bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



プリンスメロン
最近、めっきり更新が減っています。いつも来て下さる皆様、申し訳ありません。

幾つか言い訳がありまして。

体調が良くないのです。
毎月、循環器に行きますが、心臓はまともに動いています。

怪しいのが、肝機能、腎機能。

5月頃から、気候不順で、とにかく疲れて仕方無かったので。

そのせいじゃないか、とは思いますが、あちこちの医師に、頻繁に血液採って頂いて、あちこちで検査用紙を見て頂きますが、どの先生も、唸っておいでです。

そんなのと。


余り集中出来ない事もあるし、眠っている時間が長いと言う言い訳もあります。

起きている時間、インターネットで遊んでいたりします。


で。プリンスメロンですが。

年を喰って来ますと、昔の事を半端に思いだし、あれ、何て言ったっけ、と言う事が良くあります。


名前が出て来ない訳ですね。


子供の頃、小学校の給食でも、自宅でも、良く食べていた、網目がなくて、いかにも瓜、と言う感じの小さいメロンがありました。

私は子供の頃、真桑瓜を食べた世代なので、アンデスメロンの、もっともっと前ですよ。

1970年代でしょう。私は60年代生まれですから。


最近は様々な美味しいメロンが安く出回っていますね。家内が一番好きな果物は、メロンだ、と言うので。
いつもながら、低空飛行の胴体着陸寸前、でもまだ浮いている状態でして、好きなものでも、と、先日、夜勤明けに、カットメロンを買いました。

アンデスかと思ったら、らいでんメロン。





雷電って、江戸時代の関取です。確か横綱です。
大鵬、柏戸みたいに、ライバルがいた筈ですが、相手の横綱は、これ又、名前が出ませんし。

で、らいでんメロンを買って、ふと、あれ?給食に出た、あのメロン、何て名前だったっけ?

と、悩む事、数日。


妙な話ですが、夜勤の日に、殿様と、果物を買いに行きまして、果物コーナーに色々メロンがあり、殿様の顔と見比べていたら、いきなり思い出しました。

メロン→殿様→何故かカタカナ変換→プリンスメロン、でしょうか?

今でもあるそうです。

こんな忘れてしまった事を、インターネットで調べては、リンク先に行ったりしていると。

ブログ書くのを忘れます。
説明によれば、真桑瓜と、マスクメロン系統の掛け合わせを、サカタの種社がして、開発したもので、1962年に発売したものだそうです。

なんで、プリンスメロンか、と言うと。
現在の。今上(文字が違うかも。今、在位中の天皇陛下をこうお呼びします)天皇陛下が、まだ皇太子殿下、明仁様であられた時に。
丁度、その少し前に、ご成婚がありました。1959年だったかな?

それにあやかりまして、プリンスメロンだそうです。


現在のプリンスメロンは、病気への耐性をつけたもので、プリンスメロンPFと言うそうです。


ドンドン話が脱線しますが。

家内は私より、かなり年上なので。給食で、進駐軍提供の、脱脂粉乳を飲んだクチです。

私は、牛乳になってから!
こういうのを、50歩100歩と言いますね。



最近、ちょっと迷惑な感染症が、ホームの利用者の通所先でお1人発症されて、1人でバタバタしてました。

この話は、又、時間を見つけて書きたいと思います。

今日は、覚えている方がぁりか判りませんが、私は病気のデパートですから。
ある内分泌系統に、やや正常より働きが悪いところがありまして、足りない分は、専門外来で対応して貰っています。

使っている薬が、ドイツ製品で、国内無認可。心臓がダメですから、それしか使えないんです。

そのデータがおかしくなりました。症状もあります。その為に、遠くの専門外来迄、相談にきたのです。

染色体は正常ですが、余り知られていない、妙な体質みたいなのがあって、ちょっと困ります。

専門外来では、初めてそういう不具合を聞いた、とか主治医が言いますし。

たまに、これで良く、介護屋やってるな、と思う事もありますね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック