bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



昨日の続き
昨日は、かなり驚きましたが。

遺族年金を受給する話ですよ。


さらに加えて、友人は、コントロールを医師と、自分とで出来ていますが、精神障害者です。

妻よりもベテランの方。様々な生活能力を会得されています。

でも、ご本人が、現在も精神障害者であり、日常生活に困難がある事は、妻と変わりません。

そんな方が、やむを得ず、万事休して、DV保護法を利用して、行政や警察の保護を公に利用していたから、お連れ合いと別居だった訳ですよ。

保護法利用者、と、どこかの役所が雛型で、印刷した書類だせば、不正受給なんかで無い事の証明者にぴったりでしょう?


お役所曰く。
お役人様曰く。

逃げる法律を使っていたのは知っている。
連れ合いには、扶養の義務があるから、連れ合いの収入から、こういう理屈で、生活費を引き出して良い事も、あなたに知らせた。


『実際に、あなたが、連れ合いの収入で生計を立てていて、同一世帯であったかどうか、は、行政は知らない。指導、助言は確かにしたが、利用手続きだけして、利用しなかったかも知れないし。連れ合いの収入宛にせずに、別世帯になって、縁も所縁も無い状態だったかも知れないし』

と言う事で、保護法利用に、手を貸してくれた、婦人相談員も、公僕だから、おかしな書類に、署名、捺印はしないそうです。



アルコール依存症による暴力から、命からがら脱出した、子供を抱えたお母さん、ですよ。

お母さんご本人は、精神障害者です。


友人は、病のコントロールを獲得していますから、妻よりもずっと、生活能力はあります。割り切りも出来ます。

しかし、障害者は治癒しません。


こんな弱者、困惑家庭から、何の不正受給を防止するのだ?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック