bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



検索ワード
ふと、このブログ、(無料のレンタルブログですよ。)に、検索ワード検索がある事に気付きました。
気付きましたって、私、もう、何年、このブログ書いているんでしょう?

遡って、1カ月くらい見てみると。(勿論、どなたが検索されたか は判りません。)
色々なキーワードで、検索していただいているんですね。

『知りあい?』と思った、検索ワードがあって、誰だろう?とかね。
心臓病の介護屋で、あきら と言う名前で、知的障害の仕事をしている みたいな検索ワードでしたよ。

意外に多いのが、医療の検索ワードでした。
薬とかね。
精神薬の検索ワードも沢山ありました。
睡眠薬も多いですね。

秋頃からは、ダントツで、マイコプラズマみたいです。
ジスロマックも多く検索していただいています。

ジスロマック=マイコプラズマだけに効く、専用抗菌剤ではありません。
かなり多くのウィルス、細菌に効きます。
ジスロマックダメなら、別の抗菌剤 と言うケースもありますし。
クラリスが、コーヒーさんには、効果がありましたが、じゃあ、細菌、ウィルスは何だったか と言われると、これは判りません。

だって。

感染症って、星の数ほどありますから。



身体障害者、車いす、四葉のクローバーマーク等の、自立支援法の、身体障害に関する検索ワードもいただいています。



あとは、芸能の検索ワード。
映画だったり、歌手だったり、色々です。
フィンガー5で、来られる方、かなりおいでになります。
動画サイト引いた事があったかな?
フィンガー5は、一番下の妙子さんが、私より、1つ、2つ上だったかな と思います。


古い映画や俳優さんの検索ワードもありました。

体調管理、夜勤、グループホーム、ケアホーム、見守り、等の介護ワードで来て下さる方もあるようです。ライフプラン 個別支援計画 で来て下さっている方がおいでになる様で、穴があったら、入りたい…


私自身は、介護屋歴、10数年の中堅と言いますか…
偉そうに言えば、ベテラン?イヤイヤ…
現場オンリーの介護屋ですから、その経験は山ほどあります。
ケアホームの世話人(専任 常勤)だった時代も4年くらい有りますから、そんなキーワードで、おいでの方もあるようです。

今はね…

自分が障害者ですから、しかも、心臓でしょう?
先天性大動脈弁膜症 って、先天性の心臓疾患の中では、それほど多くないんです。
ちょっと脱線しますけど、先天性大動脈弁膜症弁閉鎖不全弁狭窄症(又は、略して、先天性大動脈弁膜症下弁閉鎖不全狭窄症)・二尖弁 のダブルで検索すると、そんなに多くない事がどこやらから出てきますよ。


一番多いのが、殿様の抱えている『心房中隔欠損症』ですね。
だから、そのキーワードでおいでの方も多いようです。

大動脈弁膜症で、おいでの方もおありですけれど、成人病としての、大動脈弁膜症の事を探しに来られているみたいな感じもします。


さておき。
心臓に人工パーツが入っている身ですから。

今、根無し草になりかけています。

私が生涯の天職と決めたのは、ケアホームの世話人なのですが…
専任で、そこを切り盛りできる筈だったのですが…
出来なくなりましたので。

最近、ショートステイ枠の仕事もしています。
していますけれど、意味が分からないんです。
何故、私が、緊急ショートステイ枠を埋めている方の仕事をする事になったのか。

その方、多分、可能性としては、私が当団体初めてのケアホームの世話人になった、ホームに、ユニット型で、ケアホームの一部として付ける しか手段がないんですけれど。

行政がうんと言いませんので、実現不能です。
じゃ、なんで、この年で、新たなニーズの仕事を、中途半端にする事になったのか が判らないんです。
何でも屋、当座の穴埋め と言う意味なら、判ります。
そうでもない様な?
身体に負担がかからない様に、でもない様な?

一度、トップに聞いた事がありますが、『イヤ、その方を、ユニット型で付ける話は、かなり前に出たけれど、行政が頭が硬くて、何ともならんので、そういう話ではない。(私が、ユニット型の設立の為に、勉強に行け と言う事ではない)』との事ですから。

あちこちの穴埋めをしていると、孤立しちゃうんですね。
その現場は埋められますよ。
先日の、勘違いの自尊心が非常に高くて、何もできない方(しかも、後7年で、介護保険に切り替え。今まで、生活の支援を受けた事がない。)がどたばたやっておいでですけれど、(今だ、本人さんは、納得が行ったのか、気が済んだのか、全く判りませんが…こちらには情報が入りませんので…)それはそれなりに出来ますし、こまっちゃったりはしません。

しないけど、どうもねぇ…
根無し草は嬉しくありませんなぁ…


昔の風俗の(民俗学的な風俗ですよ。)言葉で来て下さる方もあります。
私の地元に『たらし焼き』と言う、名前の、家庭で作るおやつの様な物があるのですけれど。
これ、私の地元のものではなかったんです。
別に発症の地がありまして、今でも、食文化として、根付いているそうです。

私の地元で『たらし焼き』と言う食べ物が、当たり前だったのは、30年?40年?前でしょうか。
其頃のたらし焼きと、食文化として、現在、たらし焼きがある地方(たった一か所の文化です。)のたらし焼きでは、全く物が違うので。

調べてみたら、そもそも発祥が明治の初めころ。
工場で働く、女工さんのおやつとして、工場が売店で販売を始めた とありました。
それ以降、その土地では、発展し、現在は、全く違う食べ物に進化しています。

私も地元では、明治の頃、発祥の地で、女工さんがおやつに売店で買っていたのと、同じもの が伝わっています。
しかも、その地と、私の出身地は、地の果て程、遠いんです。
私の地元の食文化 ではなくて、もしかしたら、私の知っている親戚やら、ご近所だけの代物だったかもしれません。
かの地から、私の出身地に、嫁いで来られた女性がいたのかもしれない 等と思ったり。

そんなキーワードでも来ていただいています。


みなさまのご閲覧、嬉しく思います。

コメント欄は有りますが、メールフォームはありません。作っていないんです。
ご質問などが承れませんが、ご参考になる事がありましたら、介護屋ブログではありますが、何でもご利用下さいね。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック