bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お節かな?
K3340004.JPGK3340005.JPG今年は、妻が、自分でお節の注文をしたい、と言いまして。

無理だろうな、と思いつつ、そのままにしておいたら、やはり、歩いて三分のスーパーに、注文には行けませんでした。

簡単な日保ちのする、お節セットみたいなのは、私が買って来ました。

夕飯をどうするか、と考えつつ、食材の買い物に行きましたら、ふと、昆布巻きが喰いたいな、と思いまして。

私の出身地は、海も山もありません。

昆布巻きの芯は、手抜きの時は、おでん等に入れる竹輪、手を掛けた時は、身欠き鰊です。

身欠き鰊、本物は、かなり手間隙掛かります。
昆布も、利尻かなにかの、出汁昆布が良いのですが、厚さが厚いですから、ちょっと面倒。

妥協しました。

所謂、煮昆布=質は落ちますが、薄くて、早く火が通るもの、と、ソフト身欠き鰊?なる、半端は身欠き鰊で、手を打ちました。


ついでに、煮しめを少し作り、夕飯は、妻が『大晦日の夕飯は、すき焼きでしょう?』と、毎年言うので、すき焼きにしました。

蕎麦は縁起物だから、除夜の鐘と共に食べるんですって。

私の出身地は、夕飯が蕎麦です。野菜の天婦羅くらいは、揚げる時がありました。

大晦日は、お節の煮しめを作っていますから、それらがおかずに登場します。

で、煮しめを久し振りに、作った訳です。

正式な定義は知りませんが、一つの煮汁で、味の出にくいものから、単品で煮ていく煮方の事です。

大根、人参、高野豆腐

おくら

蓮根

叩き牛蒡

昆布巻き

でしたかね?

昆布巻きなんぞ、20年振り?くらいに作りましたし、ソフト身欠き鰊と、煮昆布、では、私が知っている味にはならなかったですね。

ま。妻が、手作りのお節なんてのは、無理なので、毎年でなくても、たまには作るかな、と思いました。

これがアップされるには、ちと、タイミングが悪いですが、送信してみます。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック