bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



精神障害者支援
妻と夕食を食べに行き、帰宅して、一息ついたら、何やら、妻に電話がかかってきています。



お姉さん?(実の姉と、妻は交流があります。)

どうも話が違います。
初対面の方の様に話をしているので。

良く聞いてみたら、妻のブログの友人の方(妻は躁極性障害Ⅱ型の立派な精神障害者ですので、友人の方々も、皆さん、精神障害者の方らしいです。実生活の友人ではなくて、インターネット上の友人との事)が、『オーバードーズ』をした との事でした。

妻は『OD』と言ったのですが、要するに、薬の飲み過ぎの事ですね。
昔の睡眠薬は、致死量があったので、死んでしまう方も有ったようですが、今の精神薬は、純粋な薬物成分だけだったら、致死量ありますけど、薬剤に加工してあるものは、絶対に致死しないようになっています。

まあ、大抵、吐しゃ物があるので、誤嚥したら死んじゃいますけどね。
大抵は誤嚥しません。

要するに、死なないの。


で、どうやったのか知りませんが、その薬の飲み過ぎをした人の所に、実際の友人の方が、駆け付けられて、救護に当られたようで、その救護者の方から、妻の携帯電話に、電話が入った様なのですよ。

インターネット社会、私にはさっぱり理屈が分かりませんけれど。


鬱病、鬱状態が激しい時の、躁極性障害の人、等は、抑鬱状態の時に、妙な事をやってくれる事が多くあります。

大抵は、『オーバードーズ』か、『リストカット』です。
いかにも死にそうですが、死なないです。
リストカットって、動脈切る人はほぼいませんので。

で、支援が必要な妻が、ブログの友人の方の、実際の友人(ややこしいですね。薬の飲み過ぎをした人と、その人の救護に駆け付けた、実際の方ですね。)の方に色々説明?している訳です。


それは困る。

と言う訳で、しばらく妻がしゃべっているのを横で寝っ転がって聞いていました。
妻は大丈夫そうなので、今は私は自分の部屋にいます。(うち、妻と私は部屋は別々です。暮らしにくいからね。)


さて。ここで閑話休題なのですが。

精神障害者の方に、医療は比較的すぐに入ります。薬も出ます。
じゃあ、薬で良くなって、回復するか と言うと、精神障害迄悪化している方は、無理 と言っても良い と私は思っています。

精神疾患の状態なら、回復できます。
私も精神疾患の経験がありますが、比較的軽症のうちに、医療機関を受診できたのと、その時の医師の対応が症状にマッチして、運良く、数年、社会をドロップアウトしただけで済みました。
今は、障害のある方の仕事をする、プロにもなりました。

薬は今も飲んでいますし、精神科は月に2回ずつ必ず受診していますが、それは再発防止と、心の健康管理の為です。医師も、来なくても構わない、薬はなにが必要か言ってくれ 等と言うくらい。


で、です。

医療だけでは何が足りないか と言うと、『日常生活支援』なんです。
凄く乱暴に断言すると、精神障害者に詳しい自立支援法上のサービスを行う事業所の、ヘルパーさんです。
ヘルパーさんが何をするか と言うと、掃除、洗濯、食事作り、等ですね。
制度上、『家事援助(掃除、洗濯、食事作り、等)』と、『通院介助(精神科に付き添いをする)』はどちらか一方のサービスだけしか使えない事になっています。
ヘルパーさんと通院をする と言う選択肢もあります。

どっちでも良いのですが。

日常生活に、プロの他人が入る事がとても大切なんです。


我が家は私がプロですが、プロであると同時に、家族です。
介護屋では常識ですが、プロがたった一つ出来ない事は、家族の介護です。

物理的な介護は出来ますよ。食事を作るとか、風呂に入るように促すとか。
でも、たとえば私、が、妻の介護を全面的にする となると、仕事が介護、家でも介護、になりますから、共倒れます。
又、家族であるが故の面倒もあります。
他人には遠慮も思慮深くもなりますが、家族って、遠慮がありませんよね?
だから、家族なんです。
家族で遠慮があったら、家族ではいられません。

プロの生活支援者が入りますと、生活そのものが変わります。

妻のケースしか詳しく見ていませんけれど、支援者が入るようになって、妻は劇的に変わりました。
妻に支援者が入るようになって、2年と少しになりますが、やっと最近、支援の効果が出てきたところです。効果が出るには、かなりの時間がかかります。
精神障害者本人が、支援を受け入れるのが非常に難しいからです。

精神障害になる方は、大変まじめな努力家が多いんです。(なってない、私は、いい加減 と言う事になりますね。実際、そうですけど。)申し訳ないお化け と私は、良く表現しますが、支援が必要な事も「申し訳ないから、お断りしたい」と言う事になっちゃうんです。

なので、実際に、非常にお困りの精神障害を持たれた方が、特に、独居の場合、社会資源(公的サービス、お役所のサービス、国のサービス等です)に支援を自ら求める事は、ほぼ100%ないでしょう。
妻もそうでした。

まず、公的サービスがある事を知らない。
知っていても、自分が使う権利がある事を知らない。
もし、知ったとしても、書類の手続きが煩雑で、自分では実行できない。
非常な努力をして、自ら、煩雑な手続きに臨むと、役所から『この手続きが自分で出来るので、あなたには支援は要りません。』と門前払いを食う。

役所が門前払いをする と言うのは、事実、多発しています。
本人が軽そうに見えるんでしょうかね。
もしくは、支離滅裂で、支援しきれないんでしょうか。
役所の職員は、医師ではありません。
ですから、机の知識はあっても、実際を知らないのかもしれません。

なので、『誰か』が、公的支援を入れる手続きをしなくちゃならないんですよ。
誰が入れるか が、非常に厄介な問題です。

我が家は勿論、私が入れたのですが、プロの私が入れても、元々は知的障害がおありの方のプロですし、現場の介護屋ですから、実はそれほど書類には詳しくなかったので、仕事に合間に、結構な時間を割きました。
(ついでに、翌年、自分が倒れるおまけ付き)

簡単に挙げてみても。

精神保健福祉手帳を取る

障害程度区分を取る
支援サービスを入れる為に、地域生活支援センターと契約する
支援事業所を決めて、契約する
支援内容を決める
支援が入る

障害年金が取れるか、検討する
医師に依頼する(一人の医師だけに依頼しては済みません。あちこちの医師に的確な内容の書類の依頼が必要です。)
申請する

これだけは最低必要です。
この一つ一つに、煩雑な手続きがあります。

日本の役所のシステムは、『申請主義』なので、どんなに困っていても、書類上の正確な申請を本人がしない限りは、支援は入りません。年金の受給も、高齢者の方が、自分で社会保険事務所、もしくは、国民年金課に、正確な申請をしないと、受け取れないのです。

知的障害者の方には、普通は家族がいます。
親がいます。
学校の教師がいます。
病院の医師がいます。

大抵は何らかの形で、親が支援を入れます。
かなり重度の方でも、何らかの支援は入ります。
質が良いかどうか は別にしてね。

身体障害者は本人が出来るケースと、難病等で、親がせざるを得ないケースとありますが、生まれつきの身体障害者の方は、何らかの医療がなければ、生きて行けないので、普通は、親と病院が何とかします。

中途障害の身体障害者は、上記の様に、親、家族が何とかするケースと、私の様に、本人がどうにか出来るケースと、あるかな と思いますけれど。


精神障害者には、家族に見放されて、独居の人も多くいて、その方たちは、最初は精神疾患の状態であったものが、病院で医師と面談し、薬を貰う だけで終わってしまう方が多く、そういう方のかなりの数の方は、精神障害まで行ってしまいます。

妻もそうでした。
私と一緒になる前に、既に精神障害者の状態だったと考えられます。
妻と私は、10年交流がありました。
が、家族として暮らしていない頃は、プロの私でも、当時の妻があ精神障害者だ とは見抜けませんでした。
精神疾患の人 と信じていましたから。

一緒になって初めて、精神障害の状態だと気付き、入院させるまでに1年近く?もっと?掛かっています。


妻の大したものだ と思う事は、どうにかこうにか、亭主の言う事を信じてくれて、ヘルパーさんを入れる事を承知した事です。
『このくらい、自分で出来る』と思うのです。
『申し訳ない』とも思うのです。
『余計な御世話だ』とも思うのです。

ですから、最初のうちは、ヘルパーさんが来る、3時間前から、化粧をして、着替えをして、緊張して待っていました。
ヘルパーさんが来られると、一緒になって、しゃきしゃきと働きました。
そのあと、緊張がほぐれずに、不規則になったり、寝過ぎたり。

経験の浅いヘルパーさんは、『鷹山さんの奥さんは、退院直後は調子が良かったのに、今はとても不調だ』と言うそうです。
それは違うんです。
ヘルパーさんに慣れ、緊張しなくなって、初めて、支援が意味を持ってくるんです。
出来ない事は何か が、判るんです。
出来ない事は、ヘルパーさんにしていただいて良い と納得が出来るのです。

今、妻は、ずっと不調ですから、ヘルパーさんが来られても、玄関のかぎが開けられない事が多くあります。
我が家は、分譲マンションで、入り口だけオートロック(裏から非常階段を乗り越えれば、幾らでも入れます。目立ちますけどね。だから、形だけのオートロックです。)なので、チャイムが鳴ったら、操作盤で、入口の自動ドアを開けないと、ヘルパーさんは入れません。
自宅の前でも、鍵を開けないと、中に入れませんよね。

私の実家などは、昔は、いつも開けっ放しでしたけど、さすがに、いまどき、そういう家は多くないでしょう。

と、妻が不調で、眠ってしまっていると、ヘルパーさんは入れません。
だから、契約書に記載して、合鍵を預けています。
決まりごとにのっとって、妻が開けられない時は、ヘルパーさんが、自動ドアのロック解除をして、自宅の玄関の鍵も開けて、入ってきます。

これ、精神障害者には、非常に、ネックになります。
実際に、鍵を預けていなくて、入れないお宅もあるそうです。
支援事業所のサービス提供責任者さんに寄れば。

今では、起き上がれなくて、ヘルパーさんが入ってくる事がとても多くなりました。
本人、ヘルパーさんが来た事くらいは覚えている事がありますが、お帰りになった事は覚えていないとか、判らないと言う事が多いですね。

まず、これが生活を立て直す一歩なんです。


最初に戻って、薬の飲み過ぎをした方は、案の定、独居の精神障害者の方だそうです。
支援につなげる知識のある方が、周りにいないのです。
いれば、支援が入っています。
生活支援が入っていれば、どんなに症状が悪くても、おかしな事はしませんし、ある程度理性が働きます。
生活もそれほど荒みません。

自分で、買い物が出来て、料理が出来て、ごみが出せて、風呂に入れて、洗濯が出来て、干せて、取りこめて、しまえて、掃除が出来る 人は、精神障害者ではないでしょう。
『しなくちゃ、しなくちゃ。』と焦りばかりが走って、何もできない のが精神障害者の方です。
その生活の立て直しには、医療だけじゃダメなんです。


その薬の飲み過ぎをした方は、我が家からは1泊では行けない土地にお住まいらしいとの事。
とても救護には行けません。
インターネット上の友人ですから、本名も、住所も判らないですし。


精神障害者=精神病院、精神科の薬 と思う方はとても多いと思いますけれど、それだけでは精神障害者の方は、最低限の社会生活を送る事が出来ないのです。
それは障害の為に、出来ない。
だから、日常生活支援が必要なのです。


これが浸透しません。

社会で、不具合な行動をしている精神障害者らしき人を見かけた事がある方は多いでしょう。
何故、彼らが不具合な行動をしているか?(精神障害でない方も結構おいでですけどね。)
『必要な支援を十分に受ける権利があるのに、その支援が入っていないから』の一言に尽きます。

精神障害を持たれた方、精神障害者のご家族がおいでの方、精神科に通院して、薬を飲むだけでは、解決しない事があります。
日常生活に十分に支援が入っていれば、本人さんは勿論、辛いですけれど、薬の飲み過ぎなどはしません。
する価値がない事が理解出来るから です。


まず、障害者福祉課の存在が知られていないですしね。
地域生活支援センターの存在をご存じの方は多くありません。
まして、障害程度区分を申請し、区分を取り、地域生活支援センター経由で、支援時事業所を見つけて、契約し、必要な支援を公的サービスを利用して使う 等と言われても、何が何やら、さっぱり判らない方の方が絶対に多いんです。

精神病院に、厚生労働省がポスター一枚掲示するだけで、かなり違うと思うんですけどね。





スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック