bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



やさぐれる?雑感

やさぐれ刑事




こんなの、ご存じですか?1976年の、松竹映画です。
知りません。全然。

なんで、こんなのが、出てきたか と言いますと。
本日、精神科に行きました。
主治医に『最近、ちょっとやさぐれています』と言ったところ。
『昔、やさぐれ刑事(デカと読むそうです。)って、あったけどね。』と。
こっちは知りませんから、『先生、古すぎます!』と言って、帰ってきて、さっき、調べてみたら、松竹映画だそうで。

見た事も聞いた事もありません。

やさぐれる の話は、先日書いたと思いますが、根無し草感の話ですねえ。


ある程度経験は有るので、その場しのぎの現場、どうにか出来る事は出来ます。

私の考えでは、介護屋って、その場の支援が出来れば良い とは思っていないんです。
その方の人生を見る仕事だと思っています。
主役は利用者さんです。
私は、良い観客と言った役どころだと思っています。

その場しのぎの仕事をこなせると、よりどころを失いかけてしまいます。
何の為にこの仕事をしているのか、意味が見出しにくくなってしまうんです。

障害の仕事をしている訳って、ひょっとすると、こういう事がしたかったから かも知れませんね。
現在の職場になってから、丸6年。
当初はとにかく、ケアホームの仕事が出来る事業所に絞って(当時は、グループホームです。施設入所じゃない生活の場所の仕事を探していました。)1年間、他の仕事をしながら、本当に探しまわって、やっと見つけた団体が、当団体でした。

当時は、私もまだ若くて、心臓も存在を忘れる位でしたから、まさか、当事業所の仕事をしていく事が、自分の心臓に多大な負担を掛ける結果になるとは思ってもいませんでしたしね。

で、遂に心臓が壊れて、かなり瀬戸際まで行って、居場所を失ってしまった感がある訳です。


そんなこんなで、『やさぐれる』という表現を使ったのですが。

映画そのものは、見ていないし、DVDを借りる気もないのですけれど、1976年と言えば、私は、12歳です。小学校6年生かな?

当時は、映画館で映画を見た事は無く、初めて映画館で観た映画は、母に連れられて、親戚一同のいとこが何人か行った、『宇宙戦艦ヤマト』でした。中学生?小学生だったかもしれません。

そんな時に、どろどろした とか表現してある映画は見なかったでしょう。テレビじゃない様なので。
原田芳雄さんの主演の様ですね。
つい先日、惜しまれながら、儚くなられましたけれど…
御若い時ですから、全盛期の映画かな と思いました。
実際はどうなんでしょうか。

私の手元には、今、ジェイソン・ステイサム氏の、メカニック があります。レンタルしました。
ジェイソン・ステイサム氏、人気があるのかは知りませんが、好きなんです。
木曜日までに返さなくちゃいけないので、明日、見られると良いな と思っています。

やさぐれ感は、どこから来るか と考えると、どうも、こんな事の様な気がします。

支援とは、継続していくものです。その場限りのものではありません。
特に私の主に接している利用者さんたちは、親御さんが、いつ儚くなられてもおかしく無い年齢の方たちで、利用者さんご本人方も、中年を過ぎたと言っても良い年齢になられました。

やはり、親御さんが儚くなられた後の、ご本人への支援、ご本人の老後、病がちな時期、看取りまで と見ていきたい自分がいる訳です。
私自身も同年輩ですし、立派な重度身体障害者で、起因疾患が心臓ですから、一番御若い利用者さんは、きっと、私の葬式に出てくれるでしょう。

何人かは、見送りをしたいと思っていますが、そこまで私が仕事が出来るかどうか は判りません。


今般、ご家庭の事情で、緊急ショートステイ枠を、半年潰している方がありますが、その方の支援先も、行政のストップがかかっていて、必要な支援が確保できない状態に有ります。
『自尊心の高い、軽度の方への支援』みたいな記事を書かせていただいた事があると思います。

彼とは、些細なことで、ご本人が勘違いをして、私たる支援者を、敵視する事で、何かを納得させていた感じがありましたが…
2週間が経ち、ようやくほぐす事が出来ました。
放置していても、ほぐれません。
何かをしないとダメです。

じゃあ、彼にもかかわっていく事になるのかな と思ったら、もう今年は彼の仕事は有りません。



???


事業所がいっぱいいっぱいなのは、理解していますし、ニーズは増えるのに、支援者の数と、スキルの数が足りない事も良く判っています。
そんな時に、ある程度『穴埋め』的な使い方をして貰えるのは、まあまあ落第でもないからだろう とは感謝していますが…

経営側、事務方なら、又、話は別ですけれど、もしくは、登録ヘルパーの立場なら、どんなに熟練していても、スポットな仕事をこなしていただく事になるのですが。
私は健康上、非常勤とは言え、職員です。
自由な生き方を求めて、非常勤の立場におられる方もありますが、私はそういう方とは、感性が違います。

そんなことで、しばらく前から、大いに『やさぐれて』居る訳です。


ま、映画の話は、『先生、古すぎて判りません!』と言う事で、人の年齢って、意外に判りませんが、私が12歳の時の映画をご存じなら、5歳や10歳は年上かな と思った、と言う事です。
5歳年上なら、妻よりは若いですね。妻は55歳になりました。
10歳上なら、妻よりも更に年上です。
そう言えば、初診の頃(平成8年だそうです。15年前ですね。そんな頃~、浮気せず?ずっとお世話になっています。)は、白髪は無かったな…センセイ。(私もありませんでした。)

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック