bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



新しい仕事
転職ではありません。

自立支援法の介護屋ですが、心臓の手術をする前は、ケアホームの専任世話人でした。責任者ですね。

人工弁置換をしてからは、身分を下げて貰ったので、ケアホームには、月に8回夜勤に行くだけ、になりました。

利用者さんが全員いる平日は、控えていたのですが、9月に、理事長から話があり、もっと働かないと、身分上ペイしないので、と聞きました。

平日、利用者全員がいる時に、ケアホームに1日は夜勤をする様に、と指示があり、とにかくやってみるか、と考えていたところ。

いつまで経っても、平日の夜勤はありません。



で、今月のシフトは、ケアホームの夜勤は半分、ガイドヘルプがかなり増えて、別の場所での夜勤が新たに加わりました。


その、別の場所での夜勤、が新しい仕事です。


障害者の方専門の、根っからの現場の介護の屋ですから、一応、知的、身体、精神、まあまあ出来ます。

妻が精神障害者ですし、精神障害者の方の仕事は出来ますが、生業とした事はありません。

身体障害者の方は、限定的ですが、生業とした事があります。


私が最も苦手なのは、軽度の知的障害者の方への、日常生活支援です。

重度の方の方が、乱暴に言えば、簡単です。難しい事柄も沢山ありますが、現場経験で、どうにか出来ます。


軽度の方の、日常の生活の場所は、グループホーム、と言います。皆さんが想像なさるようなものです。


新しい仕事は、軽度で、自宅で暮らしていた方の、ショートステイ利用での、長期生活支援です。

ご家族はお父様のみで、かなり進行した癌を患っておいでです。

半年ほど前に、自宅で倒れて、救急搬送され、入院生活になられたそうです。

今は、在宅?時々帰宅?まあそんな感じで、本人さんの介護は出来ません。

私が責任者をしていたケアホームに、ユニットで、アパートの一室を借りて住んで貰い、ヘルパー等を入れるのが、一番良さそうなのですが。

自治体が、その為の給付決定を出さないそうです。


やむ無く、ショートステイ専門の建物と、職員がいますので、ショートステイで、あちこち回って頂いている、との事。


その方との夜勤がシフトに規則的に組み込まれました。


この先、その方の、ケアホームユニットとしての、一人暮らし形態の支援を前提に、勉強せい、と言う事かと思い、質問したところ。

そうではないそうです。

空いたところの穴埋め?判りません。


と言う事で、非常に軽くて、何でも出来る人、の支援に入った訳ですが。

偉そうな事を申しますけれど、伊達に10年以上、現場にいる訳ではありませんで、一晩一緒に過ごして、あらかた、どんな感じの方かは、判ってしまいました。

軽度の方、理屈は宇宙の理屈でも、考えもあれば、意見もあります。当然、自尊心は非常に高いです。

ですが、やはり障害があるので、決定的な事が欠落しています。健康状態にも、あれ?と思う事がありました。

ご本人は、何でも出来るつもりですし、障害者の人は可哀想だ、等とも話しています。身体障害者の判りやすい方を指している様子です。

で、その夜は、はじめて会って、どうにかして、翌朝、普段泊まっている、ショートステイ専門の建物に、記録等を見に行きました。


なるほど。


前夜、まあまあ何事なく済んだ事で、若い登録ヘルパーさんが、四苦八苦しています。

こちらは、中堅ですから、何気なく出来てしまい、ご本人ものせられて、何事なく済んだのですが、怪しい部分は、やはり当たりの様子でした。

又、偉そうに言えば、経験がものを言う訳です。

軽度の方、自分で何でも出来る、と信じていますから、指示されると、自尊心が大いに傷つくのでしょうね。


たった一回きりですが、私が感じた事と、本人さんに配慮すべき事は、ショートステイで回っている限りは、大体そういう感じでした。


じゃ、その方、今後はどうするか、は、法人でも苦慮しています。


もしかしたら、軽度の方も出来るかも知れない。と、すこし思った事でした。

今から、新しいスキルを構築するには、定年迄働けるか判らない身体の私には、判りませんけれどね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック