bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



大晦日
今年も終わります。

皆さまは、どんな1年でしたか?

私は、健康について、つくづく考えた1年でした。

心臓を切って一年半です。
二年半程前が、不調のピークであったでしょう。今考えると、いつ心筋梗塞を起こしても、おかしくなかった状態でした。

切ってすぐは、きつかったのですが、かなり抑えた仕事をさせて貰っていた頃は、切れば治るのだ、と、思いました。

少しずつ負荷を増やして、今は、かなり限界のところで、やりくりしています。
データはきれいですが、偽物は偽物。限界迄、主治医が切らなかった訳が、良く判りました。

本当は、事務職になれば良いのでしょうが、中年期からこの稼業に人生を決めた私には、どうも他の仕事は考えにくいです。

年齢的にも、50歳間近ですから、転職は難しいですし、他にやりたい仕事もありません。

身体と相談しながら、何とか定年迄、やれれば良いな、と、考えています。

妻は、退院から、この正月明けで、丸2年かと思います。入院前、退院直後からは、かなり自分をコントロール出来る様になりましたが、障害とは、一生付き合う事になるでしょう。

鬱病が悪化した、躁極性障害ですから、牛の歩みより遅い回復になる筈です。

妻の偉かった事は、生活支援を受け入れた事でしょう。医療支援だけでは、ここまで来るのに、もっと時間が掛かったと思います。

ごく近所に、支援事業所があり、私の勤務先とも、ある程度の縁があった事も、有難い事でした。

妻は、私の扶養家族に出来ない反面、私が権利享受は出来ませんが、税法上は、私と別世帯になります。

自治体内では、同一世帯です。

奇妙な関係ですが、私が扶養出来ない分、妻は非課税扱いです。収入合算がないのです。

その為、制度の枠内なら、1割負担がありません。はみ出した自費の部分だけ、私が支払っていますが、かなり安く自費部分を使わせて貰っています。

支援事業所さんにも、感謝に絶えません。


良くを言えば、私にも、生活支援があると、私が仕事も家庭も介護、本人は出来損ないのサイボーグ、から解放されますが、そこまでは、無理ですね。


職場の利用者さんも、老化著しくなって来ています。

自分が、病気のデパートだ、と言う事は、この稼業では、プラスの面もありまして、利用者さんの健康管理に、多少は目が届きます。
若い健康な職員さんは、実感がないのは、これはやむ無いです。

事業所も、難しいケースで、とにかく支援体制を整えなくてはならない利用者さんを抱えています。

その為、来年度に予定していた、ケアホームは、さ来年に延期です。

延期になったケアホームを利用したい、と計画していた利用者さんには、1年お待ち頂く事になります。

その方達も、いつまでも待てる事情ではありません。
ますます忙しくなるでしょう。

私は、それにはついて行けませんが、出来る範囲で、身体を壊さない様に、良く計画して、仕事をしたいと考えています。

心臓起因の身体障害者には、出来ない事もありますし、仕事中はサボる訳には行きませんから、いかに次の仕事迄に回復出来るか、が、鍵でしょう。

厄介な事に、外から見えませんので。

皆さまの来年の、ご希望はなんでしょうか。

私は身体を大切に、稼業に励む事と、法律の狭間に落ちた、稀なケースで、妻と婚姻届けが絶対に出せない現状に、打開策がないか、弁護士に相談、依頼をする事です。

婚姻届けを出すかどうかは、妻次第ですが、妻の人生中で、意図せず、私と婚姻届けが出せない状態の、解決策があるなら、してやりたい、と思います。

私自身は、婚姻届けには、拘りがありませんので、妻の書類上の状態を解消出来る可能性があるなら、そうしてやりたいですね。

妻は、自分の書類が、おかしな状態になってしまい、婚姻届けを出せない状態になってしまった事を、大変気にしています。

解消出来て、妻が婚姻届けを出したい、と希望したら、出してやりたいです。

希望しなくても、いつでも出せる安心を得られる状態にしてやりたいですね。

厄介な狭間に落ちていますから、弁護士さんでも無理かも。

ある法律の、小さな付帯事項に引っ掛かってしまったのです。

思いもよらず、で、妻は、申し訳ないお化けが、不調になると出てくるので。

来る年が、皆さまにとって、幸せな1年である事を、祈念しております。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック