bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



食べ納めかな
公休で、深夜に寝て、午前中は、そのまま又眠り、14時過ぎくらいから、医者巡りをして。

先程から、ファミリーレストランで、朝食を食べています。

血液採るかな、と思ったし、深夜〜早朝にかけて、覚めてしまうと、丑三つ時に、何か食べてる事も、しばしばです。

流石に空腹なので、夏メニューかな、と思えるのを、食べ納めに来ました。


まだまだ定番で続きそうな感じでした。9月1日〜秋のメニューになるんです。




我が家は、一般のご家庭とは、様子が全く違います。
家内は悪化に悪化を重ねて、鬱病→躁極性障害Ⅱ型になり、その状態は、精神障害の域、と言う、自宅療養中の=労働禁止、と。

心臓機能障害で、一生、人工パーツと、通院と、服薬。20年したら、確実に、パーツ交換の再手術が待っているのが、私。

の夫婦二人ですから、我が家の常識は、世間の非常識だったりします。

一番は食事だと思います。介護屋は、結構神経も、体力も使う方だと思います。夜勤メインにしないと、生活出来ませんし、国内時差ぼけにもなります。睡眠も不規則になりますし、ストレス管理も必要です。

仕事で利用者の介護をして、自宅で家事と、家内の介護をしたら、倒れてしまいます。

事実、それをやって、1年弱で、先天性の心臓病が激しく悪化して、かなり慌てての手術になりましたから。

朝は何時に起きて、みんなで朝食を食べて、通学や通勤。

昼は各々、小遣いで外食するか、弁当を持参するか。
夕食は、大抵は、妻が作り、時間はまちまちでも、みなさんが、それを食べる。

こんな感じでしょう。

家内は出来ません。無理です。
私も敢えてやりません。家事も。

財布は別々で、干渉しません。

食事は、お互いに、適当です。私なんぞは、ほぼ外食です。収入の半分迄はいかないかも知れませんが、そのくらい平気で使います。

お互いに、重度の障害者。家内はかなりの金額の障害年金を受給していますが、私は合併症がなく、ある程度の労働が出来るので、年金はごく少額です。

働かねば、生活出来ません。働くのが前提になってますから、それがほとんど食費に消えても良いんです。

手間は金で買うんです。
後は家内のヘルパーさんにして頂きます。

私は労働者なので、ヘルパーさんはダメ。

だったら、食費に消えても構わないと思っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック