bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



障害者雇用
障害者雇用枠、と言うのがあります。少し大きな企業なら、枠を設定して、法定以上を満たすと、助成金も出ますし、社会へのアッピールにもなりますね。


今日は公休ですが、中途半端な時間から、会議があります。

なので、先に内科に行きました。検査の結果を聞く為です。

帰り道に、ファミリーレストランで、ブランチを食べました。

食器を下げるブースに、食器を下げにきた、若い男性がおいででして。

完全に判るとは言いませんが、我々介護屋は、私なら知的障害がおありの方々、になりますけど、何となく判ります。

精神障害者の方々も、何となく判ります。区別も勿論付きます。

その方、バックヤードの、お皿等を洗浄する仕事の様に見えましたが、ごく普通に仕事をされていました。
知的に障害がおありの方々、どうも年齢が判りにくいのですが、まあ、せいぜい30歳になるかどうか、の方でしょう。

ひょっとしたら20歳代かも知れません。

見ただけで、障害の程度が判る訳ではありませんが、一番軽い、とも思えませんでした。

最重度の方は、就労は難しいかも知れません。一度の方です。

二度が重度、三度が中度、四度が軽度です。

軽度の方の方が、就職難しい場合もあります。
ある程度、ご自分で考えて、意見をお持ちになっています。

大変良い事ですが、肝心な事が理解出来なかったり、融通が効かなかったりする方もありますので。

障害者雇用枠で入っても、ご本人が納得出来ない事が多発して、ストレスでやられてしまう事等があります。

中度、重度の方で、決められた作業を覚えて、判らなかったら、質問出来る方で、単純作業で、満足と収入を得る事が出来る方も、事実、おいでになります。

その若い男性の方は、重度よりの、中度の方かなあ?等と、一瞬見ただけですが、想像しました。

障害者雇用枠か、一般就労で、パートタイムか、フルタイムかは、分かりませんがね。

達成感を持てる方なのか、丁寧に作業され、嬉しそうに、バックヤードに戻って行かれました。

ホームの利用者の方でも、せめて作業所なら、いけるだろう、と言う方、おいでですが。

様々な過程を踏まないと出来ませんし、親御さんの心配やら、ご本人の負担やら考えると。

なかなか難しい現実もあります。

真面目に就労している障害者も、私を含め、ある程度おいでになります。

意外にあちこちにおいでですよ。

障害者全員が、つぶらな瞳で、純粋な精神で、良い事しかしない訳ではありませんので。

当然、非常識な行動が、本人さんのわがままの為に、許容範囲を越えている、等のケースでは、支援者交えた上で話し合い、改善が見られない場合は、職を失う場合もありますね。

障害があるけれど、最低限、このくらいの常識とマナーが無いと、と言うのは、一般の方と変わりません。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック