bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



小さな支援
本日から、木曜日迄、公休です。

休みはあちこちの医者に行き、残った時間で、家事、それでも残れば、休養ですね。

休まりません。

さておき。

新しい整形外科のリハビリに、先週から行き始めました。先週は判断で、実質的な治療は、本日から。

電車の乗り換えで行かないと、歩いて行けない場所なので、自宅前から、電車に。

ホームで、見た事のあるTシャツを着ている方がありました。私のと同じです。
東日本大震災の、復興支援Tシャツなんです。

私の勤務先は、障害者支援の団体ですから、被災地の障害者支援限定に使われる資金の窓口も代行しています。

Tシャツは、阪神大震災の時に、大阪のある団体さんが作り、何かあって、復興支援等と言う時は、確か、夢風基金、と言ったかと思いますが、そのTシャツを買うと、一部が支援に回る、と言う代物です。

柄が幾つかあるのですが、いかにもーなデザインの物もあり、私が持っているのが、比較的良く出ます。

好みでしょうが、イベントのスタッフTシャツみたいなんですね。

で、全く同じデザイン、色のTシャツを着ている方がおいででした。

私の勤務先の関係者、利用者の方のご家族かな?と、見たのですが、心当たりがありません。

初老の男性でした。


と言う事は、何かで知った方が、お求め下さり、その方が着ている、と言う事かも知れません。

市内で、このTシャツを扱っているのは、当団体だけの様子です。

サイズ問わず、一着2000円(税込)。全額ではないですが、実費、経費を除いた金額が夢風基金に行くそうです。

東日本大震災、もしくは、阪神大震災、ガッツくんTシャツ、夢風基金、等のキーワードで、インターネットなら出るかも、と思います。

うちは、利用者100人に満たない、小さな小さな団体です。190着今までに販売しました。

被災地障害者支援に行く募金も、継続的にやっています。

現地ボランティアも、自治体で恒常的に募集していますが。

重度身体障害者は、足手まといですから、私は行けません。


全国民が一円ずつ寄付すると、1億3千万円。
十円で、13億円。百円だと130億円ですね。

加えて、労働力が必要です。


阪神大震災で、国が味をしめたのは。

大災害が来たら、ボランティアと称して、国民をタダ働きさせれば、経費が浮く、と言う事で。

それが基本である現在は、困るのですが。

だからと言って、今、どうにもならない方々を放置は出来ないですよね。


今日は、総理大臣選挙で、わーわーやってますが。


小さな支援はお互い様でしょう。


何か出来る事を少しだけ。
それが求められているのかな、と、ちょっと思いました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック