bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



あーあ…(苦情処理委員会?)
何かまずいな とは思っていたのです。

あるご利用者の方が、私が一応世話人の肩書でまだいる、いつものホームの生活の事で、理事長に苦情を持ち込まれました。

ご本人、この1カ月半くらい、(私は日常を見ていないので、何が起こっているのか、さっぱり判りません。)ある特定のご利用者の方に対して、その方が、その時は、何もしていないのに、『ごめんなさいは!!!』と要求するようになった と言う事柄がある事は、少し前から聞いていました。

で、常勤さんたちは、『相手の方は、何もしていない。何故、怒るのか?』と、きつく叱っている と聞いています。


あのね。人間の行動って、理由なしには起こらないんです。
私どもでも、たとえば、誰かに会社で意地悪をしている(たとえば私が)としますとね。
意地悪している、と言うのは、客観的な他の方からの目線なのですが、実は、相手の方に、陰で、何やら不都合が仕打ちを受けていて、と言う様な事があるから、いじわるをする訳です。

我々の場合は、性格の不一致とか、行き違いとか、それぞれ、本人同士が、人間関係をこじらせる訳ですけれど。


ホームのご利用者の方たち、適切に表現する事が難しい方、おいでです。
色々な意味で。色々なケースで。

当該、ご利用者の方は、正義感が非常に強く、お相手様が、何かのタイミングで、何か、ご本人から見て、『悪い事』をした事があったのでしょう。

それが、社会常識的に、『悪い事』かどうかは、別の話です。
本人さんが、『強くそう感じた』事があるんでしょうね。
お相手様は、自覚ない筈です。(様々な状況から考えて。)勿論、いじわるをしようとか、叩こうとか、ご本人を困らせようとか、そういう事は無い筈です。(これも状況から。)


そこまでは、起こった事は仕方がないんですけれど。


たまたま、通所先への連絡ノートやらなんやらに、『ご本人は、いついつ、誰誰さんに対して、理不尽に怒る行動があり、最近多くて困っています。今朝もあり、強く叱ったところ、自分が悪いのに、泣いています。』みたいな記述を、度々、常勤さんが、これも他意なく(いや、有ったかも知れない。若い常勤さんには、少しまだ、何事か起こる時には、どんなに宇宙の理屈でも、何かがある と言う事が、なかなか見抜けない事もあるようです。)、起こるたびに、記入していた のかも知れません。(日常いませんから、全く判りませんが。)

それを見た、ご両親は、『そうじゃないだろう。うちの息子が、一方的に理由もないのに、お他人様を侮蔑する様な行動はしない。何かがあったはずだ。』と感じます。

支援者と、ご家族の、ミスマッチです。

で、話がこじれて、『来週からは、ホームを休ませる』話が、理事長に行き、厄介な事になり掛けています。

『うちの息子は悪くない。相手が悪いに決まっている。』ではないんです。
『障害のある息子たち(お相手様も含めて)なので、こういう行動に息子が出るには、何か宇宙の理屈でも、事柄があって、それが本人の中で、納得いかないか、事柄が解消されていないか 何かがあるはずだ。』と言う事なのです。

それを、支援側が、『お宅の息子さんは、何もしていない他のご利用者の方に対して、理不尽に攻撃をしています。』みたいに思える記述などを続けていると、不信感を持ちます。

支援者への不信感から、『来週からは、無期限で休ませます』みたいな極論になっちゃうわけです。

幸い、理事長がその話を、直接、ご家族から、聞いた様なので、ご家族に、支援側の会議にご出席願う と言う事で、一応はまとまりました。

私、差し出がましかったのですが、昨夜、ご自宅に電話をしまして。

『ご本人が、理不尽に、他の利用者さんを、攻撃しているのではない事は、判る。ただ、普段いないので、何が起こっているかは、判らない。お相手様は、ご本人よりも、お若いので、ホームでの暮らしになじむにつれて、様々なホームでの暮らし方を色々築いていく中で、行動変化が激しい可能性があるから。(当該利用者さんよりも、お相手様の方が、20歳若いんです。ホームに来たのも、2年遅れくらい。)その行動変化等を、ご本人が何かの具合で、受け入れられないとか、余り好きな行動ではなくて、職員に判って欲しい とか、そういう事もあり得ますね。』

等とお話して。

『誰が悪いではないと思われるので、ご利用者の方、みなさんが、平穏に平等に、楽しく暮らせる様に、支援者として、出来る限り、良く考える。お父さまが会議にご足労下さると聞いていますので、皆様の意見を出し合って、よりよく利用者さんが暮らせる様に、共通認識を持ちたいですね。ご自宅での、お心当たりのある事や、普段、こういう事があると、受け入れられない と言う様な事を、お聞かせ下さい。みなさまで色々とお話をしましょう』

みたいな『火消し』をやる羽目になりました。

お相手様もきっと、大した事をやった訳ではないだろうと思います。
大問題な行動があったとか、ご本人が、お相手様を、理不尽にいじめている とか、そういう話では絶対にない筈で。

ご家族様も、『相手が悪い事をしているのだから、相手を怒って欲しい。うちの息子は無実なのに怒鳴られた』と言っている訳ではないんです。


このあたりはねぇ…

偉そうな事を言いますけど、重度の障害がある方への生活支援者は、想定に置く、最初の事柄が、こういう事なのですよ。その場の見た目でだけ、判断してはダメなんです。
判って、何かを探ってやるとか、原因特定が必要な訳ではなくて、『イヤな事が有ったんだね。今は大丈夫?』的な、共感をしてあげることで、納得がいかずに、いつまでも、繰り返し思い出しては、理不尽に何もしていない方に、怒鳴る様な行動をする事はなくなる筈なんです。

どうやら、納得したらしい、行動が治まって、みなさんが平穏に暮らす様になった ならば、それで良いんです。原因ははっきりしなくても。

その場の見た目だけで、叱っていますと、叱られた本人さんは、頭は整理できないですけど、『理不尽な事をされた』とか『相手の方は、この間、こういう事をして、それを認めて欲しいんだ』と言う様な事が、ぐるぐる頭の中を回り…

と言う事が起こりえます。

そのご本人、そういうご本人だけの宇宙の理屈がある方なので、そのあたりの配慮が、ご家庭に伝わっていないのでしょうね。




イヤ…

実は、常勤さんたち、『ご本人が悪いから、叱る』の姿勢で、1カ月半やっている様子が見えますから…
それにご家族は怒っているのだと思います。

とりあえず火消しをして、責任者にやんわり、『違うんだよ。相手が悪いのに、何故怒るんだ?うちの息子は無実だ。』と言っているのではないんだよ(言いませんけど、君たちの対応に不信感を持っているんだよ)と、伝えるくらいしかないんですが。


ここらは、経験不足です。こちらは、そういう事は山ほど見ています。解決できたかどうかは、ともかく、そういう事がある と言う事を、頭の隅に置いています。

そこらあたりですかね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック