bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日はボランティアです
私は基本的に、自分のスキルを、安売りしません。ボランティアと言う名前の只働きはしないんです。

寄付、募金、署名等は、出所がはっきりしているものは、します。

勤務先を通じて来た、ボランティアなら、少しは考えます。


本日のボランティアは、相手が、友人です。友人、知人なら、関係にも寄りますが、困っている友人には、全面的に協力します。

私の体調等にも寄りますけれど。


本日の友人は、かなり前の日記に出て来ますが、お連れ合いを、アルコール依存症で亡くされた女性です。
ご本人は、妻程ではありませんが、精神障害者さんです。

お連れ合いが、依存症による暴力が激しく、DV保護法を使って、3年半、逃げました。

そして、しばらく前に、お連れ合いが、ご自宅で、変死の状態で、発見されたのです。

死後10日以上経っていました。

本日の依頼は、遺族年金の受給に、第3者の保証人が必要だが、宛てが無くて、と言う事です。

ご両親は、ご健在ですが、高齢者ですから、明日、役所が閉まる前に、本日、友人宅を訪問して、署名、捺印するのは無理。

一泊なら、調子が良い時なら、くらい、場所も離れています。

私の住まいからなら、日帰り出来ますが、友人本人が、私の住まいを訪問して、署名、捺印を求め、とんぼ返りで、自治体の役所に提出するのは、無理でしょう。

精神障害者の方、妻を見ていても思いますが、自分で何でもしたくても、どうしても出来ない事が、山程あります。

お連れ合いが他界されてから、様々ゴタゴタがあり、友人本人は、切羽詰まっていますんで。

こちらから出掛けて行くわけです。

ついでなので、様々役所の手続き、代行してくるつもりです。友人にも知らせました。

障害程度区分取ったところで、お連れ合いが他界され、地域生活支援センターも、ヘルパー事業所も決まっていない筈ですから。

友人には、所謂キーパーソンが居ません。子供は居ますが、成人したばかりです。子供も、特殊な環境で思春期を過ごしましたから、精神科が必要な状態です。
片道2時間掛かるので、日常的なキーパーソンにはなれませんが、目鼻くらいは、つけて来ようと、考えています。

本当に、自立支援法の、申請主義、キーパーソンが居ないと、まともな生活支援が入らない、は、何とかならんのか?と、精神障害者で、支援が必要な方を見る度に、やるせない気持ちになりますね。

家族やご近所に、自立支援法のプロがいる、等と言う方、普通は居ないですからね。


なので、妻は、本日は、放りっぱなしです。数日なら、放りっぱなしでも、妻は何とか持ちこたえてくれます。

それは、医療支援と共に、妻には、日常生活支援が入って、大体一年になるから、ですね。

妻の支援元の地域生活支援センターさん、ヘルパー派遣事業所さんには、感謝に絶えません。

プロがたった一つ出来ない事は、家族に対する支援なので。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック