の時でないと、ヘルパーさんが見えてから、私があれこれお願いする事はありません。

医師と同様、ヘルパーさんと本人がやるしかないから、です。

その代わり、何か原因があって、本人の状態が悪い時は、障害者福祉課の担当さん、地域生活支援センターの、担当さん、ヘルパー事業所の、サービス提供責任者、の方々には、私から、連絡を入れています。


薬が出来たようです。本人が説明を受けていますから。

貰ったら、帰ります。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック