bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



自立支援法の限界に思う
私の勤務先のホームの利用者さんは、そろそろ中年を超えました。45歳くらいです。
ワンピースさんは、まだ、20代前半ですが、のんびりさん、コーヒーさん、殿様、は、みんな45歳を超えました。

緊急避難的に、ショートステイ枠にいる方は、58歳です。
重度身体障害者で、重度訪問介護を利用されている、一時は法人の理事も務めていた方は、今年、還暦を迎えられました。

私の妻も、55歳です。

自立支援法は、障害者の為の介護保険、と位置付けられていますが、実は限界があります。
年齢制限があるんです。

65歳超えると、介護保険に切り替えられてしまうんです。

又、介護保険法に定める特定疾患になられますと、介護保険法優先になります。
とても御若い方のケースは、余り詳しくないですが、40歳を超えていたら、介護保険法に切り替えられてしまうでしょう。
一般の方が、典型的にはアルツハイマー型認知症になられると、利用する生活支援は、介護保険法になるのです。

自立支援法の介護屋の方が優れた能力がある とは全く思いませんが、私ども自立支援法の介護屋が、高齢者の方の支援には余りスキルがないのと同じように、介護保険法の介護屋さんは、障害者への知識とスキルがありません。

一応、教科書には出てくるんですよ。
ヘルパー講習のテキストには、半ページ記述があります。
1枚の紙の裏表 ではなく(勿論、見開き両側でもなく)たったの、紙の裏か表の半ページ。
そこに、知的障害も、身体障害も、精神障害も、まとめて書いて有ります。
主には知的障害と、身体障害だったと覚えています。

私が今更、介護福祉士を受験しないのは、年齢で、物覚えが悪いから が一番の理由ですが、意味が少ないと言うのもあるのです。
介護福祉士の受験項目は、ほとんどが、介護保険法の知識です。
障害者に対する知識は、ほぼありません。
学習しても、仕事の役に立たない。

若い方なら、介護福祉士持っていて、良いと思います。
障害者支援が遅れているうちに、現場のベテランになってしまった者は、仕事の合間を縫って、介護保険の勉強している暇がないですね。
又、介護福祉士がなくても、障害者の仕事は十分できるのです。

それは障害者の仕事が簡単だから ではなくて、障害者の仕事には、今まで、障害者に特化した、資格試験等が無く、介護福祉士で流用していたから なのですよ。
逆に、介護福祉士を持っていても、ベテランの無資格の、障害者支援に長い、現場の介護屋にはかなわないのです。
高齢者福祉をしていた介護屋さんが、障害の仕事に乗り換えておいでになると、現場で苦労されます。
利用者さんも困ります。
雇用側も困ります。

逆もしかりで、私の様な、現場経験は豊富だけれど、高齢者の方の施設介護に疎い者は、たとえば、特別養護老人ホームなどには勤まらないでしょう。


と言う事で、介護屋と言っても、スキルが全然違うんです。


障害者の方は、自立支援法の下の事業所で支援を受けておいでになります。
でないと、人生が作れないからですね。
この方がたが、65歳を超えると、行き場所が無くなってしまうんです。
重度訪問介護の方は、ある程度まあまあ、何とかなりますが…
重度訪問介護を利用されている と言う事は、重度の身体障害者の方でしょう。
在宅ですね。
もしくはケアホーム。

介護保険事業所で、重度訪問介護利用者の方のニーズに応えられるのかどうか、行政がそれに必要なサービス時間の支給をするのかどうか、私は詳しくありませんが、甚だ疑問があります。

在宅で支援を受けながら、一人暮らし、ケアホームなどで、共同生活介護、共同生活援助(グループホーム)の方、高齢になると、在宅出来るのだから、要介護度が下がる と言う現象が起こります。
実際に、職員が常駐しているか、少なくとも、ご本人がホーム等にいる時間帯は、職員が常にいないと生活が成り立たない方はかなりおいでになります。

うちのホームの利用者の方々がそうですね。
ショートステイ枠にいる緊急の方もそうです。
私の妻もそうです。

介護保険にもグループホームが有るじゃないか と思った方、はい、あります。
高齢者の方のグループホーム。
思い出して下さい。
高齢者の方のグループホームは、『認知症』がなければ、入れません。
初期の認知症で、自宅に近い環境で暮らしていただく事で、進行を遅らせるのが目的です。

障害があっても、認知症がなければ、高齢者のグループホームには入れません。

折角、自立支援法の下のケアホーム、グループホーム、ケアホームやグループホームに付属する、ユニット型のホーム(形は一人暮らし形態ですが、どこかのケアホームか、グループホームの一部 の扱いになっていて、包括的な支援が受けられます。)においでになるのに、年齢制限超えると、行く先が無くなってしまうんです。

その方々をカバーする法律は現在は無いのです。
事業所に寄っては、高齢になっても、独自のシステムで、高齢障害者の方を支援しているところもありますが、それはあくまで民間レベルの話です。国の制度とは違う、会員制サービスの様なものを、その支援団体が作っている と言う事ですね。

当然、国からの補助金は出ません。
制度外の民間システムだから です。

と、高齢障害者の方は、自宅に親はもういません。
地域で短時間、介護保険法のヘルパーさんが入る では生活できません。

結局、特別養護老人ホームに入るしか手段がない と言う事になります。
特別養護老人ホームの職員さんは、認知症の方と、知的障害者、精神障害者の区別が付きません。
区別がついたとしても、障害特性に配慮した十分な支援は出来ないです。
施設介護そのものが、今、介護保険法の中でも、崩壊しかけていますから、その中で、障害特性に配慮して、等とは言っていられないんです。

身体障害者の方には、麻痺硬縮が強く、言葉が出にくい方、等がおられます。
言葉が未熟だ、精神的に未熟だ、衰えて、表現できない と判断されて、子供言葉でよしよしされてしまうケースもあります。

知的障害者、精神障害者の方は、認知症的な扱いを受けがちです。


更に厄介な事には、障害者の方は、認知症を併発しないとか、例えば、痰の吸引、経管栄養が必要にならない とは全く限らないですから…
成人病になりやすい方もありますので、年齢は45歳でも、身体の衰えは+20年、65歳に匹敵する と言う方もあります。典型的にはダウン症候群の方々でしょう。


殿様は、ずっとケアホームに居住していますが、65歳超えて、今のホームで、今の支援を受け続けられる保証は全くないんです。
知的障害重度ですから、その特性に配慮した支援の下、今は生き生きと生活している訳ですけれど、介護保険法に切り替えられてしまったら、何もしない、出来ない人=要するに重度の認知症の様な物 と、大規模施設に放り込まれてしまう可能性が高いんです。

大規模施設では、家庭の様な生活は望めません。
認知症のある方、特に重度の方は、ある意味、自意識が飛んでしまう方もありますから、そういう方と同じ扱いになってしまうんです。

認知症で自意識が飛んでしまった重度の方と、重度知的障害者とでは、全く支援方法が違います。
違うのですが、同じ施設の中に入れられてしまって、集団の中の一人 になってしまうと、幾ら、特別養護老人ホームの職員さんが、『この方は、認知症ではなく、重度の知的障害だ』と認識なさっていても、日々の業務の中で、扱い分けていく事は、現状、無理でしょう。

様々な高齢者の方々のニーズもある訳ですけれど、それも扱い分ける事が出来ない位の状態の所が多いと聞きます。
処置の類に駆け回っていて、その方の個性に合わせた支援が出来ない と、高齢者福祉の介護屋さんが主張されるのを聞く事もありますし。

で、介護屋全体の業界がしぼんでいく訳です。

実際、障害者の方の為の介護屋は、高齢者の方の為の介護屋さんよりも、収入がかなり低いです。
低いし、仕事は大変です。
好きでないと、介護屋は出来ない とか良く言いますが、あながち嘘でもない様な。


現在利用している、事業所さんが、自立支援法も、介護保険法も、指定を受けていれば、比較的問題は少ないです。
妻が利用している事業所さんは、赤ん坊から、高齢者まで、対応できます。
自立支援法の指定も、介護保険法の指定も受けておいでになります。
ただし、NPO法人さんです。

施設介護、従来の介護保険サービス等が、簡単に使えない方 が利用しているのです。
例えば、独居で、家族が無く(有っても、交流がない)かなり介護度が重い、高齢者の方とか。
家内の様に、自立支援法の精神障害者とか。

私の勤務先は、自立支援法の指定は受けていますが、介護保険法の指定業者ではありません。
介護保険の指定を受けると、障害者特化のサービスが出来なくなりますし、介護保険法の需要に応えられるだけの職員もいません。小さな小さなNPO法人です。

うちの利用者さんにも、高齢者ぎりぎりの方々が出てきています。
一人、二人なら、どうにかなりましょうが、今、利用されている方々も、いつかは高齢者になられます。
その時、私はいるか、いないか、判りませんけど、そういう時が来ます。
それは、民間の一団体が頭を抱える事ではないと思うのです。


妻のインターネットの友人が、『オーバードーズ』をして と言う事を、書きました。
良く聞いてみると、その方、一人暮らしで、天涯孤独、妻と同じ、躁極性障害Ⅱ型。
ここまでは、そんなに驚きません。

その先がどうしようか、私も悩んでしまいます。

手帳は申請中。
状態は、医療は入っているけれど、生活支援が入っていないので、その為に症状が安定しない、と言うか、どんどん悪化する。
で、『オーバードーズ』なんぞ、繰り返して下さるようです。
駆け付けられる所に、ご友人はいる様ですが、そのご友人は、ご家庭のある、他人です。
要介護者の方には、必ず、『キーパーソン』が必要ですが、キーパーソンがいません。

我が家は、私には支援は要らないですから、医療のみ利用、自分の生活は自分で何とか出来ます。
妻のキーパーソンは、私です。
法律のはざまに落ちて、妻と私は婚姻届が出せませんが、(不倫やら、愛人やらではありません。非常にまれなケースで、どうしても婚姻届が出せないのです。想像つかないと思います。運が悪かったとしか言いようがないんです。)私が実質的なキーパーソンだ と言う事になる様な、書類上の関係にしてありますし、その理屈も説明できますし、主張も出来ます。

ご友人がキーパーソンになれない と言う事はないのですが、ご家庭がありながら、又、ご友人ですから、他人です。一緒に暮らし、『住民票上の世帯が同一』にしてある我が家とは違います。

加えて、どうしましょう状態なのですけれど、『オーバードーズの方、ご本人は、若年性認知症を併発している』のです。アルツハイマー型認知症ですね。
年齢が40歳。
躁極性障害Ⅱ型の治療と、若年性認知症の検査は、同じ病院でしているようですが、リンクしていません。情報共有がないんです。
医療の現場では、生活支援はしませんから、誰かがその方の支援のキーパーソンになって、走り回らないと、何も始まりません。

日本の役所は『申請主義』ですから、その方は障害年金も受けておられないのです。
障害年金の申請、精神障害者、知的障害者の方で、ご自分で申請が出来る方は、おられません。
『誰かがやるだろう』なのです。

誰かがやっても良いのですが、ご友人がやろうとすると、非常な労力がかかるうえに、『本人の意思確認が出来ない。あなたは他人だ。』等と言う事も起こりえます。
ご友人にも、ご家族がある訳ですから、そちらの方を放り出して、『オーバードーズの方』に集中する訳にも行きません。

障害者支援のプロの私でも、妻の介護は、精神的な支えの部分に限っている部分が多くあり、かなりの部分は、妻の支援事業所さんにお任せです。

妻の場合は、私がプロですから、ある程度、役所にニーズを訴える事もでき、自費の活用と言う手段を使う事もでき、妻は精神障害者で同程度の辛さの方の中では、かなり恵まれた環境に有ります。

それでも、ヘルパーさんが入って、丸2年で、ようやく少し形になってきたかな と言う感じな訳です。
何も支援が入っておらず、現在でも、生活が全く回っていない『オーバードーズの方』に、若年性認知症を含めた、包括的な生活支援を入れるには、かなり専門的な知識と、役所や病院さんと野交渉が必要です。



こんな話を見る、聞くにつれ、年齢を重ね、人生の総決算 と言う時期に、何故、プロが入れないのか、理解に苦しみます。

ホームの利用者の方々の親御さんの他界後のケア、ご本人の終末期ケア迄、何とかしたい と思っていますが、実際にその時期が来たら、どう支援が出来るのか、私には判りません。


皆様はいかがですか?



最後に。

障害者支援の仕組みはコロコロ変わります。
都道府県レベルのシステムは、あっという間に消えてしまいます。
『みなし』認定 等は、本当に数年で消えます。
私も幾つのみなし認定や、都道府県レベルの資格等が消えたか判りません。

国は資格試験作れば良い訳じゃないんですけどね。
外国から、介護屋、看護師がいないから で、来日した『3年後に資格試験に合格すれば、日本に永住できる』精度で来られた、フィリピンや、インドネシアの方々、実は、既に大量に、帰国されています。

介護スキル、看護師スキルが低い 訳ではないのです。
日本語の試験でしか行われないので、難解な試験用語を獲得する事が出来なかったから なのですよ。
ご自分の国では、立派な看護師や、介護資格を持つ方々が、日本語の試験しか行われない為に、試験に落ちてしまうんです。

で、帰国させておしまい って、日本政府、東南アジアの方々を、バカにしていませんかね?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック