bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



昭和残侠伝
昭和残侠伝

こんなのですが…
高倉健さんの、人気やくざシリーズです。今、1巻から見て、8巻まで来たところです。
下のYOUTUBUは、これ、第1作の「昭和残侠伝」のワンシーンじゃなかったかな と思います。
いわゆる『仁義』の切り方が出ています。大変丁寧に描いてあります。

寅さんの映画でも、怪しい仁義を寅さんが切りますね。あれは、彼の稼業がいわゆる露天商だから で、まあ、あれえで良いのですけれど。

『姓は車、名は寅次郎、人呼んで、ふーてんの寅と発します』ってやりますが。

明治の頃迄は、二つ名がある、変え名がある というのは、一般市民(堅気)の人ではないので。


前後しますけれど、藤純子さんが、主役の『緋牡丹博徒』というのがあります。明治の頃が舞台です。
なので、『性は○○(忘れました。)、名は竜子、又の名を緋牡丹のお竜と発します』とやります。

どうも昭和の頃は、又の名を みたいな事はやらなかったみたいですね。




「昭和残侠伝」 軒下の仁義


時代劇、昔のやくざ映画、好きなんですけどね。
1966年あたりから、シリーズが始まっているようです。
今の市川団十郎丈の奥様、不二純子さん>と仰いましたっけ?
東映映画に出ていた頃は、藤純子 と仰いました。
丁度、人気スターだった頃ですね。

吉永小百合さんは、もう少し後です。

シリーズで見ていると、ビックリする様な人が、端役で、出ていたりします。
どうしても、本編で見つからないのですが、テロップに出てくる方が、小林稔侍さん。

池辺良さんは、ご存命でしたでしょうか。


加藤嘉さん、山城新吾さん、江原真二郎さん、松方弘樹さん、三田佳子さん、長門裕之さん、津川雅彦さん、芦田伸介さん、金子信雄さん、片岡千恵蔵丈、大木実さん、梅宮辰夫さん、鶴田浩二さん、星由里子さん、松原智恵子さん…


かなり驚いたのは、志村喬さん(黒澤明監督の、七人の侍の親玉の役の方です。)

もっと驚いたのが、待田京介さん。待田京介さんって、50歳頃を機に、映画出演はほとんどされないそうですが、空手の大山道場って、ありましたよね?今の極心空手かな?

あの空手の流儀の、大山氏の初めてのお弟子さんが、待田京介さんだそうです。今も顧問か何かしておられるそうです。



この映画のシリーズを見ていて、『丁寧に作ってあるな』と思った事が2つ。

ストーリーは単純ですから…高倉健が、誰かを殺してしまって、刑務所に入ります。
なんやかんやで、出てきます。(3年後に出所とかあって、驚きます。やくざ同士だったら、良いのかな?)で、どこかの強引な、やくざ渡世の風上にも置けない、やくざの親分(悪役)が出てきます。
強引な事を、傍若無人にやり始めます。
最初は我慢をしていた、高倉健さん、遂に、堪忍袋の緒が切れて、殴りこみに行って、池辺良さんが大抵は、死んでしまいます。高倉健さんは大怪我しますが、生き残って、又、刑務所に行く

大抵、こんな話です。

丁寧だな と思う事はね。

1つは、高倉健さん(池辺良さんだったりもしますが。)堪忍袋の緒が切れて、大立ち回り になる訳です。
人殺しをする訳です。

とね。

白刃とか書いて、ドスと読ませるようですが…(刀みたいに長いのは、長ドスです。)握ってますね。人を殺しますから、物凄く緊張して、握っている訳です。
殺人犯すと、その手、硬直していて、反対の手でこじ開けるようにしないと、開かない という描写が必ず、きちんとあります。

なるほど。確かにそうでしょう。

2つは、悪役一家に殴り込みをしますけど。
靴を脱いで、お行儀よく立ち回る訳じゃありませんから。

畳の上は、土足の足跡だらけで、土埃も舞っています。
そこがちゃんと描いて有りますね。



舞台は明治の終わりから、昭和の初め という感じになっています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック