bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アルコール依存症
友人のお連れ合いが、末期のアルコール依存症でした。

友人は女性ですが、子供を連れて、数年前に、DV保護法を使って、避難していました。

昨日、お連れ合いが、自宅で変死しているのが発見され、事情を知らない、お連れ合いの親族の方々に、色々勝手な事を言われたそうです。

喫煙が、依存症になり、禁煙外来がある様に。

アルコール依存症は、精神科の医師と深い信頼関係の下に、アルコールを断つ以外に、治療法はありません。

何年断酒していても、一滴飲んだら、元の木阿弥です。

お連れ合いは、酒を断つ勇気がどうしても出ず、遂には帰らぬ人となられました。



夫婦なら、一緒に闘病せい、と言う方もあるかと思いますが。

かなり末期になっても、治療の意志が持てなかった方は、仕方無いんです。

正気の時がない訳ではありません。

友人のお連れ合いも、血眼になって、妻子を探そうとしませんでした。酒を飲めば、我を忘れてしまう自覚は、きちんとあったと思います。

友人は、脱出する時から、決めていた事がありましてね。

離婚はしない、です。

後始末は自分がしてやりたいと。で、お連れ合いが、酒害で、数年のうちには、他界する事を承知していました。子供たちに、お父さんが亡くなったら、遺骨を粉砕して、海外のきれいな海に撒きに行く、と、常々話していたようです。

友人の言葉を借りると。

花咲かじいさんの勢いで、ばっさばっさと、海に撒く、との事。

その気持ち、私には判る様な気がします。

脱出した時、お子さんたちは、中学生。思春期真っ最中でした。
父親が崩れていくところを見せる訳には行かないんです。

暴力は止まりませんし。酒は人を豹変させるのです。
ご家庭には、そのご家庭の数だけ、暮らし方があります。

考えてみれば、お連れ合いも、命懸けで酒を飲んでいた訳ですから。

誰にも迷惑を掛けず、酒の飲めた数年間は、貴重な時間だったでしょう。

友人家族なりの、一番良い選択だったと思っています。


アルコール依存症の検索ワードで来られた方、ご一考願えれば、と希望します。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック