bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



マイコプラズマ肺炎
もう半月以上前の話です。
ご利用者三名が行かれている、日中生活介護施設で、マイコプラズマ肺炎発症者の方が出ました。

名前を初めて聞きましたが、微生物の形状を指すようです。そこらに山程いるもので、通常は、感染も、発症もしない大人しいもの、らしいですが、体力の落ちた、中年くらい迄の年齢層は、掛かる事があるそうです。

肺炎を起こしますが、夏に好発し、夏風邪の様な症状だそうです。

いきなりの高熱と、咳が特徴的との事。

丁度その頃、ホームでは高熱を出した方あり、微熱で咳の続く方あり、何かに感染すると、例えば、他の人が治った頃、やっと発症して、人の倍以上、治癒に掛かる方あり、の状態でした。

治癒に時間が掛かる方は、感染しても、発症させる体の能力が低いのです。

いざ発症したら、半月で治ったら、拍手な方。


その週末、その施設のイベントで、旅行に行く方がお1人。

微熱が続き、元気がなく、咳をしていた方。

旅行と言っても一泊ですし、微熱が長く続く、は、激症型の何か、ではない筈なので、マイコプラズマではない、と、現場に出て居なかった私も感じました。


現場にいた職員さん。

熱を計るだけで。
うちの職員ですよ。
旅行に行くから、医者に掛かって!と、個別に連絡が来た様子なのですが。

子供の使いじゃないんですから。

親御さんに、連絡はしました。
『旅行に行くから、医者に掛かって下さい、との事です。』

このまま医者に行ったら、風邪薬出されて、様子を見ましょう、で、終わってしまいます。

私、その方のご自宅、他の利用者さんのご自宅に、連絡しました。

何が発症して、感染しているかどうか、は、どう調べるか、を調べて。


通所先で、マイコプラズマ肺炎発症者が出た。

感染者じゃなくて、発症者ですね。

まずこれを伝える。

旅行の予定がある。
マイコプラズマに感染しているか、検査して欲しい、と伝えないと、医師に的確に伝わらない可能性がありますから。


施設側でも、医療機関向けに、印刷物を作ってくれたそうです。


で、採血で、マイコプラズマに感染しているかどうかは、抗体値が上がっているか、等、様々見るようです。

当然、白血球とか、CRP、IgEなんかも見るでしょうね。

実はその方、採血の時に、レントゲンを撮りましたら、陰がありました。

陰は炎症のあとやら、結核な巣やら、勿論、マイコプラズマの巣やら、色々可能性があります。

医師の方は、マイコプラズマ肺炎ではないでしょうが、念のため、はっきりさせましょう、とて、ジスロマック1セット、3日分と、風邪薬を処方されたとか。

次の週、マイコプラズマは培養に手間隙掛かるので、1週間後に、結果を聞きに行かれたら。


マイコプラズマは陰性でしたが、ジスロマック飲んで、陰が消えません。

ご本人は元気で、風邪なような症状も治り、旅行も楽しんできたのですが、陰が消えないのは、慌てます。

飲んだのが、そこらの抗生物質じゃなくて、ジスロマックですから。

体内ファブリーズになる筈が、ならなかった!

これは私も慌てました。
私も以前、施設勤務をしていた頃、勤務中にいきなり高熱、尋常でない様子になり。

夜間三次救急迄ある。大学病院に、深夜に駆け込んだ事があります。

即日で取った血液検査で、白血球とCRPが、冗談では済まない数値。

その方日は明け方帰宅して、普通の抗生物質と、炎症を下げる薬=熱冷ましを貰って飲み、夕方又行くと。
値は倍。

すぐジスロマックが出て、とにかく安静にして、必ず指定した通りに飲む様に言われました。


そんなのでも、ジスロマックで。すぐ下がりまして、体力消耗してましたから、10日程療養して、仕事に戻りました。



私はレントゲン撮ったか、失念しましたが、ご本人は、大変元気で、ジスロマック飲んで、陰が消えず、抗生物質を換えて、又、1週間ってなんでしょう?

私くらい年代だと、結核じゃないよね!?と、ちょっと不安です。

結核には確か、特効薬が今はある筈です。私が子供の頃は、パス、と言いました。私もキャリアになった事があり。パス、しばらく飲みました。

法定伝染病ですから、違う様にも思いますが、何か不具合が起きているのは、確かなような。


常勤さん、冗談なりませんから、しっかりしてください。

ご家族が参っています。
フォローくらいして貰わないとね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック