bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



自尊心の高い、軽度の方の支援
前にも少し書いたと思いますが、半年ほど前に、お父さまが救急搬送されて、その日の夜から、行くところが無くなってしまった方があります。

お父さまのご病気はどこかの癌なのだそうですが、ご本人いわく、心臓の病気だ との事で、今一つ私には良く判りません。

とにかく今まで、自宅でお父さまと二人で暮らしていた方が、お父さまでは、ご本人の介護が出来ませんから、(お父さまに介護保険の介護が必要です。今、入っているのかな?しばらくは入院でした。)とにかくという事で、市から回ってきたのか、作業所さんから、回ってきたのか、定かでないのですけれど、ショートステイ枠で、いつも開けてある口(2口開けてあります。)をその方が、埋めてしまった形で、今、もう半年くらいご利用になっています。


措置の頃の施設の経験がある様で、現在、還暦間近ですし、ご本人は施設入所を希望されないでしょう。
どうして、自宅へ戻られたのか は判りませんが、早い話、ご自宅で、自由気ままに過ごされた方です。
形だけは、何でもできるので、自尊心が非常に高いのですが、実は、出来るのは形だけ。
初めて夜勤で、その方と泊まった時は、『ああ、やっぱり。』と思いました。

ほとんどの歯が欠損しており、総入れ歯に近い状態です。
口腔ケアって、一般の方でも、なかなか難しいですよね。
私も10年近く、忙しくてサボっていたら、偉い事になっていて、以来、半年に1回は、歯医者さんに行っています。

何気なく歯磨きをしてみると、もう、口中から、どろりとした血液があふれてきます。
歯槽膿漏の状態でしょうね。もしくは重い歯周病。

が、ご本人には、『出来ていない』という自覚が全くありません。

日常生活行動もある程度は出来ますが、ご本人が、サボり心から始まって、長年のうちに定着してしまったんだろうな という様な、不具合な習慣もあります。

時間の概念がほとんど無くて、放っておくと、いつまでも遊んでいます。
食事もテレビに夢中になると、箸を持ったまま、2時間でもそれ以上でも、そのままです。
『温めましょうか』などと言おうものなら、大変です。
ぷいっと、機嫌を損じて、『もういらない!」と部屋に入ってしまいます。

当たり前ですが、清潔保持なども出来ていないので、風呂に入って、形だけは洗いますが、洗えていません。介助に入ろうとすると、怒りだしますよね。顔を洗う習慣がありません。
洗おうとすると、『自分で出来る!!!』。
で、勿論、水を少々顔に掛けて終わりですから、全く洗えていません。

肌が蓄積された汚れだと思いますけれど、黒ずんでいます。



さて。


この方、ショートステイ枠で、いつまでも回っていていただく訳には行きません。
ご本人の生活が、根無し草になりますし、当法人としても、枠を開けておけないのは、宜しくありません。


ところがどっこい、自治体では、ケアホームにユニットで付ける事を承知しません。
手帳が遥か昔の手帳なので、障害程度区分等が、未だに私には判らないのですが、手帳の度数は3です。
3位の方、形だけは何でもできるので、プライドだけ大変高くて、実際は全くできない という方がおられます。
その方は、そういう方の典型的な例と言えます。

居場所が定まらないと、支援の仕方が決まりません。
還暦近い方 と言っても、このまま、ご本人のプライドだけを尊重していては、ご本人にとって、実りある人生になりません。

ですから、ユニットで、ケアホームに付けるしかないのですけれど…


良く、昔、介護保険で、調査員の方がおいでになると、対象になる要介護者の方が、その時だけ張り切って、ご家族が『こういう事があり、難しいので、介護保険を使いたい』とお話になるそばから、『何でも出来ます。』と宣言され、見た目だけ何でもできるように行動されて、調査員が帰った途端、不具合な状態に戻られる という様な事が、多発しました。

で、軽く出てしまい、困難が解消されない という事が続発した事があります。

今は、介護保険、別の意味で、行き詰っていて、必要な支援が、必要な方に届いておりませんけれど。

その方は、還暦目前ですから、65歳になると、介護保険に切り替えられてしまいます。
特別養護老人ホーム等のサービスしか受けられなくなってしまう可能性があります。

障害者支援の見えないネックの一つには、64歳までは、自立支援法で、障害の大変さに合わせた、充実した支援が受けられていたのが、65歳になった途端、介護保険に切り替えられてしまい、従前の障害特性に合わせたサービスが受けられなくなる事があります。

その方も、介護保険に切り替えられる前に、ある程度、人生の学習をしたいただく必要がある と私などは思いますが…


自治体では、一人暮らしが出来るのだから、ヘルパーを短時間入れればよいだろう と言うそうです。頭が固いのですね。お金ももったいないんでしょう。

一人暮らしにヘルパーを少しだけ付ける であれば、大した金額はかかりません。
似たようなものですけれど、ケアホームのユニットにして、近隣のアパートなどで生活されるが、実は、何も一人では出来ない方ですから、(当団体は、今はケアホームしか有りません。グループホームは、ごく軽度の方の為のもので、なかなか運営が難しいのです。その割には、国から入ってくる補助金が少ないんですね。)ケアホームのユニットにして、夕食、入浴、歯磨き、等の基本的な部分を、ケアホーム内で、済ませてから、眠るだけにアパートに帰っていただく しか方法がないです。

朝食は、まあ仕方ないので、へるぱーさんを入れるにしても、朝の整容、身だしなみ、清潔保持等は、ケアホーム職員は見切れませんし、ご本人は、『自分出来る!うるさい!』になってしまいます。


この状態で、一人暮らし支援の形でなど、とてもとてもご本人の生活が不安定になってしまうので、無理です。

と言って、自治体は、出来るのだから、サービスは要らないと言いますし、(もう半年交渉しています。)ショートステイ支援が主なスキルの職員さんでは、包括的な支援迄は仕切れません。他にショートステイを使って、心の自立を図っていく方たちがおいでになるので、その方たちの事も全部やらなければならないから。

荒療治ですけれど、プライドだけ高くて、実は何もできない と言う方には、一度、徹底的に、そのプライドをへし折って差し上げる と言う事も必要なんです。
いじめる様に見えるかもしれませんが、実は何も出来ていない事で、生活の質は落ちますし、健康も害します、社会生活の中で、不具合な行動をしてしまって、なんでいけないのか、理解できない方もあります。

ご自分だけの常識があって、それが社会と抵触するのですね。

わがまま勝手 に見えてしまいます。それでは社会で暮らして行けません。


だから、敢えて、プライドは徹底的にへし折るのですけれど、ここに大きな課題が2つあります。
1つは、ご本人がかなりの高齢で、もう不具合な習慣も、染み付いてしまっている事と、プライドはそのままである事。
だからと言って、お殿様に仕える様な支援をしていますと、介護保険に切り替わった時に、偉い事になります。認知症対応のカギのかかる棟か何かに入れられて終わりです。
知的障害がある事と、認知症である事は、全く違いますから、ご本人が孤立し、結果、本当に認知症になってしまうケースもあります。支援のミスマッチです。

2つには、若い方なら、ある程度、へし折り様があるのですが、今から学び直していただくには、包括的な支援が必要です。作業所さん、生活介護の場(ケアホームにユニット型で付けて、職員が支援を行う)、各方面との連絡、情報共有、ケア会議の徹底 等が必要になってきます。

と、物凄い人材が必要になってくるんです。
一人暮らし支援程度の助成金では、その人件費は出ません。

で、数年後には、介護保険に切り替えなさい と行政指導が来てしまうんです。



さて。


どうするのかな…

人に頼る事を教えて貰っていないのでしょうね。
で、自力で、不具合な方法で、良しとして来られたんだと思います。
なので、猜疑心も非常に強いです。
ストレスもかなりあると思います。
おだてておけば、機嫌良く過ごされますが…それではね、ご本人にとって、利益になりません。


私は比較的重度の方をずっと対象に仕事をしてきました。
重度の方の支援の方が、きっと簡単です。
こちらでコントロール出来るので、その方のニーズをきちんと読む事が大切なスキルになってきますが、それが出来れば、ある程度の成果は出せます。

軽度の方は、何から何まで当方で、お膳立てする事が出来ません。
プライドが非常に高いからですね。
で、ご本人は、自分が送りたい人生を、適切に伝える事まではちょっと難しい。

この年になって、一からやり直しの支援をするようになるとは思っていませんでしたし。私も。


一応は、経験だけは長いですから、今の状態では、ご本人の為にならん と言う事は判ります。
その為には壁がいくつもある と言う事も判ります。
判りますが、どうしていけば良いのか が、その方の居場所さえ決まらない今、厄介ですね。

このままお殿様でいていただくのも、困りますし。
プライド徹底的に崩して、『支援は受けて良い。自分のしたい事をする為には、支援は受けるべきだ』と判っていただくには、余りにも要素が足りなさすぎます。


どうなるんだろう…

代表も頭を痛めているようです。
何か私にできる事があれば良いのですけれどね…
私も、スキルが足りずに、毎回、失敗ばかりです。


何とかしなくちゃね。
頑張ります。






道は遠いなぁ…


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック