bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



遺族年金請求
友人宅に行って来ました。驚きました。かなり驚いたんです。

友人は、お連れ合いが、アルコール依存症で、暴力があった為に、別居でした。
したらば、ですよ。
介護屋の私も知らなかったのですが、別居していた訳やら、なんやら、説明の書類を出さないと、受給出来ないんだそうです。

まあ、それはやむ無いかな、とも思いますが。

様々な事情で、別居せざるを得ない夫婦もあるでしょう。別居中に、連れ合いが他界して、遺族年金請求と言うケースもあるでしょう。

私が何を証明したか、と言うと。

この夫婦は、遺族たる人が書いた通りの事情で別居していましたが、世帯としては、他界した人が、支えており、事実上の離婚、別世帯ではありませんでした、と、証明してきたのです。
戸籍上は夫婦でも、事実上の離婚、別世帯、だったら、遺族年金は受け取らせない、と言う事です。


まあね。

30年、片方の方が行方不明で、残った方が、家庭を全て支えていた、としたら。
残った方が先に他界されたとして、30年、各地放浪、国民の義務、責任を果たす事がなかった方が、行方不明だった方だとしたら。

残って、家庭を支え、国民の義務、責任をきちんと果たした方が、先に他界されたから、とて。

のこのこ出て来て、遺族年金請求したら、これはダメでしょう。

でも、こういうケースなら、各地放浪の方は、残した家族が他界するのを待って、貰うものだけ貰って、ドロン!とは、普通ならんです。

とにかく非常に驚愕唖然としたのはですね。

別居していたには、事情がありました、世帯としては、同一、もしくは、それに準ずるものでした、と、証明する人は、誰か、と言う事です。




三親等以上の親族でない他人、しか、証明出来ないんです。



複雑な事情があった家庭はあるでしょう。世帯としては同一か、それに準ずる家庭が、ほとんどと思います。

遺族年金を請求する家庭は、です。


連れ合いの親族は、残された遺族にとって、三親等内の親族、ではありません。姻族ですから、他人であり、証明出来ます。


これ、自分の親族が他界して、その連れ合いの遺族年金受給のために、率先して、喜んで証明する姻族がいる、でしょうか?

絶対居ない、とは思いませんが、他界した方の親族にとって、残された方は、赤の他人です。

親族が他界して、遺族年金は、他人の懐に入るのですよ。

じゃ、お隣のおばさんは、どうでしょう?
他人の家庭の金銭事情やら、複雑な様子やら、良く知っていて、率先して、喜んで、証明するのが普通、でしょうか?


これも、絶対居ない、とは言いませんが、余りかかわり合いになりたくないのが、ニッポンの世間、ではないでしょうか。

遺族年金を請求する家族は、他界した方の遺族年金がないと、生活出来ず、生前も、他界した方に一定の程度で、生計を支えて貰っていた、ご家族です。

遺族年金がないと、生活出来ないから、請求するんです。

その証明が必要、も、ちと納得しにくいのですが、他人でないとダメ、には、余りに驚いて、いやはや、言葉が出ませんでした。



要するに、親族だと、遺族年金を受給するに値する世帯状況にない、にも関わらず、結託して、不正受給するから、と言う事でしょう?



そういう不正受給かどうか、は、役人が汗をかけば良いのです。

他人に頼めなくて、受給出来ない家庭もありそうですし。

代金取って、変な商売する、不穏な輩も、絶対います!

友人はさばけた人で、権利がある事ですし、ないと生活が立ち行きませんから、私に依頼してくれましたけど、その私に白羽の矢を立てるには、やはり迷ったと思うんです。

私は簡単ですが、事情を知っており、かつ、稼業が介護屋です。お連れ合いの患った、アルコール依存症についても、知識があります。

一般家庭の周辺の、友人、知人に、障害者支援に特化した介護屋って、そんなにウロウロしていない様な気がしませんか?

ニッポンジンは、誰かのために、署名、捺印して、証明者なることを嫌います。
連帯保証人制度があるからです。私も、幾ら親しい友人でも、借金の連帯保証人にはなりません。それなら、進呈したつもりで、自分が融通します。

賃貸契約の連帯保証人なら、関係性によっては、なりますが。



その証明者になるために、片道二時間。

大切な友人ですし、制度の理不尽が判りますから、訪問してすぐに、署名。捺印しましたよ。

でも、私が引き受けたのは、高齢者のご両親に依頼するのは、ご両親に負担だから、だと、確信していた為です。


エライお役人様々、なんとかしないんでしょうかね?


関係ありませんが、妻と私は、婚姻届が、絶対に出せません。

それも、非常に稀な事例ですが、法律の不備の狭間に落ちたから、です。

私達は、自治体の運用上は、同一世帯に出来ていますが、これが相続になると、妻は私の財産の相続権がありません。

精神障害者で、高齢者なった妻が、あちこちの窓口をたらい回しにされるのは、こまります。

私は天涯孤独ですが、戸籍の上では、二親等の親族がいます。縁も所縁もないのに。

財産だけ、ちょろまかすとは思えませんが、何もしないでおくと、二親等の親族も、あれこれ煩わしい書類を書かねばなりませんし。
妻もかなり厄介な事になります。

相続権のある親族は、1人だけなので、遺言さえしておけば、遺留分は発生せず、庶民の範囲では、妻に相続税は掛かりません。

その為に、私は死なないうちに、公証役場で、公正証書で、遺言状を書かねばならん、と言う訳です。



なんとかならんのですかね?庶民が迷惑する仕組み。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック