bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



椎間板ヘルニア
13日だったか、殿様と、のんびりさんを連れて、夕食の外食に行きました。

その時、明らかに、のんびりさんの歩き方がおかしかったんです。
痛いか聞いても、『大丈夫』と言ってみたり、『大丈夫?平気?』と聞いても、同様。『痛い?平気?』『痛い?痛くない?』と聞いても、はっきりしません。

帰宅してから、身体を触ってみると、明らかに身体のバランスが傾いています。右側が上がっています。骨盤が、ずれているんです。位置がね。
ついでに、右側の腰から下を触ってみると、がちがちに硬い部分が山ほどあります。

伊達に(???)10年以上介護屋やってる訳ではないですし。
伊達に(???)あちこち、病気を経験している訳でもないので。

ほぐしました。偽理学療法士です。
一応は、骨盤の位置は揃いました。
翌日、親御さんが迎えに来ますし、その前に夜のうちに電話をして、『痛みが激しくありませんか?』とも聞きました。素人ですけれど、『ここが固いですよね?で、こちら方向が全部やられていますから…痛い筈なんです。』とご本人に横になっていただいて、ご両親に説明をしました。
前の晩、かなり本人は痛かったようですが、(私がほぐしたからです。痛いんですよ。ほぐしていると。あとで楽になりますけど。)頑張りまして、『昨日は鷹山さんと頑張ったよね。痛かったね。』と言うと、本人さん、大きくうなづいています。痛いんです。

原因と言うか、痛くないようにするにはどうすればよいか というか、それを探らないといけないのですが…

おかしい事はおかしい。絶対におかしい。
が、どこがおかしいか と医学的な判断が出来る人はいませんね。
介護職ですから。
レントゲン取れる訳でなし。

だったら、親御さんに(週末3日間自宅にいます。この家庭は、親御さんの精神的な子離れが出来ておらず、結果、本人さんも精神的な親離れが一番出来ない方です。)『こういう症状が見受けられますが、こちらで、どういう病院で一度見て貰おうと思います。宜しいでしょうか。』みたいな事をしないといけないの。

痛みを治す事は、我々には出来ません。
大切なのは、『気付いています。対策を考えているところです。こういう可能性は有りませんか?別の可能性は有りませんか?』とつたえる事です。

本人に聞いても痛いと言わないし。等と言うのは、論外です。

のんびりさんは、我慢強く、又、適切な言葉で、自分の窮地を訴える事が出来ません。
身体もやられますし、ストレスもたまります。

で、私(今月は3日しかホームに行かないシフトですよ)が、ぎゃーぎゃーと騒ぎました。
結果、翌週の月曜日、つまり、昨日、障害者専門病院のワーカー的な役割をなさる主治医の予約を、ご家族が取り、受診されました。

主治医の方は、みなさん、神経内科の医師です。
そこを受診して、適切な科に紹介していただく という様なシステムの病院なんです。
主治医先生から、整形外科に紹介が行く という感じですね。

主治医先生でも、大体の事は、網羅して、お分かりになります。専門的な事になると、専門の医師に紹介なさるという事です。
痛いのですから、主治医の方が見ても、明らかにおかしかったんじゃないでしょうか。
レントゲンを撮って下さったそうです。


病名判明。

かなり重い、椎間板ヘルニアでした。

良くね。様子を見ましょう ってのがありますよね。
大抵、『良く判らないから、放っておきましょう』という様な事に近いです。
医療分野に限らず、何でも。

第5腰椎がかなり潰れて、横に鋭く突起物が飛び出しているのが、素人のご両親にも良く判ったそうですから…レントゲンを見てね。そんなになる前に、『どうもおかしい』と調べるなり、上司に相談するなり、家庭に相談するなりしなくちゃダメ!

私は1カ月に一度しか、のんびりさんには会わないので…だから、異常に気付きやすかった というのはあるでしょうけれど。
又、10月は、ホームで夕食を用意しましたから、遠出していません。
ホームの中程度だったら、本人さんが我慢しちゃったのかもしれません。
ダウン症候群の方、感覚が鈍麻です。少々痛いくらいでは、感じる事が出来ません。
そんな事も有ったでしょうし、障害特性で、老化が一般の人よりも、20年早いと言われます。
今、40代半ばですから、身体の年齢は、60代半ばでもおかしくない。

成人病リスクが亜非常に高いです。障害特性です。
高脂血症、痛風、糖尿病、みんな抱えています。(のんびりさん本人が。)年齢を重ねて、基礎代謝が落ちて行きますから、40歳くらいの頃は、まだ、減量できたのですが、今は、もう代謝が落ちていて、無理です。
成人病が山ほどありますから、薬を飲んでいます。まあまあ効果は出ていますが、副作用が出るのも強烈です。
その為、肝機能がやられてきます。
成人病が多く、薬の副作用なども多いため、元々ダウン症候群の人は、心臓に先天性の疾患がある人が多いのですが、心臓疾患がない、のんびりさんでも、かなり早くから、心臓の機能低下が指摘されています。循環器の医師の下で、経過観察中です。

そう言えば。

穏やかな、のんびりさんが、最近、他の利用者の方を、激しく注意する行動があったそうです。
正義感が強いので、白と黒しか有りません。
灰色がないんです。
が、いつもは、それほど酷くありません。
それが名指しで、ある利用者さんに、文句を言ったそうです。
その場で何かがあった訳ではなくて、全体的にその方の行動に、クロ判定を、のんびりさんが下しているのか、何かがしばらく前に有ったのか(対象がその利用者さんかどうか は別にして。)という感じで、その時は、何事も起こっていなかった という事でした。

勿論、のんびりさん、叱られました。
これ自体は当たり前です。

が、良く考えてみると…

恒常的に痛みが激しく、イライラしていたのではないかな とも思えます。
だから、何もしていない人を、怒鳴って良い という事にはなりませんが、支援者は、何故か を良く考える必要があります。


じゃあ、私が常勤で前の様にホームを仕切っていたら、椎間板ヘルニアの重症 にならぬうちに、阻止出来たかどうか は判りません。毎日見ていると、慣れてしまいます。


今回も、体力がない方なので、体力を付けて、循環を良くする為に、腹筋運動を日課にしていたそうで(それ自体は良い事と思います。)ご家族が、それが原因で、腰が痛くなった と信じた為に、苦情が来ております。

椎間板ヘルニアそのものは、素人がやる腹筋運動くらいで発生しませんが、苦情が来るまで気付かない とか、こちらから、家庭と相談するとか、上司に報告する 等の習慣がないと、時に、こういう爆弾破裂の様な事が起こります。

これから、利用者の方の3人は、壮年になって行きます。
コーヒーさんは障害特性が違うので、身体の不具合はそう大きくならないでしょうと思われますが、(一般の人と同様くらいの確率かな)、殿様と、のんびりさんは、ダウン症候群です。
殿様とは、週に一度は一緒に泊まるので、『ん?おかしいぞ』という事は、実は今も、あります。季節変動なのか、心臓病の悪化なのか、私には判りません。(先天性の心臓病です。心房中隔欠損症)

判明させる為には、心エコーが必要ですが、普段の様子が明らかにおかしい訳ではないので、又、心臓病の怖さって、(病気は何でもそうですけれど。)やった者にしか判りません。自分が生命の瀬戸際まで行きましたから、判ります。


で、怖いのは、知的障害のある方は、どんなご自分の健康の不具合でも、自分で訴える事が出来ない という点なんですね。高熱が出たり、インフルエンザにかかったり、法定伝染病にかかったりしたら、一般の人は療養に専念します。他人に感染させてしまいますし、自分も辛いから。

が、知的障害のある方は、39度、40度を高熱が出ていても、いつもと変わらず、生活する人がいます。
全く同様なのではなく、怒りっぽくなったり、ぐずったり、食べなかったり、飲まなかったり という形でやっと家族や支援者が気付きます。

のんびりさん、我慢に我慢を重ねてしまうので…訴える能力がないので…限界まで頑張ってしまうんです。と、偉い事になった事は、数知れず という方。

糖尿病になっているのが判らずにいたら、歯科で、歯根がほぼ全て、やられてしまっている事が分かり、20本以上インプラントにしています。
3年も5年も治療にはかかったそうです。
それだけ歯根がやられていれば、本人さん、違和感あったでしょうが、ご家族にも判りませんでした。
在宅されている頃の話です。


椎間板ヘルニアは手術か、神経ブロックしかありません。
根治の為には、手術が一番良いのですが、費用の問題、ご家族の健康観の問題、支援の問題、色々な事があります。
日帰りで、小さな穴をあけて、レーザーで、突起部分を焼いてしまう という、画期的な手術方法もありますから、立てなかった人が、その場で歩いて帰る なんて事が出来る時代になりました。

その代わり、その方法を使うと、全額自費なので、500,000円、700,000円かかります。
神経ブロックで凌ぐにしても、どの程度ブロック出来るのか は、本人さんの実感に寄りますけれど、それがはっきりしませんし。
痛みどめの注射もありますが、それは頻繁に注射しないと持ちません。
注射自体、かなり痛いモノです。

痛みどめの内服薬を貰ってきたようですが、(28日に別の病院ですが、同じ整形外科の医師の方が勤務されている病院があるので、そこで、同じ医師の方に診ていただく事になっています。)とりあえずの凌ぎであって、鎮痛剤の常用があったら、肝機能の値なんぞは、あっという間に上がってしまい、上がるのは簡単に上がりますが、下げるのは下がりません。

かく言う私も、夏からどうしても、肝機能値が下がらぬままです。
私も心臓が障害されているからですね。

痛いのは仕方ないです。
なってしまった椎間板ヘルニアもどうこう言っても始まりません。
今後をどうするか に、かかってくるんです。

それをね。
家族任せにしないでほしいんだけど…
積極的に介入して欲しいんですけどね。
『どんなご様子でしたか?今後、動悸を付けたら良いですか?私どもも、一緒に通院して、勉強しても良いですか?』
これがあるか、ないか なんだけど。


たかがインフルエンザの予防接種。
うやむやにしている間に、しびれを切らして、家庭で予防接種してきてしまった利用者さんが何人もいます。『こちらでしますので、この用紙にご記入をお願いします。』『当方のかかりつけ医では、高額です。ご自宅の近くに低額でやってくれるところがありますか?当方では○○円です。これで宜しければ、当方で手配します。不具合な場合はお知らせ下さい。』

なんでこういう当たり前の事をせんのだろう と年寄りは不思議に思いますけれど…

こちらはもう年配で、身体の都合で、月に何回しかホームに勤務が無い身です。
若い人に任せるしか有りません。
若い人も一生懸命やっていますし、その中で、何かを見つけて行ってくれないと、次の世代の支援者が育ちません。

難しいものですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック