bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



大晦日 その2
あと今年も半日ありませんね。

妻は完全にノックアウトでどうにもならぬので、正月らしくある必要は有りませんけれど、多少、備蓄食糧生産中です。

おせち代わりですね。

少し掃除もしたいのですが、リビングを掃除すると、隣の部屋が妻の部屋なので、起きてしまうんですよ。
起きると、『申し訳ないお化け』が出て、落ち着いて眠っていてくれません。
起きてきて手伝いなんかしようとしたりするのですが、転倒される方がよほど困るので、大人しくしていて欲しいのです。出来れば、気付かずに、熟睡していて欲しいです。

そういう時に限って、起きてしまうんですよね。

で、寝てろ と言っても、出てはこないけれど、申し訳ないお化け満載なので、休息してくれません。



ここしばらく年末の話等、書いていました。
私、そう言えば気付かなかったのですが、正月の松飾り、ここらでは、単純に「お飾り」と言いますが、松飾りを飾るのは、これは28日です。きまりきった事と言うか、当たり前と言うか。

鏡餅ね、御鏡 とここらでは呼びますが、あれ、いつ飾るって、特には無いんです。
大抵、お飾りと一緒に飾りますけど、28日ピンポイントじゃなくちゃ!とは、特には言いません。
家の中で外からは見えないからではないですかね。

職場は、もう、手作りの鏡餅を正月に飾りに来る親がいますから、28日どころではなく、もっと前に、私が自分の手で飾りました。幾ら全然日本の風習を知らず、大きなメモが付いているのに、わざわざスーパーのビニール袋にしまいこんで、台所の隅に「片付けた」バカでも、既に、居室に飾ってあるものまで集めて、スーパーの袋にしまったりはしないでしょう。

宗教はダメだ!とか考えて、わざわざ集めてきて、しまいこんでいたら、呆れますけど。
私は何度も言いますが、カトリックの信者です。洗礼を受けた、ローマ教皇様の下の、一番下っ端の信者です。
だから、正月飾りやら、鏡餅やらに、宗教色は無いんです。
日本文化の風習として、ご近所の目もありますし、「あそこは障害者の住いだから、常識を知らないのだ」と納得されたら困るから、自分の主義主張とは別にやる訳ですよ。

昨年も、すぐ飾れるように、一か所にまとめて、スーパーの袋の上(中から出して)に置き、大きなメモを付けたのです。で、その袋に放り込まれて、台所の隅の見えないところに片付けてあった。
正月の5日に出勤して、血の気が引きました。

今年はあちこちのご家庭に電話して回りましたが、『昨年は、常識の無い若い職員=責任者の生意気と、少し年が上の新人、が、飾るように指示してあるものを、又、袋の中に入れて、飾る事を拒否した為に、お飾りが無く申し訳ありませんでした』と言うわけにはいかんです。

『私、昨年、すっかりお飾り忘れまして』とでも言うしかないでしょう。

したらば。

手作りの鏡餅を飾りに来る親御さんが、『ああ、そうですか~。あっはっは。』と言いましたけど、『はいはい。昨年はお飾りも御鏡もなくて、驚愕仰天しましたよ』と言っている と思って良いと思います。


29日に鏡餅を飾ってしまったけれど、どうしたら良かろうか とお思いになった方がおられたようで、当ブログを検索で、探して下さった様子がありました。(どなた様だかは判りません。検索が有ったデータが出るだけですから。)まあ、家の中の事ですから、ひょっとしたら、御鏡も28日に飾るのが常識 かもしれませんけれど、私はお飾り(松飾り)は、常識的に、28日でないと と思っていますが、鏡餅については、特にないんですね。

何故でしょうね?

本当は、火伏せのお札 とか。
輪飾りとか。
門松(実家は分家で下から、やりませんでした。本家がやるんです。私の生まれた地方では)とか。
神棚の入れ替えとか。
お焚きあげに出すものを整理する とか。

様々正月を迎える行事は有ります。

今のご時世、一般のお宅で、そこまではやらないでしょう。
火伏せのお札、貰いに行きませんよね?
神棚自体がないでしょう?神棚に何が載っているかって、ダルマが載っているんです。
達磨大師が近くに有りましたから、達磨市に行く時に、古い達磨はお焚きあげに持っていく。
松飾りは、どんと焼きの時に、お焚きあげにします。

少し前までは、松飾りを、近所の神社のお焚きあげに持って行って下さる、老年のパートの方がおいででしたが、今年、退職されたので(ご高齢で との事)来年からは、私が神社にお焚きあげに持っていかないと、若いの、燃えるごみの日にでも出しそうです。

松飾りは、幾らなんでも、燃えるごみの日ではまずかろう と感じるのは、私がイイ年だからでしょうね。
品物は、工場生産の藁の様な材料の製品ですから、勿論、燃えるごみですよ。
地球温暖化の折から、家庭の焼却炉で物を燃やすのはいけません。
お祭りなどで、川に、流し雛なんかも、ごみを増やすから、ダメです。
海に何かを流す儀式も、ダメです。
正月飾りを、神社で、火をくっつけて、空高く黒煙上げて燃やす なんてダメにきまっています。

とは思えないのは、私あたりの世代が最後でしょうかね…


さて。正月の食料の適当に見つくろい、調理する の再開でもしますか。

妻は初詣に行きたいかもしれません。
妻は、伊勢の出身なんです。
隣が伊勢神宮です。
それは習慣として、初詣しますわな。

私は神社には詣でませんが、車でないといけないので、妻の様子が良ければ、夜中に誘ってみようかと思っています。
新年と同時に詣でるのが、妻の常識の様なので、そういうのは、大切にしてやりたいと思います。






とすると…

宗教のおしつけ反対!
神道でもないのに、無理やり、正月に神道の飾りものをさせられるのは、信仰の自由に反する!

ってのも、今は、常識なのかね…


単純に判断できなかったんだと思いますけど。
面倒くさかったとか。
別の宗教の親御さんがいて、非常識だと怒鳴られるのが面倒とか。
余計な事はしない方が楽とか。

聞けば良いんです。
そんなに気にするなら。つまりは面倒くさかったんでしょう。一番困ります。面倒だから、やらなかった。

盆の迎え火、送り火有りますが…
ホームには仏はおらんので、迎える人はいませんけれど、『ご自宅で週間になさっていて、ご本人様、無いと妙な感じを持たれますかね?』と聞いて回った事もあります。

風習、風俗は、宗教じゃないです。

私に迎え火焚かれてもちょっと困りますが、炊いてくれたら、バチカン市国から、飛行機に乗って、迎え火焚いてくれた人の所にちょっと寄ってもいいじゃありませんか。
そのくらい、パパ様(カトリックの一番トップの人を言います。)も黙認してくれると思いますよ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック