bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



てんかん発作
てんかんをお持ちの方は、障害者の方だけではなく、実は、一般の方にも、かなりおいでになります。

抗てんかん薬で、コントロールされている方もありますが、自覚が無い方もあるそうです。

私は余り詳しくないのですが、脳波に、てんかん波が出ている方、だそうですね。

かなり前、入所施設勤務だった頃、てんかん波が、常に起こっているが、発作寸前で止まる為に、薬でのコントロールもあって、てんかん発作を起こさない方がありました。

何秒起きに、常に出ている方、と、聞きました。


昨夜、ショートステイ枠の建物で、夜勤でした。

てんかん発作が毎日出ている方が、宿泊されました。良く知っている方です。

昼間、移動支援で、自宅から外出して、夕方近くに、ショートステイの建物に、ヘルパーさんと来ました。

昼間も、発作寸前の様子があったそうですが、夕方〜夜に掛けて、発作が続きました。

かなりの量の、抗てんかん薬を飲んでいますが、毎日の小さな発作は治まりません。

昨夜は、18時前〜22時半迄、断続的に、4回山があり、一回が、最初は20分くらいだったのが、最後は一時間以上続きました。

幸いに、痙攣、泡を吹く様な発作ではなく、朦朧発作です。体は硬直してしまいますが、大発作ではありませんでした。


表情悪化、朦朧様、体の硬直、意識がはっきりしない、手等が無意識に動く、言葉が入らない、眠れない、指示した動作が出来ない、等です。

私は、実は、こんなに大きなてんかん発作は、見た事がないし、対応した事がないのであります。

余りに長いので、0時過ぎても続く様子なら、救急搬送しよう、と思いつつ、付き添いしていたら。

22時25分には、カチカチに硬直していたのが、30分には、意識消失か、眠ったか?と言う状態になりました。

反応を確かめると、ありません。呼吸は、睡眠時の様な呼吸です。

布団に足を投げ出して、上体を起こした状態で、朦朧、体が硬直していたのが、試しに横にしてみると、すんなり倒す事が出来ました。

そのまま眠ってしまったのです。

就寝中に、体に力が入って、起きている時とは、少し違う硬直もあり得るそうです。

又、就寝中に、吐き戻して、それを誤咽してしまい、亡くなられた方も、知っています。

流石に熟睡する訳には行きません。


かなり眠りが深くなり、安定してから、少しだけ仮眠を取りました。


うちの団体では、初めての、大きな発作ではないか?と、ショートステイ枠の責任者の職員さんが、連絡をくれました。

こんなに続くと、ご本人も疲労困憊です。

朝は一度は覚めましたが、又、眠ってしまいます。
結局、お迎え予定だった、お母さんが、起こして下さいました。

お母さんは、迎えに来て、通所バスの停留所迄ご本人を送って、そのまま出勤される予定でした。

起きてからも、反応が鈍く、食事は自分で食べましたが、着替えやらが出来ませんし、言葉が通じにくかったです。


通所先に、私が車で送りました。送る車中で、やっといつもの利用者さんに戻り、一安心。

担当の職員さんに申し送りを済ませて、再び、ショートステイの建物に。

書類を事務所に送らなくてはなりません。


今週、神経科の通院の予約があるそうで、相談なさるとの事でした。


てんかん発作は、俗に、回数の分、寿命がかけ算で短くなる、等と言われます。
薬も大量に飲んでいるので、食事をしないと、飲ませられません。

年々激しくなる様子ですから、何か良い方策がないか、心配ですね。


私のホームには、幸いに、てんかん波がある方は、おられません。

とにかく、本人さんは、元気になり、ほっとしました。

何か特効薬が出来ると良いですよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック