bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



トプシムクリーム
先日、隣のケアホームの利用者さんの移動支援をしました。お出掛けの付き添いです。

その方の事は、自閉症の方のガイドヘルプ の題名で書いています。


さて。その日の朝、お迎えに行ったところ。
ご本人は、薬の塗布をしておいでになりました。
口内炎が出来ているようで、その薬を付けて貰い、『魚の目が出来ている』という事で、『魚の目の薬』をご本人が、塗布されていました。

ん?魚の目で、スピール膏じゃなくて、塗り薬???

奇妙に思った私は、ご本人に、薬のチューブを見せていただきました。

ビックリしました。『トプシムクリーム』だったんです。


職員さん(私よりも経験は浅いけれど、身分は上の方)に聞くと、『最近、群発した』という事。
患部を見れば良かったのですが、患部は見なかったのですよ。私。
見せて貰えば良かった と思いますが、あとの祭りです。

仕事で使っている(自分も時々使いますが。)こんなサイトがあります。


お薬110番


この中に、ハイパーお薬事典という、リンク先がありまして、左側にインデックス、あいうえお順で、検索できるようになっています。
トプシムは、ステロイドです。そこまでは、私の記憶の中で、はっきりしていました。
確か、かなり強かった筈という記憶は有ります。10数年前の記憶です。

魚の目は、鶏眼と書いて、けいがん と読みます。これが医学用語の魚の目。
似たものに、乾癬というのもあります。かんせん と読みます。

両方とも、皮膚の異常形成の一種です。魚の目は、硬い芯の様な物が、体内に向かって、異常発達するもので、歩くと痛みを伴います。取り除くのに、スピール膏で、芯の部分を腐らせて、取り除く等の治療があります。手術でも切れたかもしれません。

乾癬は、逆で、皮膚の上に、重なって、皮膚が形成されていくものです。松ぼっくりの様になる と思っていただけば良いかな と思います。ですから、体内には向かわず、盛り上がってきます。

ウイルス性のものもあるので、薬を患部の中心から、外側に塗り広げると、その薬に寄って、周囲に感染が広がる事もあります。

たかが、ちょっとした皮膚病、厄介な物もあるんですよ。


問題は。トプシムを漫然と使っている様子 な事でした。
トプシムは、かなり強いステロイドなので、とりあえず、火消し役として、炎症が起こっている部分に使う事があると、薬事典には、記載がありました。とりあえず火を消して、それから、根治療法に移行するのね。

ステロイド自体には、炎症を取る効果は有りますが、病の根本を治癒させる力はないんです。



トプシム、どのくらい強かったっけ?と調べると。

1~5までありまして、1が一番弱いんです。マイルド、だったかな?
良く使われる『リンデロンVG』は、3です。強い(ストロング)です。顔等のデリケートな場所には使えません。(イヤ、やむなく使う事は有りますけどね。毟りまくるタイプの方等には、延々とエンドレスに使う羽目になりますから、使えません。

トプシムは、案の定4でした。かなり強いです。ベリーストロングだったかと思います。
5にはアンダームクリームなどがありまして、ストロンゲストだったと思います。
アンダームクリーム、やむを得ず、使った事がありますが、(利用者さんにです)たとえば、ぐちゃぐちゃになっている粘膜部分 等が一晩できれいな皮膚になってしまうほど、強いんです。

ですから、3まではまあ、ともかく、4以上は、細心の注意を持って使わないとだめ。
利用者さんにその管理が出来るのは無理ですから、職員が塗布しないといけないでしょうね。

利用者さん、患部よりもかなり広く、たっぷりと、べたべたに付けておいででした。
『待って!トプシムだから!!!綿棒などに取って、患部だけにちょん と付けるようにして!!!』と気付いたのは、我が家に帰って、調べた後でした。


そのケアホームは、私が普段、勤務するところではありませんし、ホーム長さんは、若いですが、かなり経験のある方です。私がその光景を見た朝は、経験は私よりも少ない、身分が上の方 でありましたから、ホーム長さんは、判っておいでかもしれません。


何もかも、『かも知れない』の話なので…


お角違いの私が口出ししたら、おかしな事になります。


突然の群発魚の目って、何か変でしょう?
靴が当たる 等して、刺激を受けた部分が、長い間に悪化して、体内に向かって鋭く異常形成するのが魚の目ですから。
いきなり群発して、歩いても、大して痛くない という魚の目、どーも、何かの感染症の様な気がします。

知的障害がおありになる方の、清潔保持って、結構難しくて、重い方は、こちらで介助しちゃいますから、ある程度保てるのですけれど、中途半端に形だけ出来る方で、実は清潔に出来ていない方、加えて、プライドが非常に高く、『自分で出来る、余計な事をするな!』というお気持の方、非常に難しいです。

その利用者さんは、手帳は3ですが、障害程度区分が4です。
ちょっと他害しがちな方ではあるんです。
自閉症の方、感性、感覚、が独特だ と言いますね。
どう独特なのかは、私は自閉症ではないので、実感できません。
でも、ストレス、溜まりやすいのかもしれません。

事実、見物が出来ない、ひたすらせかせか歩きまわる という特徴は、程度の差こそあれ、自閉症の方には見られます。障害ゆえですから、止む無い部分もありますが…


魚の目と信じて、処方された薬が強いステロイドである事に気づかず、利用者さんは、自分で塗布できるから と塗布していただいていると…

何が起きるのかは、私にも判りません。
宜しくない事が起こりそうだな とは判ります。



別の方で、もう還暦間近、ずっと家庭におられたのですが、還暦の方の親御さんは、80歳超えていますから、天涯孤独になりかけている、緊急の方がおいでになるのです。
その方も、非常にプライドが高く、何もかも、自分で出来る と確信されています。
そのプライドをへし折って、初めて、支援が十分に行き届き、出来ない事は助けて貰って良いのだ という安心感を与えるのですが、様々な制度の壁で、別の利用者の方、そこまで出来る状態にありません。

これはこれで、非常に難しい問題として、私の中に有りますが。

魚の目がどうこう、の利用者さんは、若いころから、一応は、支援者がいる事に慣れています。
ちょっと何とかしてあげて欲しいな と思ったり。


私たち、障害のある方の為の介護屋の常識では、『軽い方ほど難しい』なのです。
軽い方の支援が十分に出来れば、介護屋としては、かなりベテランです。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック