bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



満員御礼
病院と言うのは、待たされる、と言う事がありますね。

私は余り待ちません。予約管理の大病院か、街のお医者さんか、予約制の街のお医者さんだから、です。

まあ少しは待ちますけど。

今日は循環器の病院が、何故か満員御礼です。


まず、採血室混雑の札が出ています。これは前回もそうでした。

この病院は、循環器の病が確定している患者が、その人なりの定期的なスパンで、通院する病院です。

循環器単科ですから、予約無しの飛び込みの患者は、ほとんど居ません。

救急のケースは別。私も退院直後、苦しくて、病院に連絡した上で、日直の医師に、お世話になった事があります。

採血室混雑の札が出ていても、検査がバタバタと言う事は、ほとんどありません。

今日は、検査も大混雑でした。珍しいです。

混雑するのは、心電図検査ですね。


一般病院や、健康診断での心電図検査は、患者も慣れていませんし、普段は心電図なんぞ、撮らない小さい病院さんもありますから、多少手間取ります。

循環器単科ですと、初めて循環器の病が疑われて、初診で来た患者でもなければ、患者も慣れていて、早いです。


それがかなり検査待ちのストックが溜まっていました。


こんな感じだと、検査技師さんも、普段は絶対やらないミスをされます。

この病院さんは、循環器単科としては、日本でも指折りの病院さんです。スタッフさんの技術も、非常に高いです。


それが、本当に珍しく、採血室の臨床検査技師さんが、採血に失敗されまして。
血液が十分、採れなかったんです。

私は左右の腕、どちらからでも採血出来ますが、ちと厄介があります。

それぞれ採血出来るポイント、数ヶ所ありますが、右は、以外に細くて深いです。左は浅く、やや太く、採りやすいのですが、弁が血管内部にあります。

弁は刺してみないと判りませんが、刺すと、ちと痛いかな。痛いのは慣れているので、何とも思いませんが、後で酷い皮下出血になるのでね。

今日は右から採ったら、ポイントが悪かったらしく、不足でした。確かに私、朝から水飲んでなかったですし。

多少、針で探られたので、後で酷い皮下出血しますね。


とにかく採血して、レントゲンに回りました。レントゲンは毎回は撮影しません。


息吸って、止めて、撮影して、終わり、ですよね?


レントゲン技師さん、音声に合わせて、シャッター切り損ないました。カシャッ!音がしない。

『鷹山さん!そのまま動かずに、もう一度お願いします!』

二度目は、シャッター音がしましたよ。

採血でも、レントゲンでも、なんて、初めてです。
それだけ混雑しているのでしょうね。

普段より、何故かかなり早く出て来たのですが、予約時間を、一時間程オーバーしています。

まだ呼ばれません。13時近くなりそうです。こんな事、私は初めてです。

技師さんたちも、金曜日に、こんなに混雑するのは珍しいです、等と、言っておいででした。

通常の予約枠ですから、寒い為に、救急搬送、と言うわけではない様です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック