bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



殴り込み?
ヤクザの喧嘩ではありません。

1週間程前、ホームの利用者のご家族から、苦情がありました。

特定の職員が夜勤の時に、特定の利用者さん同士で、揉め事が起こるのです。

見た訳じゃないので、憶測ですが、私ももう、駆け出しとは言えませんので、大体合っているかな、と思う事があります。

ご家族の、特に、お父様が、堪えかねて、明日、ホームの会議があるのですが、そこに参加なさいます。

憤懣やる方ない訳でして、かなり立腹されると思います。

お母様も隣席されますが、お父様は、普段穏やかな方ですが、立腹されると、かなりなご様子になります。
で。

殴り込み、の様相を呈するだろうな、と言う訳です。
事柄の解明は、ほぼ出来ていますから、まずは、お父様に、腹の中を全部ぶちまけて頂いて、冷静になられたところで、向後の話に持って行くつもりでいます。


あらましは、こうです。

年配の方が、特定の職員がいる時に、若い方に、謝罪を要求されます。

若い方は、要求された時点では、何もしていません。
その為、特定の職員は、年配の方を厳しく叱ります。
後で、怒ってごめんね、と、フォローしているそうです。


実は、かなり込み入った話なんです。

年配の方には、独特の正義感があります。
若い方は、ホームに来る迄、様々な難しい生活環境があり、嫌がる相手に、対抗心を燃やすと言いますか、他人が迷惑な行動を取る事があります。

そこに、特定の職員が、若い方も、厳しく叱りますので、話がこじれているのです。


年配の方は、悪い事をしてはいけない、と、固く確信しています。

で、自分が一番上だと信じています。他の方が、何か、年配の方の正義感に触れる事をすると、自分が他の方を叱りたい訳です。


私は、他の利用者の方の目の前では、特定の利用者さんを厳しく叱る事はしません。

正義感で、自分は棚に上げて、他の利用者の方を叱りたい年配の方にも、他の方にも、優劣をつけふ羽目になるからですね。



と書いて、アップ出来ずにいたのですが、本日会議に、ご両親が参加されました。

立腹されてから、1週間くらい経っていますし、誤解の元になった、連絡ノートへの、記載の仕方がまずかったそうで、その辺りを、理事長と、当該職員が謝罪をしまして。

怒りは収まっていて、何がどうなったのか、どうすれば良いか、の話が出来ました。

1ヶ月以上、ゴタゴタしていたのですが、丁度、今朝、年配の利用者さんが、『○○くんと、仲直り』と、度々呟いていたそうで、年配の利用者さんは、ご本人なりに、何か納得が得られたのかも知れません。


お母さんが、言っておいででした。

親から離れて、かなり成長し、自我が芽生えている、と感じる。

自我の芽生えは、成長の証だが、ついでに、不具合な事柄を思い付く事が、おまけについてくる。

本人の自我は認めた上で、障害があることで、不具合な決定、行動が出る時は、本人に判る様に、行動を止めて下さい、と。

当該職員さんも、原因究明だけが必要ではないことに、気付きました。


ふう。


殴り込みにならずに済んで、やっぱり良かったです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック